成田空港から2時間半で行ける!極東ロシア「ウラジオストク名物グルメ5選」

| ロシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

成田空港から2時間半で行ける!極東ロシア「ウラジオストク名物グルメ5選」

成田空港から2時間半で行ける!極東ロシア「ウラジオストク名物グルメ5選」

更新日:2016/07/28 09:26

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター

成田空港からわずか2時間半のフライトで行ける極東ロシアの港町、ウラジオストク。新鮮な海の幸を始めとする豊富な食材があり、伝統的なロシア料理からB級グルメ、東アジア色の強い料理まで、多種多様な食文化が楽しめます。モスクワやサンクトぺテルブルクに比べて外国人観光客が少ないためか、物価も手ごろ。食べ歩きにぴったりの街と言えるでしょう。そんなウラジオストクで食べるべき名物グルメ5選をご紹介します。

- PR -

何はなくともまずはボルシチ!

何はなくともまずはボルシチ!

写真:羽田 さえ

地図を見る

ボルシチを食べずして、ロシア料理を語ることはできません。日本国内で供されるボルシチはトマトスープになっていることも多いのですが、本場のものはちょっと違います。

深みのある赤色はビーツ(砂糖大根)によるもの。砂糖大根と言っても特別に甘ったるい訳ではないのでご安心を。カブのようなやさしい甘みと、じっくり煮込んだ肉や野菜の旨味が口の中に広がります。サワークリームをたっぷりのせていただきましょう。

インパクト部門第1位!イクラのブリヌイ

インパクト部門第1位!イクラのブリヌイ

写真:羽田 さえ

地図を見る

ブリヌイはロシア風のクレープのこと。ザワークラウトをのせて前菜に、ジャムやバターでデザートに、と様々な形で食されています。

とりわけ極東ロシアらしさ満点なのが、イクラのブリヌイ。薄くまかれた生地の間には、色鮮やかなイクラがぎっしり!見た目のインパクトに反して、イクラとクレープは意外なほど相性の良い組み合わせ。クセになりそうな新しい食感です。「イクラ」はもともと魚卵という意味のロシア語だという事実を、思い出させてくれる一品です。

水餃子?いいえペリメニというロシア料理です

水餃子?いいえペリメニというロシア料理です

写真:羽田 さえ

地図を見る

とにかく国土の広いロシアでは、食文化も実に多彩。極東エリアは中国の東北地方やモンゴル、朝鮮半島などの影響を受けたアジア風の料理も数多くあります。

代表的なもののひとつがペリメニ。見た目は完全に中国の水餃子のようですが、バターの風味が豊かに香る、れっきとしたロシア料理。フォークとナイフでいただきます。中身は肉と野菜が定番ですが、港町ウラジオストクらしく、新鮮な魚介を使ったものも見られます。

北欧のファストフードもロシア風!黒パンのハンバーガー

北欧のファストフードもロシア風!黒パンのハンバーガー

写真:羽田 さえ

地図を見る

ウラジオストクの街には、マクドナルドがありません。その代わりに市民権を得ているファストフードは、北欧フィンランド発祥の「HESBURGER(ヘスバーガー)」です。

ロシアならではのメニューとしてぜひ食べたいのは、黒パンのハンバーガー。ほんのり酸味のある黒パンに、オニオンリングやトマト、ジューシーなハンバーグ。ボリュームも満点で、手軽なランチにぴったり。カウンターでの指さし注文ができるため、言葉の心配も不要です。

やっぱり食べたいピロシキ

やっぱり食べたいピロシキ

写真:羽田 さえ

地図を見る

ボルシチと並ぶ有名なロシア料理と言えばピロシキ。スーパーやコンビニを始め、色々なところで売っていますが、古い油を使ったピロシキは風味も落ちておいしくないのだとか。

とは言え美味しいピロシキを見極めるのは、観光客にはなかなか難しいもの。そんな時には、中央広場の市場で行列ができているお店で買ってみましょう。地元住民に人気のピロシキは美味しい可能性が高く、また商品の回転が速いので出来たてを購入できる確率もあがります。

おわりに

極東ロシア、ウラジオストクで食べたい名物グルメ5選、いかがでしたか。定番のロシア料理からあまりなじみのないものまで、異国情緒たっぷりのグルメがそろっています。
まだまだ日本ではマイナーなこの港町へ、ちょっとした食べ歩き旅行に出かけてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/09−2016/06/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ