竜宮城は橋の先!宮古島でシュノーケリングを楽しむなら3つの大橋を渡ろう

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

竜宮城は橋の先!宮古島でシュノーケリングを楽しむなら3つの大橋を渡ろう

竜宮城は橋の先!宮古島でシュノーケリングを楽しむなら3つの大橋を渡ろう

更新日:2016/12/14 12:09

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

宮古島といえば青々した海と白い砂浜が特徴ですが、シュノーケリングするなら宮古島から3つの大橋を渡った先がおすすめ。来間大橋・池間大橋・伊良部大橋を渡った先の3つのエリアなら、まるで竜宮城のような海の中を楽しむことができます。まさに宮古島から伸びる大橋は、竜宮城への架け橋。宮古島でのシュノーケリングを思う存分楽しむなら、迷わず大橋を渡ってその先のさらなる離島へ行きましょう。

宮古島から伸びる橋は竜宮城への架け橋!3つの大橋を制覇しよう

宮古島から伸びる橋は竜宮城への架け橋!3つの大橋を制覇しよう

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島といえば青々した海に白い砂浜が特徴ですが、海の中もとても豊かで各地でシュノーケリングを楽しめます。でもシュノーケリングをさらに満喫するなら、宮古島から伸びる3つの大橋を渡りましょう。宮古島には来間大橋・池間大橋・伊良部大橋の3本の大きな架橋があり、その先の離島ならまるで竜宮城のような海の中を楽しめます。

来間大橋先の「来間島」ではクマノミの楽園。池間大橋先の「池間島」ではサンゴの森と小さな冒険。伊良部大橋先の「伊良部島・下地島」では、サンゴと熱帯魚のパラダイス。まさに宮古島から伸びる3つの大橋は、竜宮城への架け橋です。宮古島から3つの大橋を渡り、その先の離島で泳げば、シュノーケリングを満喫できること間違いなし!

来間大橋先の「来間島」はクマノミの楽園!オレンジ色の竜宮城を探そう

来間大橋先の「来間島」はクマノミの楽園!オレンジ色の竜宮城を探そう

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島の南に架かる来間大橋を渡ると、小さな集落が1つだけある来間島。その集落を越えて島の反対側まで行くと、絶景ビーチの「長間浜」にたどり着きます。ビーチにはトイレなどの施設は一切なく、駐車場も明確にはありません。車で行かれる際は、ビーチ入口近くの空き地に駐車することになります。またビーチ自体は外洋に面しており、波を受け止めてくれるリーフが明確にありません。海が荒れているときは、波が直接ビーチに入ってきます。白波が立っているときは泳ぐことを止めましょう。

長間浜自体は真っ白な砂浜がどこまで続く絶景ビーチ。海の中もサンゴは少ないものの、熱帯魚はとても豊か。中でもオレンジ色が特徴のクマノミの数は、宮古島海域でナンバーワンレベル。来間島の竜宮城はクマノミたちの楽園です。でもビーチがあまりに広いので、このクマノミポイントはとても見つけにくいですが、他の離島では滅多に見ることができない「オレンジ色の竜宮城」。がんばって探しましょう!

池間大橋先の「池間島」には2つのポイント!1つ目はサンゴの森の竜宮城

池間大橋先の「池間島」には2つのポイント!1つ目はサンゴの森の竜宮城

写真:離島 こむ

地図を見る

宮古島の北端に架かる池間大橋を渡ると、大橋近くに漁港と集落がある池間島。島には周回道路があり、その南端が大橋で反対側の北端にシュノーケリングポイントが2つあります。反時計回りに周回道路を回ると、駐車場やトイレが整備された1つ目の「フナクス」というビーチにたどり着きます。別名「池間ブロック」と呼ばれ、その理由は駐車場などが整備される前、ビーチ入口にコンクリートブロックの階段があったから。今でもその名残がありますので探してみましょう。

砂浜は比較的狭いものの、海の中は入ってすぐにサンゴの森。枝サンゴが多く、まさに密林状態です。でも浅瀬にサンゴがあるので、干潮時など浅くなる時間はサンゴと接触してしまいます。このフナクスビーチでは潮が満ちている時間がおすすめです。

池間大橋先の「池間島」の2つ目はアクティブ!小さな冒険をして竜宮城へ

池間大橋先の「池間島」の2つ目はアクティブ!小さな冒険をして竜宮城へ

写真:離島 こむ

地図を見る

池間島の周回道路を時計回りに半周し、灯台を越えた先にあるのが池間島2つ目のシュノーケリングポイント「カギンミヒダ」。1つ目のフナクスビーチとは少し離れていますが隣にあります。こちらには駐車場も施設も整備されていませんが、ビーチ入口にはとっておきの仕掛けが用意されているんです。それは絶壁を降りるためロープ。ビーチへ行くにはこのロープを使って絶壁を降りないとたどり着けません。竜宮城へ行くための第一歩が小さな冒険。でもこの上り下りも達成感があってとても楽しめますし、やってみると意外と簡単なんです。

ちなみにこのロープが常に設置されていることから、先の「池間ブロック」に対して、このカギンミヒダビーチは「池間ロープ」という別名があります。池間島のシュノーケリングポイントといえば「ロープ」と「ブロック」。わかりやすいです。でもビーチはフナクスビーチの倍以上もあるので、サンゴや熱帯魚がいるポイント探しは大変。ビーチへ行くまでも、行った後の海の中でもアクティブなカギンミヒダビーチです。

伊良部大橋先の「伊良部島・下地島」にはリアル竜宮城!小島があるビーチを目指せ

伊良部大橋先の「伊良部島・下地島」にはリアル竜宮城!小島があるビーチを目指せ

写真:離島 こむ

地図を見る

無料で通行できる日本最長の「伊良部大橋」。宮古島から渡ると伊良部島と下地島へ行くことができます。この2つの島は別々の島ですが、半ばくっついているので1つの島として考えても構いません。宮古島から大橋を渡るとまずは伊良部島に入りますが、そのまま下地島へ向かいましょう。絶景ビーチ「渡口の浜」を通過し、小さな橋を渡ればそこから先は下地島。大部分が空港施設の離島です。そして下地島に入ったら島の反対側へ回りましょう。

島の反対側にあるのが「カヤッファ」というビーチ。こちらも別名があって「中の島」と言います。その理由は見たままで、ビーチの先の海の真ん中に小島があるから。ダイビング船も来るほどの人気のポイントです。ちなみにビーチには駐車場もトイレなどの施設もありません。車は道路脇の空き地に停めましょう。

そして海の中は入っていきなりサンゴの森と熱帯魚の大群。中でもクマノミの種類は豊富で、4種類のクマノミを望めるとのこと。ダイビングができるほどの深さがあるので、シュノーケリングだけではなく素潜りするのも楽しいビーチです。サンゴも熱帯魚も豊かなカヤッファビーチは、まさにリアル竜宮城です。

シュノーケリングを満喫するなら3つの大橋を渡るべし!「1日1大橋」がおすすめ

海が豊かな宮古島ですが、シュノーケリングとなると、正直なところ宮古島よりも大橋を渡った先の離島がおすすめ。3つの大橋は個々に離れているので1日で3つとも回ることは難しい。「1日1大橋」感覚で分けて巡ると効率的です。その際は宮古島観光も大橋に併せて分けるのがおすすめです。

来間大橋先の竜宮城へ行く際は、同じ宮古島南エリアの与那覇前浜や東平安名崎などを一緒に巡りましょう。池間大橋先の竜宮城へ行く際は、同じ宮古島北部エリアにある砂山ビーチや西平安名崎などに寄り道しながら巡りましょう。そして伊良部大橋先の竜宮城へ行く際は、1日かけて伊良部島と下地島を楽しみましょう。

宮古島でシュノーケリングを満喫するなら3つの大橋を渡るべし。そしてその大橋を渡る際に、周辺も観光すれば宮古島旅行の計画も立てやすくなるはず。宮古島での旅の計画は「1日1大橋」がおすすめ。シュノーケリングも観光も効率よく楽しんじゃいましょう!

<来間大橋と一緒に巡るおすすめ観光スポット>
・与那覇前浜
・保良泉ビーチ
・東平安名崎

<池間大橋と一緒に巡るおすすめ観光スポット>
・砂山ビーチ
・西平安名崎
・島尻のマングローブ林

<伊良部大橋と一緒に巡るおすすめ観光スポット>
・伊良部島の渡口の浜
・伊良部島の佐和田の浜
・下地島の17エンド

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ