手作り感あふれる!バンコクの隠れ家「プラナコーン ノーンレン ホテル」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

手作り感あふれる!バンコクの隠れ家「プラナコーン ノーンレン ホテル」

手作り感あふれる!バンコクの隠れ家「プラナコーン ノーンレン ホテル」

更新日:2016/08/11 18:51

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり ユニーク宿ライター、カプセルホテルマニア

バンコクでスローライフを満喫できるオーガニックなホテル「プラナコーン ノーンレン ホテル」。下町の昔懐かしい雰囲気と豊かな自然に囲まれながら、ゆったりとした時間を過ごせる穴場のホテルです。またオーナーの手作り感あふれるおしゃれなインテリアにも注目したいところ。一泊するとその居心地の良さからリピーターになる人が多いそうですよ。今回は知る人ぞ知るバンコクの隠れ家ホテルをご紹介しましょう!

バンコクの中心から離れた居心地の良いホテル

バンコクの中心から離れた居心地の良いホテル

写真:篠宮 あかり

地図を見る

元々女子寮だった建物をリノベーションした「プラナコーン ノーンレン ホテル」。オーナーがインテリアを手がけており、例えば写真の共有スペースの壁紙はとってもカラフル!よく見ると日本のキャラクターもさりげなく描かれているのがユニークですね。ヴィンテージ感のある様々な家具や雑貨も配置されておりレトロな雰囲気が漂っています。

またダイニングでは屋上の庭園で育てたオーガニックな食材を使用したり、客室のリネン類もかわいいだけでなく肌に優しい素材にするなど、ひとつひとつのものにこだわりを持っています。フレンドリーなスタッフが多いですが、程良い距離感で接してくれるのも魅力。宿泊者が心地良いと思う空間を作り上げてくれているのです。

アクセスはスワンナプーム国際空港からの場合、エアポート・レール・リンクやBTSのパヤタイ駅まで行き、そこからタクシーやトゥクトゥクを手配して下さい。ドンムアン国際空港の場合は、空港からタクシーに乗ってしまった方がスムーズです。またホテルの送迎手配もできますので、タイが初めてで不安だったり荷物が多い方は申し込みましょう!

乙女ゴコロをくすぐる客室のインテリア

乙女ゴコロをくすぐる客室のインテリア

写真:篠宮 あかり

地図を見る

シングルルームはお花をモチーフとした色彩豊かなインテリアで、思わず写真を撮ってしまいたくなるかわいさです!グリーンを基調としているため自然とリラックスできる空間ですね。バスタオルもゾウの形になっていて遊びゴコロを感じさせます。甘い香りのリードディフューザーが置いてあるので、旅の疲れも癒されていきますよ〜。

他の客室はダブル、ツイン、ファミリー、コネクティングルームと様々なタイプがあります。基本的には宿泊人数によって泊まれるタイプの部屋が変わります。1人の場合はまた次回も泊まってみたくなりますし、2人以上で泊まる場合はホームページで客室のインテリアを見ながら選んでみるのも楽しそうですね!

ノスタルジックな趣きのダイニング

ノスタルジックな趣きのダイニング

写真:篠宮 あかり

地図を見る

1階のダイニングルームは、日本の駄菓子屋やアジアの屋台などを思い起こさせるようなノスタルジックな趣きを漂わせています。欧米系のバックパッカーやファミリーの宿泊客が多いのですが、この異国の情景にも不思議と馴染んでいます。こちらでは7時から10時まで朝食、12時から16時までランチをいただけますよ。

ダイニングルームは蚊が多く出るため、ホテルオリジナルの蚊よけスプレーやクリームが用意されています。おしゃれな見た目のボトルなので一見それとはわからないかもしれません。体に優しいナチュラルな成分なので安心して使用できますよ。ホテル内のショップでもセット販売しているので女性へのお土産に購入してみてはいかがでしょう?

朝食ビュッフェではぜひカレーを!

朝食ビュッフェではぜひカレーを!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

こちらでは朝7時から10時までビュッフェ形式の朝食が出ますが、その内容がとても充実しています。欧米式の朝食として何種類ものパンやシリアル、自家製のジャムなどが用意されていますが、やはりメインはタイの食材を活かした朝食!例えばカレー、サラダ、フルーツなど、各ブースでスタッフの作りたての料理を受け取ることができますよ。

特に手作りのカレーは、グルーンカレー、マッサマンカレーと日替わりになるので、連泊しても飽きることがありません。しかもこのカレーと焼きたてのパン生地・ロティの相性もバツグンですので、ぜひ一度は食べてみて下さいね!またアレルギーのある方は事前にリクエストも受け付けているのでスタッフに相談してみましょう。

宿泊者限定!秘密のルーフトップバー

宿泊者限定!秘密のルーフトップバー

写真:篠宮 あかり

地図を見る

夕方18時〜21時までは屋上のルーフトップバーが開放され、宿泊者はディナーをいただくことができます。外のレストランや屋台で食べちゃった!という方も、アルコールや軽食を頼んでみてはいかがでしょう。室内には立派なピザ釜も設置されているので、ぜひここは焼きたてのピザを食べることをおすすめします。

こちらのルーフトップバーからは、黄金色に輝くワット・イントラウィハーンを望むことができます。高さ32メートルの立仏像で、夜が深まるとライトアップされて神秘的な雰囲気に。信仰深いタイ人がワット・イントラウィハーンに向かって手を合わせる姿も印象的ですよ。夜風に吹かれながら穏やかなひとときを過ごして下さいね。

「プラナコーン ノーンレン ホテル」で素敵な滞在を

バンコク観光の拠点にするより滞在そのものを楽しむためのホテルです。ダイニングやルーフトップバーで食事をしたり、カフェタイムはのんびり読書する人も。またタイの文化を体験できるワークショップにも参加できますよ。タイのゆったりとした時間が流れる「プラナコーン ノーンレン ホテル」にあなたも泊まってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/19−2016/07/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ