オランダの原型はここから!?貿易で栄えた街「ドルトレヒト」

| オランダ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

オランダの原型はここから!?貿易で栄えた街「ドルトレヒト」

オランダの原型はここから!?貿易で栄えた街「ドルトレヒト」

更新日:2016/07/26 16:42

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

オランダ第2の都市ロッテルダムから南東へ30q。中世の面影が残る美しい街「ドルトレヒト(Dordrecht)」をご存知でしょうか。1220年には都市として認められ、ホーランドエリアでは同じエリア内のアムステルダム、ロッテルダム、ハーグなどの主要都市を抜いて最古の歴史を誇ります。長い歴史を辿れば現在のオランダ王国にまつわるエピソードも。まだまだ観光地化されていない魅力溢れる場所をご紹介します。

独立の流れは、ここから

独立の流れは、ここから

写真:浅井 みらの

地図を見る

人口11万人が暮らす小さな街が、なぜオランダの原型と関係があるのでしょうか。時代は1572年、スペインがこの土地を支配していた頃に遡ります。スペイン勢力に対抗するため近郊都市の代表者がドルトレヒトに集結し、オランダ独立国家の指導者としてウィレム1世を承認しました。その後、ウィレム1世中心にオランダ独立戦争(1568-1648)が発展。最終的に現オランダ王国の原型といわれるネーデルラント連邦共和国が誕生します。

独立後は、周りに囲まれた河川を利用し、ワインや木材、穀物などの貿易で大きく発展してきました。そのため立派な建物が中世時代から建設され、今でも数多くの建物を見学することができます。また立派なヨットハーバーもあり、美しい建物とのツーショットも楽しめるということで新たな街の魅力として紹介されているんですよ。

今も昔も街を見守る玄関口

今も昔も街を見守る玄関口

写真:浅井 みらの

地図を見る

河岸に建てられた「クロー トォーフス ポート(Groothoofdspoort)」は、ひと際目を引く美しい建物です。メルヴェド川、旧マース川、そしてノルド川が合流する目の前に、ドルトレヒトの玄関口として建てられました。船で訪れる人々を迎え入れるには最適な場所ですよね。今ではレストランとして利用することもできるんですよ。

14世紀に建物自体は建設されますが、ご注目頂きたいのが1618年に完成した正面のファサード。赤い衣服に青い布を羽織った乙女の右手にはドルトレヒトを象徴する旗が盾に彩られ、オランダ独立戦争で戦った仲間の市旗15枚も乙女の周りを守っています。その下にはラテン語で「結束と平和こそが街を守る最大の防御。神よ、我々を守りたまえ」の文字が。ファサードが作られたのがオランダ独立戦争の最中ですので、独立への強い覚悟が伺えます。

買い物にお勧めのメインストリート

買い物にお勧めのメインストリート

写真:浅井 みらの

地図を見る

街の中心部を通る「フォーストラート(voorstraat)」がドルトレヒト一番の目抜き通り。特にオープンテラスのレストランが集まる広場、シェッファースプレイン(Scheffersplein)周辺に主要なお土産屋さん、飲食店が並んでいます。アンティークショップの数も多いので、覗いてみれば掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

水路も有名

水路も有名

写真:浅井 みらの

地図を見る

レンガ造りの家屋が多く、ついそちらに目を向けてしまいますが、是非水路にもご注目ください。家の壁同士がピシッと綺麗に並び、水と生活との距離の近さが感じられます。シェッファースプレインにある飲食店「エェトカフェ バビロン(Eetcafe Babylon)」では水路とテーブルがガラス一枚で隔たれた特等席があり、食事をとりつつ周りの景色を楽しめますよ。4月から10月までの間は、ボートに乗りながら水路を巡る観光ツアーもあります。

アクセス方法

アクセス方法

写真:浅井 みらの

ドルトレヒトの行き方としてお勧めなのが、住民も利用するウォーターバス(waterbus)。観光客に人気な202番の船は、ロッテルダムから風車で有名なキルデンダイクを経由し、最後ドルトレヒトへ到着します。ロッテルダム観光局では、キルデンダイクの入場割引つきウォーターバス一日券が販売されてますので、キルデンダイクを観光した後にドルトレヒトに立ち寄ることもできますよ。

ロッテルダムとドルトレヒトを結ぶ20番の船も、30分に1本出ており便利です。さすが自転車大国オランダなだけあり、船内にも自転車置き場が設けられています。他にもドルトレヒトの南側には鉄道駅がありますので、陸から向かう方法もありますし、駐車場も街中に数か所あります。

まだまだ未開拓の観光地

多くの歴史的価値ある建物が残されているドルトレヒトは、散策が楽しい場所です。ロッテルダムやキルデンダイクなど、日本人に馴染みのある観光地が近くにあるものの、未だにあまり注目されていない穴場。のんびりと水路を見ながら、中世の時代に思いを馳せる……そんな素敵な気分にさせてくれる美しい場所ですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ