“旅の始まり”東京日本橋、5県のアンテナショップで日本縦断気分

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

“旅の始まり”東京日本橋、5県のアンテナショップで日本縦断気分

“旅の始まり”東京日本橋、5県のアンテナショップで日本縦断気分

更新日:2017/01/16 19:14

織笠 なゆきのプロフィール写真 織笠 なゆき トラベルライター、御朱印収集家、狛犬愛好家

「東海道五十三次」に描かれているように、古くは五街道の起点であった東京の「日本橋」。江戸から旅立つ人々は、ここに一度立ち寄ってから街道歩きを始めたと言われています。そんな「日本橋」の地には現在、富山県・奈良県・島根県・三重県・福島県、5つの県のアンテナショップが大集結!各県の魅力を新発見・再発見したら、きっと実際に訪れたくなることでしょう。江戸の人々に倣って、新たな旅を日本橋から始めてみませんか。

富山県「日本橋とやま館」

富山県「日本橋とやま館」

写真:織笠 なゆき

地図を見る

地下鉄「日本橋」駅からも近く、5つのアンテナショップの中で一番日本橋寄りにあるのが、富山県の「日本橋とやま館」です。和食レストランやバーラウンジが併設されており、富山ならではの料理や地酒を買い物の前後に味わうことができます。

立山杉などの富山県産材をふんだんに用いた店内は、伝統工芸品である井波彫刻の欄間や城端の絹のしつらえで、上質な雰囲気に。おすすめは贈答用に最適な「幸のこわけ」シリーズ。統一されたデザインの小さなパッケージは、相手の好みを考慮して詰め合わせを作ることができ、富山の「幸せはみんなにおすそ分けしたい」という心が生きています。伝統技術を用いたセンスのいい雑貨の数々も見逃せません!

奈良県「奈良まほろば館」

奈良県「奈良まほろば館」

写真:織笠 なゆき

地図を見る

「奈良まほろば館」の“まほろば”とは、“素晴らしい場所”を意味する古語です。「大和は国のまほろば」で始まる倭建命(ヤマトタケルノミコト)の歌が有名ですね。古代から紡がれてきた歴史と文化、美しい自然…。奈良県のアンテナショップでは、展示やイベント、文化教室などを通じて、奈良の豊富な魅力に触れることができます。

お店に入ってまず気づくのは、上品なお香の香り。さりげなくおもてなしされているような、嬉しい気分になれます。他にも社寺に関連する商品や和小物が充実しており、生活に“和”をうまく取り入れることができそうです。柿の葉寿司や奈良漬なども、押さえておきたい定番お土産。種類が豊富な大和野菜も必見です!

島根県「にほんばし島根館」

島根県「にほんばし島根館」

写真:織笠 なゆき

地図を見る

地下鉄「三越前」駅A4出口のそばには、島根Super大使に任命されているアニメキャラクター「吉田くん」と、島根県観光キャラクター「しまねっこ」のパネルが出迎えてくれる「にほんばし島根館」があります。

店内に並ぶのは、多彩なお菓子や水産加工品、出雲そば…などなど。お茶や日本酒も種類が豊富です。島根和牛カレーやさざえカレーなどのカレーのラインナップも充実しており、食べ比べるのもおもしろそうですね。“西の横綱”仁多米など、評価の高い島根米もお試しサイズで売られていますので、頑張って買って帰りたいところ(発送も可能)。店頭では島根の有名なお店が期間限定出張販売をしていますので、公式サイトでチェックしてから出かけましょう!

三重県「三重テラス」

三重県「三重テラス」

写真:織笠 なゆき

地図を見る

伊勢志摩サミットの開催で話題の「三重テラス」は、地下鉄三越前駅、JR新日本橋駅から地下直結の「YUITO ANNEX」1・2階にあり、アクセス抜群。シックで落ち着いた雰囲気のショップには、伊勢うどんや松阪牛のローストビーフ、あおさ、伊勢茶などの食品。そして土鍋や急須のように、日々の暮らしに潤いを与えてくれる実用的かつ美しい工芸品など、三重の魅力が詰まった約1200点の品ぞろえがあります。

レストランでは、三重の旬の食材をイタリアンスタイルで味わえます。2階の広々としたイベントスペースでは、歴史・文化・食を学べるセミナー、ワークショップ、海女や忍者のイベントなど、三重を予感・体感できるプログラムが目白押しです!

福島県「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」

福島県「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」

写真:織笠 なゆき

地図を見る

ラストを飾るのは、JR「新日本橋」駅のそばにある福島県のアンテナショップ「MIDETTE(ミデッテ)」。店名は「見ていってね」という想いを福島弁にしたものなんだとか。おしゃれですね!

特に気になるのは、かわいらしい民芸品。赤べこや三春駒、腰高とら、起上がり小法師など、部屋に飾りたくなるキュートさです。美しい会津絵ろうそくもおすすめ。季節の花の柄を選んで、贈り物にするのはいかがでしょう。「ままどおる」や「ゆべし」など、人気のお菓子も並んでいます。

店内では、福島の有名飲食店の味を味わえたり、週替わりで日本酒の飲み比べを楽しめたりもします。思わず福島県に行きたくなっちゃっても大丈夫!このショップが面する国道4号線を北上すれば、そのままたどり着けちゃうんです。思い立ったが吉日…かも?

富山県・奈良県・島根県・三重県・福島県、アンテナショップをフル活用!

一軒ずつでもかなり魅力的なアンテナショップですが、近くに揃っているため「お茶はこの県、お味噌はあの県のが自分好み。あの県のお酒にあうおつまみはどの県のショップにあるかな?」…なんて楽しみ方も。期間限定の催しもありますし、一度で見きれない分は、通って満喫したいところです。5県のご出身の方は、懐かしさに感動してしまうのではないでしょうか。ふるさとの味は思った以上のエネルギーをくれるかもしれないですね。

各ショップとも特産品のPRや販売だけでなく、文化や伝統の紹介、観光情報の提供なども行っています。旅する予定のある方はその予習や相談に。特に予定のない方も、お時間があれば展示やイベントをのぞいてみてください。各県の新たな魅力を知ったら、ぜひ次の旅の候補地に。江戸時代には五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の起点となっていた場所、日本橋。ここから始まる旅は、きっといつも以上にワクワクしたものになることでしょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -