博多駅うまかエキナカグルメ5選。食べてみらんね!福岡県民もめっちゃ好いとうばい!

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

博多駅うまかエキナカグルメ5選。食べてみらんね!福岡県民もめっちゃ好いとうばい!

博多駅うまかエキナカグルメ5選。食べてみらんね!福岡県民もめっちゃ好いとうばい!

更新日:2016/08/01 16:08

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

JR博多駅は、九州の玄関口であり、ビジネス・ショッピングの中心地。観光客はもちろん、多くの福岡県民も通勤や買い物に通う場所。2015年みやげもの街「マイング」がリニューアル、2016年春には「KITTE博多ビル」がオープン。博多駅とともに進化を続け、福岡県民の胃袋をぐっとつかんで離さない「うまかもん」がいっぱいです。博多駅で食べられる、福岡県民もめっちゃ好いとう、エキナカグルメをご紹介しましょう。

ミシュランガイド掲載店!「大砲ラーメン・KITTE博多店」

ミシュランガイド掲載店!「大砲ラーメン・KITTE博多店」

写真:花村 桂子

地図を見る

福岡といえば、とんこつラーメン。久留米を代表する「大砲(たいほう)ラーメン・KITTE博多店」が、KITTE博多9階に、オープンしました。「ミシュランガイド2014福岡・佐賀」では本店と長門石店が2店同時にビブグルマン賞を獲得するなど、その美味しさは世界レベル。

久留米ラーメンと言えば、白濁した濃厚なスープが美味しい!大砲ラーメンの美味しさの秘密は「呼び戻しスープ」。創業当時から伝わるスープ釜に、毎日新しいスープを継ぎ足していくことで、深いコクとうまみを出しているのです。まろやかな基本の「ラーメン」、カリカリした豚脂(とんし)の揚げ玉入りこってり「昔ラーメン」どちらもオススメ。ぱりっとアチチな「一口ぎょうざ」と一緒に召し上がれ。お水の代わりに供される、冷たい八女茶が口の中をさっぱりさせてくれますよ。

博多なのに「どさんこ」ラーメン!博多めん街道「博多川端どさんこ」

博多なのに「どさんこ」ラーメン!博多めん街道「博多川端どさんこ」

写真:花村 桂子

地図を見る

博多デイトス2F「博多めん街道」に2016年6月3日ニューオープンしたのが、「博多川端どさんこ(ラーメン)」。本店は、中洲川端で昭和45年に創業した超人気店。

その名の通り、「みそ・しょうゆ・塩バター」のどさんこ・北海道ラーメンは、とんこつラーメンの聖地・博多において、40年以上も博多っ子たちに愛されてきた名店です。

ちょっと甘めのみそスープは、太いちぢれ麺と相性抜群。どーん!と乗っかった厚切りチャーシューは柔らかくって、食べ応え十分。炒め野菜もたっぷり入ってウマウマなのです。

博多女子がめっちゃ好いとう!ロイヤル・スイートポテトは「アペティートカフェ」で

博多女子がめっちゃ好いとう!ロイヤル・スイートポテトは「アペティートカフェ」で

写真:花村 桂子

地図を見る

博多女子がめっちゃ好(す)いとう「ロイヤルのスイートポテト」は、しっとりなめらか。1950年代の発売から、ずっと博多で愛され続けてきたスイーツです。

「アペティート・カフェ」は、ベーカリーショップ「アペティート」のイートインカフェ。自慢のハンドドリップコーヒーや、冷たいハーブティーと一緒に召し上がれ。もちもちチーズベーグルや、あんこたっぷり博多あんぱんも人気です。26年ぶりに全面リニューアルした博多駅1Fみやげもの街「マイング・スイーツ通り」にあり、女子ひとりで気軽に入れるパリのカフェみたいなおしゃれ空間も魅力的。

ふっくらかわいい「博多ひなのやき」新しい博多みやげ

ふっくらかわいい「博多ひなのやき」新しい博多みやげ

写真:花村 桂子

地図を見る

「博多ひなのやき」は、「ひよ子」のひよ子本舗吉野堂がプロデュースする、新しい博多のお菓子。ひよ子姿のふっくらかわいいひなのやきは、博多女子にも大人気。「こんなかわいかと、食べきらん!」と言いながら、みんな、頭からかぶりついちゃってますよ。

赤あん、白あん、カスタードの3種類のほかに、八女茶など、季節の味が加わることも。しっとりもっちり生地と、あんこが絶妙のハーモニー。冷めてもおいしい「博多ひなのやき」は、おみやげにもおすすめです。2015年12月にオープンした博多駅「マイング・和菓子工房」で、焼きたてをどうぞ。

ビールと合う!「努努鳥(ゆめゆめどり)」冷やして食べる新感覚から揚げ

ビールと合う!「努努鳥(ゆめゆめどり)」冷やして食べる新感覚から揚げ

写真:花村 桂子

地図を見る

「博多・努努鳥(ゆめゆめどり)」の「手羽中・骨付」は、冷やして食べる新感覚から揚げ。「決して温めないでください」という注意書き通り、冷凍庫から出してスグ食べられます。衣も肉もバリバリうまい。はじめ甘口だんだんピリ辛で、ビールとよく合う!あんまり冷たいのはちょっと…という方は、5分ほど自然解凍してどうぞ。

博多駅「マイング・うまか通り」の、「博多・努努鳥(ゆめゆめどり)」店舗には、おとなが両手で抱えるほどに大きい努努鳥のサンプルがずらりと並んでいます。これらは、なんとティラノサウルスの前足(手羽中?)の実物大だとか。写真撮影も自由にOK!巨大手羽中を抱えた写真を、SNSに投稿したら、お友だちはビックリするかも?遊び心あふれるオブジェを、どうぞお見逃しなく。

博多駅には福岡の「うまかもん」がいっぱい!

九州の玄関口・JR博多駅は、福岡空港まで地下鉄でほんの5分。出張や旅行の行き帰りに気軽に寄れる、アクセスのよさも自慢です。

博多駅とともに進化を続けてきた福岡の「うまかもん」は、自信を持って、みなさまにお勧めできるものばかり。大砲ラーメン、どさんこラーメン、ロイヤルのスイートポテト、ひよ子のひなのやき、努努鳥(ゆめゆめどり)の冷たい手羽中。どれも、福岡で愛されてきた人気の味。福岡県民が「めっちゃ好(す)いとう!」エキナカグルメを、食べに来んね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ