清々しい空!清涼な水!爽やかな緑!ダリ作品&散策にぴったりな裏磐梯「諸橋記念美術館」

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

清々しい空!清涼な水!爽やかな緑!ダリ作品&散策にぴったりな裏磐梯「諸橋記念美術館」

清々しい空!清涼な水!爽やかな緑!ダリ作品&散策にぴったりな裏磐梯「諸橋記念美術館」

更新日:2016/08/15 15:58

加藤 雅のプロフィール写真 加藤 雅 「上質なお宿」トラベラー、グルメトラベラー

自然豊かな裏磐梯に中世の居城が出現?そう不思議に思われている建物が「諸橋記念美術館」。
磐梯山や湖沼群に溶け込み、館内に入らず敷地内の散策だけでも十分楽しめる素敵な美術館で、実はスペインが生んだ20世紀を代表する最も多才な画家ダリの作品を収蔵する「ダリ美術館」。
彫刻と絵画作品スペースは触れるほど間近で見られるとあって、子どもは興味津々、大人も大満足。家族揃って楽しめる美術館なのです。

自然に溶け込む「諸橋記念美術館」 建物だけでも一見の価値

自然に溶け込む「諸橋記念美術館」 建物だけでも一見の価値

写真:加藤 雅

地図を見る

福島県の裏磐梯の美しい景観のなか、中世の西洋建築を思わせる佇まい。壮大な磐梯山の噴火口や四季折々美しい自然を織りなす庭園の中央に「諸橋記念美術館」。スペインが輩出した20世紀の芸術家サルバドールダリのアジア最大規模の常設美術館で、別名ダリ美術館と言われています。
37点と充実した彫刻コレクションと生涯の名作「テトゥアンの大会戦」の絵画を始めとして数多くの作品を収蔵。またセザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソなど印象派以降に活躍した20世紀の巨匠たちの作品も鑑賞できます。

「清々しい空」「清涼な水」「爽やかな緑」を配した5.5万平方メートルの広々とした敷地。国立公園の五色沼のすぐ近くにある建物は豊かな自然に溶け込んで、その佇まいも特筆もの。是非周囲を散策してから入館していただきたい素敵美術館てす。

館内は玄晶石を用いて自然の風合がとなっており、外光を多く取り入れた天井高9メートルの展示ホールが縦に約100メートル。ダリの彫刻展示に相応しい開放的な空間が広がります。

圧倒されるダリ作品の数々

圧倒されるダリ作品の数々

写真:加藤 雅

地図を見る

諸橋記念美術館一番の特徴は豊富なダリコレクション。館内に入ると、まず「柔らかく描かれた時計」をモチーフにした彫刻が目に留まります。絵画で有名な作品ですが、立体的で流れるような彫刻は今にも溶けそうなほど。その他にも数多くの彫刻が林立するようにメインホールに配置。触れられるほど間近で鑑賞できるので、その質感や重厚感に圧倒されます。

絵画展示室の最奥には「テトゥアンの戦い」。縦3メートル横4メートルの絵画は1860年に起こったスペイン軍のモロッコ進駐を主題とし、夢と心の奥に潜む欲望を暴き出すダリ生涯の大作。
その他に彼の作品だけでも350点、シュルレアリスム(超現実主義)である作品は大人も子どもも魅了して十分楽しめます。

カフェやショップも充実の「諸橋記念美術館」

カフェやショップも充実の「諸橋記念美術館」

写真:加藤 雅

地図を見る

ダリを始めルノワール、マチス、ピカソ、シャガール等19〜20世紀の巨匠20数名の作品を堪能した後に、是非寄っていただきたいのがミュージアムカフェ。お勧めはトラジャコーヒーとチョコレートケーキ。ミルクポットやシュガーポットは勿論、カップ&ソーサーにもダリ彫刻があしらわれ、まさにダリを目でも舌でも満喫。
館内から壮大な磐梯山を望むことができ、自然豊かなロケーションで寛ぎながら美術館をより一層楽しむことができます。

また他では手に入らないユニークなオリジナルグッズを取り揃えたミュージアムショップも併設。葉書やクリアシート、しおりなどダリをあしらった手軽な商品も豊富。鑑賞してお気に入りを見つけたら、その作品を“持ち帰る”ことも出来るのです。

五色沼から僅か5分の「諸橋記念美術館」

裏磐梯にある「諸橋記念美術館」周辺は観光の宝庫。
徒歩5分の五色沼は毘沙門沼を始めとした七色の沼を巡る素敵な散策コース。また小野川湖や檜原湖などではボート遊びや釣りなど水遊びも盛ん。美術館で心を満たしたら、体を満たしてくれるような絶好スポットも満載なのです。
とても1日では回りきれないので、宿泊は美術館から徒歩2分の素敵ホテル「【たびねす】プライベート沼付きの極上リゾート!裏磐梯高原 ホテリアアルト」が最適。裏磐梯で「心のビタミン満タン旅行」をするのが良いでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ