飛田遊廓、嘆きの壁!大阪・通天閣界隈のディープスポット5選

飛田遊廓、嘆きの壁!大阪・通天閣界隈のディープスポット5選

更新日:2021/03/15 13:20

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家
“大阪のエッフェル塔”で知られる通天閣。お隣には天王寺動物園があり、大阪観光で外せない人気スポットです。でも、串カツ店が並ぶジャンジャン横丁を行けば、昭和レトロな商店街と町並みがあり、かつての新世界や阿倍野界隈の面影を残しています。江戸時代には鳶田(飛田)墓地や刑場があり、大塩平八郎が処刑された地。付近には近松門左衛門の碑や、大正時代の飛田遊廓や嘆きの壁も。大阪で最もディープな場所をご案内します。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

昭和レトロと哀感!飛田本通商店街

昭和レトロと哀感!飛田本通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

Osaka Metro(大阪メトロ)の「動物園前駅」。御堂筋線ホームの東改札口を抜け、1番出口を出ると、ジャンジャン横丁を通り、通天閣・天王寺動物園へ。

反対の2番出口を出ると、“ディープなタウン”として最近、売り出し中の商店街が見えます。ここが、「飛田本通商店街 (動物園前一番街・二番街)」。ノスタルジックな街並みに漂う、そこはかとない哀感と、レトロな美しさを感じたい方におすすめのスポットです。

昭和レトロと哀感!飛田本通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

レトロな喫茶店や居酒屋、レストランが並び、B級グルメの宝庫。雑貨・衣料品店、劇場、銭湯。スーパー玉出も店舗を構えています。

薄暗く、人通りが少なく、「治安は?危険では?」と思われる方も多いでしょう。かつて西成区の飛田地区に住んでいたので、ここが怖いという感覚がないのですが、地元の女子高生や若い女性が普通に歩いている姿も見かけます。

昭和レトロと哀感!飛田本通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

飛田本通商店街は、江戸時代に処刑場や鳶田(飛田)墓地があった太子と、「飛田新地(とびたしんち)」がある山王の境を通るアーケード商店街。飛田遊廓(とびた・ゆうかく)が開業した1916年(大正5年)ごろに自然発生的に店が増え始めたのが、商店街のはじまり。

レトロな商店街沿いには、老舗の大衆演劇場もあるので巡ってみましょう。旅まわりの役者さんにも会えますよ。新世界や阿倍野界隈はすっかり観光地になりましたが、今でも昔とほとんど変わりません。

<飛田本通商店街の基本情報>
住所:大阪府大阪市西成区太子
アクセス:Osaka Metro「動物園前駅」すぐ

心霊パワースポット!松乃木大明神

心霊パワースポット!松乃木大明神

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

飛田本通商店街の路地裏に、ひっそりたたずむ小さな神社が「松乃木大明神(まつのきだいみょうじん)」。霊木の松はすでになく、霊力は地中に。

聖域は独自のオーラが放たれ、空気の質が明らかに違います。霊感の強い方であれば、ぞっとするような怖いほどの心霊パワーが感じられ、厳かな気配に身震いすら感じるのではないでしょうか?

心霊パワースポット!松乃木大明神

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

神社内にある「猫塚」もディープ。三味線の胴の形をしていますが、これは三味線のために犠牲となった猫たちの供養塔です。

繊細で軽やかな良質の音を出すためには、薄い猫皮が必要。飛田遊廓の時代も、芸事で三味線を使うことが多く、遊芸関係者の寄付金で1901年(明治34年)に建てられました。

心霊パワースポット!松乃木大明神

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

近松門左衛門の碑も、見どころのひとつ。『曽根崎心中』の代表作で知られる、江戸時代の人形浄瑠璃(文楽)の脚本家、近松門左衛門を顕彰した記念碑です。

「松乃木大明神」も、飛田墓地や処刑場があった太子に位置し、この付近は自爆した大塩平八郎の遺体が磔(はりつけ)にされた場所。すぐ近くには、太子という地名の由来になり、飛田墓地内にあった「太子地蔵尊」があったのですが、残念ながら撤去されました。

<松乃木大明神の基本情報>
住所:大阪府大阪市西成区太子2丁目3−19
アクセス:Osaka Metro「動物園前駅」から徒歩約5分

神田川の哀感!山王市場通商店街

神田川の哀感!山王市場通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「山王市場通商店街」もディープ。飛田本通商店街のスーパー玉出今池店前から、枝分かれしているアーケード商店街。こちらも古い商店街特有の温かみがあります。ゆるくS字に曲がり、理想的なカーブが美しい。

神田川の哀感!山王市場通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

道幅が狭く、昔ながらの和菓子屋や韓国居酒屋、パブ、昭和レトロな大衆食堂、居酒屋、立ち飲み屋が並んでいます。

生活感あふれる商店街には、ドヤ街、釜ヶ崎・あいりん地区に不可欠な下町銭湯があり、まるで1970年代のフォークソング『神田川』の世界にまぎれこんだよう。行燈(あんどん)のような電飾看板にも郷愁を誘われます。

神田川の哀感!山王市場通商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真は、まるで時代劇に出てくるような大衆食堂。レトロな美しさがひっそり輝いています。古き良き日本の風景と町並み。大阪の真ん中で、ディープなタイムトラベルを体験できます。

<山王市場通商店街の基本情報>
住所:大阪府大阪市西成区山王
アクセス:Osaka Metro「動物園前駅」から徒歩約4分

龍神パワーも!新開筋中央商店街

龍神パワーも!新開筋中央商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「新開筋中央商店街」は、山王市場通商店街と並行するアーケード商店街。シャッターを閉めた店舗を多く見かけますが、明りの灯る赤ちょうちんもあり、こちらも昭和フォークの『赤ちょうちん』『赤色エレジー』、さらには宮城まり子の歌『ガード下の靴みがき』の哀感が漂います。

龍神パワーも!新開筋中央商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

色あせたアーケード。レトロな照明。公衆電話。古い木造家屋。コクヨの看板も泣きたくなるくらいに昭和レトロ。

写真は、街角のタバコ屋さん。赤いちょうちんが店先にぶらさがっています。セピア色の街に、赤いポストが色鮮やかに映え、とても美しい。

龍神パワーも!新開筋中央商店街

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さきほどのタバコ屋さんの真向かいは、飛田遊廓の北門跡。白龍の優美な彫刻を見ることができます。この場所は、「北門白龍大明神(五龍神結界)」。商店街沿いにあります。

飛田地区には昔、大きな池があり、大蛇が棲んでいたことから、「天龍」「白龍」「黒龍」の3つの大明神を祀り、飛田遊廓を戦災から守ってくれたと信仰されています。

飛田遊廓付近は良質な水脈が多く、5龍神(天龍、金龍、銀龍、黒龍、白龍)の結界で守られていました。「龍神信仰や日本の伝統美をいつまでも残したい」という地元の熱い想いが、歴史から消えていた「北門白龍大明神」を復活。飛田のパワースポットも、ぜひ巡ってください。

<新開筋中央商店街の基本情報>
住所:大阪府大阪市西成区山王
アクセス:Osaka Metro「動物園前駅」から徒歩約5分

飛田新地の遊廓建築、嘆きの壁も

飛田新地の遊廓建築、嘆きの壁も

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「飛田新地」とは、大阪市西成区の山王地区にあった遊廓街「飛田遊廓(赤線)」の通称。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓街です。通天閣の新世界からほど近く、昭和初期には200軒を超える妓楼が並んでいました。

1958年の売春防止法施行後からは料亭街となり、非常に貴重な木造の遊廓建築が数多く残っています。なかでも、写真の「鯛よし百番」は現存する遊廓建築としての歴史的価値が高く、2000年に国の登録有形文化財に登録されています。

飛田新地の遊廓建築、嘆きの壁も

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

日が暮れると、ちょうちんに明かりが灯り、独自の風情が漂います。「百番」という屋号は、遊廓でも最上級の格。日光東照宮の陽明門をイメージした応接間や、安土桃山時代風の豪華絢爛な装飾が素晴らしい。幽霊が出てきそうな独自の雰囲気もたまらない。
赤ちょうちんの遊廓建築は、アニメ映画『千と千尋の神隠し』や『鬼滅の刃遊郭編』の世界観も感じられます。

風情が漂う街並みですが、「鯛よし百番」以外の遊廓建築の写真撮影は厳禁。観光地ではないので、冷やかしや遊び半分で訪れると、きびいしい目を向けられます。一般女性の立ち入りも厳禁です。

飛田新地の遊廓建築、嘆きの壁も

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

飛田遊廓の大門(おおもん)跡もすぐ近く。飛田遊廓は当時、高い壁がぐるりと取り囲んでいました。これは遊女が逃げ出さないよう、外の世界から切り離すための壁。“嘆きの壁”と呼ばれ、今も一部が残っています。

借金の肩代わりとして、身売りに出された女性。壁の外に出ることができず、死ぬまで働かされ、若くして病気で亡くなった女性も多いです。

親のために働き、家族に看取られることなく亡くなった女性も多く、彼女たちの悲しみをいつまでも忘れないよう、地域が大門を守り続けています。

<鯛よし百番の基本情報>
住所:大阪府大阪市西成区山王3丁目5−25
電話番号:06-6632-0050(要予約)
アクセス:Osaka Metro「動物園前駅」から徒歩約10分

ディープな街!孤高の旅人におすすめ

通天閣(新世界)や天王寺動物園。「あべのハルカス」がある阿倍野地区は、大阪の人気観光地。でも、すぐ近くには昭和レトロな街並みが今も残っています。観光地ではないのですが、大阪の歴史や文化をより深く感じることができるディープなスポット。

遊廓建築は、女性の人権と尊厳が損なわれた「負の遺産」とする見方もありますが、飛田新地の「鯛よし百番」は、嘆きの壁のなかで愛を求めた女性の悲しみを今に伝え、大阪にゆかりのある文人たちの聖地にもなっています。文学賞を受賞したり、小説や詩を出版したりすると、大正時代の遊廓建築の料亭で祝賀パーティが開かれるのです。

そのパーティに出席したことがありますが、「文学を志すのであれば、闇に光をあてなさい」と作家先生から教えられたことがあります。そんな闇と光を感じたい、孤高の旅人に、ご紹介したスポットはおすすめです。

なお、大阪でおすすめのディープスポットなどについてもまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに張り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

2021年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/29−2021/03/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -