本場徳島の阿波おどり!そこでしか撮れない一枚を撮りに行こう

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

本場徳島の阿波おどり!そこでしか撮れない一枚を撮りに行こう

本場徳島の阿波おどり!そこでしか撮れない一枚を撮りに行こう

更新日:2016/08/01 17:25

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

徳島の代表的な夏の風物詩である阿波おどりは、とてもフォトジェニックなお祭りだということをご存知ですか?お祭りの写真というとどれも似たようなものになると思われがちですが、阿波おどりは会場が多く、色々な角度から踊り手を撮る事ができますし、グループごとに違う踊りを披露してくれるので、阿波おどりだけでもバラエティ豊かな写真を撮ることができます。見て踊って素敵な写真も撮れる阿波おどりにぜひ行ってみましょう。

そごう前広場で青空を背景に撮ろう

そごう前広場で青空を背景に撮ろう

写真:岡本 大樹

地図を見る

阿波おどりは徳島県内の各地でお盆に催されますが、その中でも最大規模となるのは「徳島市阿波おどり」です。そして「徳島市阿波おどり」には多くの会場があり、会場によって少しずつ背景などが異なってくるので、当然撮れる写真にも影響してきます。

会場が多いので、踊り手や楽器隊を前後左右さまざまな角度から撮る事ができるのが阿波おどりのいいところですが、その中でもオススメなのは青空をバックに踊り手を撮影できる「そごう前広場」です。

この写真は阿波おどりの本番とされている18時以降ではなく、その前に徳島そごう前広場で行われるイベントで撮った一枚ですが、青空をバックに撮れるのはこのタイミングくらいしかありません。ぜひ最前列まで行って低い位置から踊り手を狙ってみて下さい。

連によって違うパフォーマンスをカッコよく撮ろう

連によって違うパフォーマンスをカッコよく撮ろう

写真:岡本 大樹

地図を見る

阿波おどりはどの連(阿波おどりのグループのこと)も基本的な動きは同じですが、途中で行われるパフォーマンスはそれぞれの連ごとに異なる独自の踊りを披露してくれます。中には凧の様に舞う動きをなどもあり、観る者を飽きさせません。

初めて阿波おどりを観る人はその種類の多さに驚くほど。そのため、それぞれの連独自の動きを上手く撮影できれば、パフォーマンスのバラエティが豊富な阿波おどりならではの写真を撮る事ができます。

日本三大盆踊りの一つでもある阿波おどり、明るく熱いお祭り感を

日本三大盆踊りの一つでもある阿波おどり、明るく熱いお祭り感を

写真:岡本 大樹

地図を見る

阿波おどりの魅力はやはりその踊り手や楽器隊ですが、盆踊りの一種でありお祭りの特徴が提灯などに強く見られます。踊り自体を撮るのももちろん良いのですが、画面に提灯の赤い色を入れた写真も、阿波おどりの雰囲気が伝わりやすいものとして抑えておくべき一枚です。

また、阿波おどりは熱いお祭りであることも忘れずに。しめやかに行われる催しではなく、派手にみんなで騒いで盛り上がるというお祭りなので会場はかなり明るいです。提灯だけではなく、踊り手たちを照らしている照明を画面に多く入れると、その明るく熱い雰囲気をそのまま写す事ができますよ。

玄人好み?阿波おどりの命、二拍子を刻む足元をアップで

玄人好み?阿波おどりの命、二拍子を刻む足元をアップで

写真:岡本 大樹

地図を見る

足元を撮るというと少し意外に感じるかもしれませんが、阿波おどりにおいて足元というのはとても重要な役割を持っています。阿波おどり全体を盛り上げている音楽の大きな特徴は二拍子であること。主に鉦(かね)という楽器によってそのリズムが作られていますが、踊り手自身も二拍子を刻みながら踊っていることが最もわかるのが足、元なのです。

阿波おどりをあまり観た事がない方は目に付きにくい部分だと思いますが、見ているだけでもその動きに引き込まれると思います。少し玄人好みの写真にはなりますが、ふっと気付いた時に撮ってみれば、他のものと少し違ったテイストの写真を撮る事ができるので、ぜひ一度お試しください。

徳島市阿波おどりの開催日程など、基本情報もチェック

徳島市阿波おどりの開催日程は近年では8月の12〜15日の4日間となっています。その間に人口30万人ほどの徳島市に、延べ135万人を超える来場者がいるという県内最大の行事となっているため、事前の予約が必要な席も多くあります。しかし、当日でも撮影に適した場所を確保する事は可能なので、お盆にはカメラを持って徳島へ行ってみてはいかがでしょうか。

また阿波おどりの主な見どころや、阿波おどりを一年中楽しむ事ができる「阿波おどり会館」の事を書いた記事も下のMEMO欄にリンクがありますので、よければ併せて読んでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/12−2015/08/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ