東京・アメ横で食べるべきB級グルメ&屋台グルメ5選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京・アメ横で食べるべきB級グルメ&屋台グルメ5選

東京・アメ横で食べるべきB級グルメ&屋台グルメ5選

更新日:2017/11/08 17:48

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

東京・上野から御徒町に広がるアメヤ横丁商店街(通称アメ横)は、戦後の闇市からスタートした、混沌とした雰囲気が人気です。そんなアメ横はB級グルメの宝庫!通りの両サイドには屋台がひしめき合い、美味しそうな香りが漂います。東京に屋台街が残っている場所は稀少。アメ横=買い物のイメージがあるかもしれませんが、食べ歩きにもお勧めの場所なんです!今日はその中から特に人気のB級グルメ&屋台グルメをご紹介します。

クジラ肉を扱う店先で、魚介炭火焼の良い匂い!鯨南本舗・北海横丁

クジラ肉を扱う店先で、魚介炭火焼の良い匂い!鯨南本舗・北海横丁

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

通りを歩いていて、思わずいい香りに誘われてしまうのが、鯨南本舗・北海横丁。ホタテ、カニ、エビなど、北海道の海鮮をその場で焼いて食べさせてくれます。これはビールが進みそう!大丈夫!お酒も種類は少ないですが置いています。
業種のメインは鯨の肉の販売なので、興味のある人はどうぞ!

「呑める魚屋」はその名の通り凄い!「魚草」で日本酒・牡蠣・生ウニ三昧

「呑める魚屋」はその名の通り凄い!「魚草」で日本酒・牡蠣・生ウニ三昧

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

「呑める魚屋」を掲げている「魚草」の前を通ったら、誰もが驚愕する光景に足が止まるはずです。お客さんたちが食べ終えた毛蟹、生ウニ、牡蠣、新鮮な海の幸をその場で食べ、食べ終わった紙皿をどんどん積み重ねていくからです。魚屋でそのまま食べて飲めるのだから当たり前ですが、とにかく海鮮メニューが豊富!そして激安です。

何よりうれしいのは日本酒のラインナップが多いこと!刺身と日本酒は、たまらないご馳走です。

本場中国人もここは絶品と太鼓判!平成福順

本場中国人もここは絶品と太鼓判!平成福順

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

アメ横には中国料理の屋台が沢山並んでいます。その中でも特に人気で、テレビのメディアにもよく取り上げられるのが「平成福順」。上海出身の中国人が「ここの店は特別に美味しい!」と太鼓判を押しています。毎日テイクアウトしてもOKというのだから、ただ事ではありません。

がぶりとかぶりつくと、ジューシーな肉汁がじゅわー!冷めないうちに、イートインで食べたい味です。あまりの美味しさに急いで食べて火傷しないように気を付けてくださいね。他にも麺類、炒め物など思わず目移りするラインナップ。気候の良いシーズンには、居酒屋代わりに使って屋台の良さを堪能するのも良いですね。

アメ横名物の1つ「モーゼスさんのケバブ」

アメ横名物の1つ「モーゼスさんのケバブ」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

「お嬢様!」と呼びかけられ、思わず「下手なナンパか?」と思わないでください。これぞ、アメ横グルメ名物の1つ「モーゼスさんのケバブ」です。もちろん、男性は「王子様!」です。胡散臭いですが、店先の肉を焼く香ばしい匂いも手伝って、人がぐいぐい小さな屋台に引き寄せられていきます。

辛さは調節可能。少しだけピリ辛…というランクを注文すると、辛さが苦手な人も、エキゾチックな味を楽しめるはずです。ピタパンがあっさりしているので、すいすいお腹に入ります。ソースのスパイス加減が絶妙で、とにかく美味しい!チキン、ビーフ、そしてどちらも、という贅沢コースもあります。チキン&ビーフだと味が混ざって美味しくないのでは?と思うかもしれませんが、場所を分けてピタパンに詰めてくれるので、ビーフならビーフ、チキンならチキンの味を場所をかじり分けて楽しめるんですよ!

「モーゼスさんのケバブ」については別記事に書かせていただきましたので、関連MEMOからお読みください。

上野の名物居酒屋「もつ焼き 大統領」のもつ焼き!

上野の名物居酒屋「もつ焼き 大統領」のもつ焼き!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

散策が一通り済んだら、鉄道のガードをくぐり、道を1本入ってみましょう。沢山の店が路上にテーブルを並べ営業しています。そして平日の昼間だというのに、既にお酒を飲んでいる人が沢山!
その中でも戦後間もない1950年創業の「もつ焼 大統領」は集まる客層、まるで掘っ立て小屋のような店の雰囲気がアメ横の名物居酒屋としての地位を確立しています。  

この店の名物は看板にあるもつ焼。タレが非常に濃厚です。濃い味が苦手な人は、塩味を注文しましょう。
かりっという歯ごたえの後、じゅわっと広がる程よい脂のシロは、焼き加減が最高!レバーはくせが無く、苦手な人も食べられる味です。

強烈なキャラクターのお客さんや、そんなお客さんに番長と呼ばれる店員のお姉さんに囲まれてもつ焼きを食べ、お酒を飲めばあなたもアメ横通の一人です。
「もつ焼き 大統領」の記事は別の記事でも書かせていただきました。関連MEMOから読んでくださいね!

溢れる物や人のパワーを支えるアメ横B級グルメは最高にうまい!

いかがでしたか?
買い物や、年末の食材買い出しなど、アメ横と言えば「買い物!」と思う人も多いかもしれません。「食べに行くアメ横」というのもオツなものでしょ?
アメ横の流通を支えるお店の人々や、買い物を楽しむ人々のパワーは、こんなB級グルメに支えられているのかもしれません。

もちろん、屋台の全てが確実に美味しい訳ではないですし、「?」と思う妖しい店もあります。でも、地元アメ横や、アメ横常連の皆さんが愛し、何度も通う店はやはり一味も二味も違います。
東京の名所・アメ横に立ち寄ったら、ぜひともアメ横グルメにチャレンジしてみてください。アメ横を行き来する人々のパワーの秘密が分かるかもしれませんよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ