平和記念公園まで徒歩2分!広島観光なら「ホテルサンルート広島」

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

平和記念公園まで徒歩2分!広島観光なら「ホテルサンルート広島」

平和記念公園まで徒歩2分!広島観光なら「ホテルサンルート広島」

更新日:2016/08/13 21:15

かとう とものプロフィール写真 かとう とも スタンダップパドルインストラクター、子連れ旅ブロガー

広島観光というと「原爆ドーム」と「平和記念公園」は外せないのですが、原爆ドームまで徒歩約5分、平和記念公園まではなんと徒歩約2分という、立地が最高のホテルがあるんです。広島市内を流れる元安川沿いに聳え立つ「ホテルサンルート広島」は立地だけではなくコスパもよく、広島観光やビジネスにも最適です。

川沿いに立つ、立地と景観が最高のホテル

川沿いに立つ、立地と景観が最高のホテル

写真:かとう とも

地図を見る

広島の中心部を横断して流れる、元安川。その川沿いに立つ「ホテルサンルート広島」は広島駅と中心部を結ぶ路面電車の最寄りの電停「中電前」から徒歩2分と便利な場所にありながら、川や緑に囲まれた美しい景観を楽しむ事ができます。朝早起きして川沿いをゆっくり散歩したり、繁華街へは徒歩でも10分ぐらいなので、夜はお酒を飲んで散歩がてらゆっくり夜のライトアップを楽しんで歩いて帰ってきても◎

また、毎年8月6日の原爆の日に平和への願いをこめて行われている「灯籠流し」は、引き潮時にはホテルの目前の川を灯籠が流れて行くのを見る事ができます。

シティーや観光名所へのアクセスがいいのに静かで落ち着けるので、ゆっくり休暇を楽しみたい方や、仕事の後にリラックスしたい方に人気のホテルです。

眺望の良い部屋から広めの部屋まで、部屋のタイプは色々

眺望の良い部屋から広めの部屋まで、部屋のタイプは色々

写真:かとう とも

地図を見る

「ホテルサンルート広島」の客室は、元安川や平和公園、原爆ドームが見渡せる眺望の良い部屋から、ゆったり広めでくつろげる部屋、バリアフリーの部屋など、部屋のタイプを色々選ぶことができます。

広めの部屋はソファーベッドがあるので、人数が多い際の旅行や家族旅行に便利。眺望の良い部屋からは広島の町並みや遠くに観える山の景色や川の流れはもちろん、桜のシーズンは咲き誇る桜を、灯籠流しの日には川を漂う灯籠を部屋から眺める事ができます。どのような部屋に泊まりたいかを予約の際に伝えるといいでしょう。

平和公園や原爆ドームを眺めながらの朝食ビュッフェ

平和公園や原爆ドームを眺めながらの朝食ビュッフェ

提供元:ホテルサンルート広島

http://www.sunroutehotel.jp/hiroshima/index.html地図を見る

ホテル内15階のレストランフロアで食べる朝食のビュッフェも人気の1つ。地産食材を取り入れた和・洋のビュッフェスタイルの品数40品ほど取り揃っていて、アレルギー表記もしてあるので、食事制限がある方にも嬉しいかぎりです。

また、何よりも嬉しいのが、このレストランからの眺望。平和記念公園や世界遺産の原爆ドームを大きな窓から眺めながら、ゆっくり美味しい朝食を食べられるなんて、なんて幸せな1日の始まりでしょう!

宿泊のプランによっては朝食が付いていない事もあるので、事前に確認しておきましょう。(朝食が含まれていないプランでも、プラス大人1,458円で朝食を付ける事が出来ます)

平和記念公園まで徒歩2分、原爆ドームまで徒歩5分!

平和記念公園まで徒歩2分、原爆ドームまで徒歩5分!

写真:かとう とも

広島を訪れたら必ず訪れたい、平和のシンボルである2つの観光名所の平和記念公園へ徒歩2分、世界遺産の原爆ドームまでは徒歩5分の好立地にあるので、とにかく便利。原爆投下時には熱さのあまりに多くの人が飛び込んだと言われる元安川の川岸をゆっくり歩きながら、戦争と平和について思いを馳せてみましょう。

また、ホテルから原爆ドームへ向かう川沿いの途中には、宮島行きフェリーの船着き場もあります。宮島への観光を予定している方は、川を優雅にフェリーで走りながら宮島まで行ってみるのもアリです。

コスパもよし!

立地よし、眺望よしの「サンルートホテル広島」ですが、コストパフォーマンスも意外といいんです。シーズンや部屋のタイプによって変わりますが、1泊6,000円/人〜泊まれる部屋もあります。立地よし、眺望よし、コスパよしの「サンルートホテル広島」で、広島の旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/18−2016/02/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -