ジップラインやウォーターバルーンも! 伊豆ぐらんぱる公園で夏を遊び倒そう

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ジップラインやウォーターバルーンも! 伊豆ぐらんぱる公園で夏を遊び倒そう

ジップラインやウォーターバルーンも! 伊豆ぐらんぱる公園で夏を遊び倒そう

更新日:2016/07/28 17:17

濱中 知穂のプロフィール写真 濱中 知穂 トラベルライター

東京ドーム5個分の広さを誇る「伊豆ぐらんぱる公園」は、自然を取り込んだ遊具やアトラクションが沢山あります。子供も大人も楽しめるスリル満点のアトラクション「ジップライン」、水の上を転げ回る「ビックウォーターバルーン」など。2〜3歳のお子様向けのアトラクションもあるのでママも一緒に楽しめます。シニア世代にはパークゴルフを、わんちゃんにはドックランも。家族みんなで楽しめる伊豆ぐらんぱる公園を紹介します!

ビックウォーターバルーン

ビックウォーターバルーン

写真:濱中 知穂

地図を見る

「ビックウォーターバルーン」、大人も子供も要注意です。楽しすぎて笑転げてしまいます。プール脇で大きなバルーンの中に入り空気を注入してもらいます。膨らんだら、さあ、水中を歩きまわりましょう!水の上でガチャガチャになった気分。上下左右に振り回されてなんとも不思議な感覚。

4人乗り(小人含む)2,000円。大人3人まで入れます。3歳以上も大人同伴で遊べますよ。こちらのウォーターバルーンは他にも1人乗りや2人乗り、また形が異なるロール型のウォーターロールもあります。

ジップライン〜風 KAZE〜

ジップライン〜風 KAZE〜

写真:濱中 知穂

地図を見る

園内をあるいていると、とっても気になります!やらないわけにはいきません! 「ジップライン〜風 KAZE〜」は、空中に張られたワイヤーロープ滑車を使って、地上9mから往復400mを滑り降りるアトラクションです。滑走の速さは時速25km〜35km。スタート地点から中継地点へ、そして中継地点からスタート地点下のゴールへと戻る往復コースでスリル満点です。

受付のお兄さんが、安全ベルトやヘルメット着用してくれますので大丈夫。事前に安全説明もありますよ。みなさん『ギャー』っと言いながらも、帰りはスカッとした笑顔で子供から大人まで楽しめるアトラクションです。 身長120p以上、体重30kg〜110kg、1人1200円です。

見晴らしスライダー

見晴らしスライダー

写真:濱中 知穂

地図を見る

「見晴らしスライダー」は、スタート地点にあるビート板のような敷物に座って滑る、長さ110メートルのローラー滑り台。敷物に座って滑るので、お尻も暑くなりませんよ!子供を前に座らせて滑ることも可能なので、小さいお子さんも楽しめます。ローラー滑り台ですので、スピードが出すぎることもなくコントロールも可能なので安心。

滑り台なんて久しぶり!という大人にも、もってこいの遊具。無料なので気がすむまで何度も何度も楽しめます

おもしろ自転車

おもしろ自転車

写真:濱中 知穂

地図を見る

ただの自転車ではありません!名前の通り面白い、10種類以上の面白自転車が大集合!一人乗り、二人乗りは勿論、4人乗り、さらには6人乗りの自転車も。サークル状になった自転車や、大人と子供が一緒にのれるパンダ自転車もあります。プッシュ式の自転車もあるので頑張って!約15分間で小学生以上400円、3歳〜未就学児200円です。

フォトジェニックな場所なので写真撮影にもってこいです。

トランポリン

トランポリン

写真:濱中 知穂

地図を見る

跳ねましょう!こちらは子供は勿論たのしめますが、大人は更に楽しめます。こんなにも日常でジャンプすることがあったでしょうか!というくらい、大人も子供も一緒になって楽しめます。

こちらでぜひ写真撮影を!ビックスマイルと空中浮遊の非日常な一枚がきっと撮れますよ!

おわりに

いかがでしょうか!上にご紹介したアトラクション以外にも立体迷路やアスレチック、バキーなど、『伊豆ぐらんぱる公園』だからこそできる自然の中で遊べるアトラクションが盛りだくさん。勿論キッズコースターやゴーカートなど、遊園地ならではのアトラクションも満喫できます。
この夏の1日を『伊豆ぐらんぱる公園』で遊び倒してみてはいかがでしょうか?!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -