ゲレンデに213万輪!小樽「オーンズ春香山ゆり園」の絶景

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゲレンデに213万輪!小樽「オーンズ春香山ゆり園」の絶景

ゲレンデに213万輪!小樽「オーンズ春香山ゆり園」の絶景

更新日:2016/08/04 15:53

鈴野 にぽぽのプロフィール写真 鈴野 にぽぽ 北海道ブロガー

北海道小樽市のスキー場オーンズ春香山は7・8月の2か月間、ゆりの花が咲き乱れる『オーンズ春香山ゆり園』として夏期オープンしています。ゲレンデには213万輪のゆりが植えられ、眼下には日本海を見渡す絶景が広がります。ゾーンごとにゆりの種類や色が変わるためビュースポットも豊富!写真好きの方やお花が好きな方、夏休みの家族連れに人気の観光スポットです。リフトや遊歩道を利用してゆりの花を満喫しましょう!

海が見えるスキー場『オーンズ春香山』の夏!

海が見えるスキー場『オーンズ春香山』の夏!

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

オーンズ春香山スキー場は、海を眺めながらスキーを楽しめるのが特徴の大変人気のあるスキー場です。そんなオーンズ春香山スキー場は、7月と8月の2か月間、スキー場からゆり園へとその姿を変え、冬は白一色のゲレンデが咲き誇るゆりの花でカラフルに染められます。

スキー場というと都市部から離れた郊外というイメージですが、オーンズ春香山ゆり園は最寄りのJR銭函駅までは小樽駅から電車で20分、札幌駅からも25分というアクセスのしやすい立地になっています。銭函駅からは無料送迎バスも1日9往復していますし、駐車料金も無料ですので自家用車での訪問も安心です。

入園料は大人800円、小学生までの子どもが300円ですが、入園当日が誕生日の方や、名前に『ゆり』と付く方の入園料は無料という面白い条件もありますので、条件を満たす方はこのサービスを利用して訪問してみてはいかがでしょうか。

213万輪のゆりが一斉に咲き乱れる様は圧巻!

213万輪のゆりが一斉に咲き乱れる様は圧巻!

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

オーンズ春香山ゆり園では213万輪ものゆりが植えられています。冬は銀世界のゲレンデとなっている斜面に、これほどのゆりが一斉に咲き乱れる様は圧巻です!斜面の下から見上げても、山頂から見下ろしても絨毯のように広がるゆりを楽しむことができる北海道内最大級のゆり園になっています。

オーンズ春香山ゆり園の最大の魅力は日本海と夏の空、そしてゆりがつくり出す美しい風景です。ゲレンデを少し登るとすぐに日本海を臨むことができ、晴れた日には石狩湾を一望することができます。

また、夏のガーデン散策は暑さがネックですが、オーンズ春香山は心地よい海風が時より吹いてくるのも嬉しいポイントです。春香山がある小樽市の銭函エリアは平地がほとんどなく、海岸からすぐに急な坂道となっています。そのため、春香山は海にとても近いのにも関わらず標高は高めで、山と海の両方のすがすがしい風を感じるとこができるのです。

麓から山頂までは1100メートルの遊歩道。リフトもあるから安心!

麓から山頂までは1100メートルの遊歩道。リフトもあるから安心!

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

山麓から山頂までは1100メートルの斜面を登る遊歩道になっていて、ウッドチップがひかれており、ゆりの花を見ながらプチ登山を楽しむこともできます。山麓から山頂までの所要時間の目安は30分程度です。

また、麓と山頂には遊歩道を歩くためのストックがたくさん置かれていて、無料で貸し出されているのもスキー場ならでは。真夏にスキー用のストックをもってゲレンデを登るというのも、面白い夏休みの思い出になるのではないでしょうか。

ただし、冬はゲレンデとして使用されている斜面ですから傾斜は急で、階段なども多くなっていることには注意が必要です。当然、ヒールや厚底靴では登れません。怪我を防止するためにも、運動靴など歩きやすい履物で訪問しましょう。

なお、山頂まではリフトも運行しています。歩いて登るのに自信がない方や、暑さが心配な方はリフトを利用するのがおすすめ。乳児や乳幼児は前抱きの抱っこ紐を着用することでリフトに乗車可能ですし、乗車時のスピードが不安な場合は係員に声をかければ調節してくれるので安心です。全長830メートルのリフトの所要時間は5分程度で、眼下に望むゆりを眺めながら空中散歩を楽しむことができますよ

ビュースポットや休憩ポイントも豊富で長時間楽しめるのが嬉しい

ビュースポットや休憩ポイントも豊富で長時間楽しめるのが嬉しい

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

オーンズ春香山ゆり園には写真撮影や休憩ポイントがたくさんあります。そのため、一眼レフカメラ片手に本格的に写真を楽しむ人や、休憩用のテラスで談笑を楽しむ年配の方、山歩きに夢中な小さなお子様などの姿も多く夏休みやお盆休みに家族で楽しめる観光スポットとなっています。

山麓から山頂までの遊歩道の中腹にある幸せの鐘は、ゆりの花と日本海が一望できるビュースポットです。ハート型の丸太枠に入ってベンチに腰掛け記念撮影をするのも良いですね。また、山頂のゆりテラスでは屋根付きのテラスも設置されているので、暑い日でも山と海の風を感じながらゆり鑑賞を満喫することができます。

なお、オーンズ春香山ゆり園ではフォトコンテストも実施しています。大賞賞金は何と5万円!期間中のゆり園の様子を撮影した写真を応募してください。写真が趣味という方や腕に自信がある方はトライしてみてはいかがでしょうか。

ゾーンごとに変わる花の種類やカラーも楽しんで!

ゾーンごとに変わる花の種類やカラーも楽しんで!

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

オーンズ春香山ゆり園では斜面を何分割かして、場所ごとにゆりの種類や色を変えています。そのため、見る場所によって趣が異なり花が好きな人や写真を撮るのが好きな人はもちろん、小さなお子さんでも飽きることがありません。

麓はイエローゾーンで黄色いゆり、山頂に向かうにつれてオレンジ、ミックス、モザイク、ボーダーと花の配色が変わります。全てのゾーンを堪能するには、登りか下りのどちらかをリフトではなく徒歩で歩く必要があります。体力に自信のない方は麓から山頂までの登りでリフトを利用して、下りをゆっくりと歩いて降りてきてはいかがでしょうか。もちろん、下りだけでも運動靴は必須なのでご注意下さい。

北海道内最大級のゆり園で北海道の短い夏を満喫しよう!

北海道内最大級の規模を誇る『オーンズ春香山ゆり園』では、北海道の短い夏に懸命に咲くゆりの花を楽しむことができます。9月になれば一気に涼しくなり秋の気配がしてくる北海道。花を楽しむことができるのも8月いっぱいです。

冬は白一色の世界となり多くのスキーヤーでにぎわうオーンズ春香山も、夏の時期はゆりでカラフルに染められ、鮮やかな色と日本海、そして青空のコントラストは絶景です!オープンは8月の最終日曜日まで。この機会にぜひゆりの花であふれる夏のスキー場へ訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/13−2016/07/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ