熊本復興への希望となる!「水前寺成趣園」と「白川水源」は熊本を代表する美しき水スポット

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

熊本復興への希望となる!「水前寺成趣園」と「白川水源」は熊本を代表する美しき水スポット

熊本復興への希望となる!「水前寺成趣園」と「白川水源」は熊本を代表する美しき水スポット

更新日:2016/11/14 14:47

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

2016年4月に起こった地震により大きな被害を受けた熊本ですが、熊本市の「水前寺成趣園」では一度枯れかけた水が復活し、南阿蘇の「白川水源」は被害の大きかった地域だったにも関わらず、地震前と変わらず水が湧き続けています。国内でもトップクラスの水が豊かな熊本で、復活の希望となる水スポットを訪れてみてください。

一度ほとんどなくなっていた水前寺成趣園の水ですが…

一度ほとんどなくなっていた水前寺成趣園の水ですが…

写真:岡本 大樹

地図を見る

水前寺成趣園(じょうじゅえん)は熊本の市街地からほど近い、とてもアクセスの良い場所に位置する庭園ですが、2016年4月に起こった大地震によって大きな被害を受けた場所の一つです。震災の直後には、最大の見どころである美しい池の水がほとんどなくなってしまうという事態となりました。

水位が下がったはっきりとした原因はわからないままでしたが、応急処置としてポンプでの給水を行っていました。それでも水位はほとんど元に戻らずという結果…だったのですが、1ヶ月が経った5月の中頃に水位が上昇し始め、あっという間に復活し始めたのです!

この写真は7月に撮影したもので、水位は8割くらい。その後、地震から半年が経った10月には、ほぼ元通りの状態まで回復しました。一時期は池の水が残っている一部分に避難していた鯉たちも元気に泳ぎまわっているので、その復活の奇跡を感じながらじっくりと眺めてみてください。

古今伝授之間で庭園を存分に楽しもう

古今伝授之間で庭園を存分に楽しもう

写真:岡本 大樹

地図を見る

美しい緑に囲まれているため、池の周りを歩くだけでも充分に魅力を感じられる場所ですが、どっしり座って楽しむという選択肢もあります。しかも、建物は萱葺屋根で園内で最も美しい風景を眺めることができるという場所に配置されているのです。

こちらの建物は古今伝授之間という名前で、もともとは京都御所にあったものを大正元年に移動してきたもの。熊本県の重要文化財に指定されているほど価値のある建物ですが、それだけではありません。「陣太鼓」や「武者返し」という有名な熊本銘菓の老舗である「香梅」が営業しており、この古今伝授之間で抹茶と和菓子をいただくことができるのです。

稲荷神社や出水神社もチェック

稲荷神社や出水神社もチェック

写真:岡本 大樹

地図を見る

水前寺成趣園の中には稲荷神社や出水(いずみ)神社があり、また敷地の外にはなりますが、すぐそばに夏目漱石第三旧居など見どころが多い場所でもあります。特に水前寺成趣園は出水神社の神苑でもあり、飲めば長生きできると言われる神水「長寿の水」も湧き出ているので、ぜひ参拝してくださいね。

もう一つ注目したい熊本の水スポット、白川水源

もう一つ注目したい熊本の水スポット、白川水源

写真:岡本 大樹

地図を見る

こちらも地震の被害が大きかった地区の南阿蘇。そこにある白川水源もご紹介したいと思います。豊富な水で有名な阿蘇ですが、その中でも特に観光地として元々人気のあったのがこちらの白川水源です。南阿蘇鉄道の「南阿蘇白川水源駅」の近くに位置している白川吉見神社の境内に位置しています。

多くの水源があった南阿蘇ですが、地震の影響で水脈がずれたためか、枯れてしまった場所もあります。しかし、その中で白川水源はほぼ被害を受けず、現在でも豊かな水が湧出され続けています。

白川水源の水は好きなだけ持って帰れます

白川水源の水は好きなだけ持って帰れます

写真:岡本 大樹

地図を見る

こんなにきれいでおいしいと言われている水を見てしまったら、持って帰りたくなりますよね。白川水源の嬉しいところは好きなだけ水を汲んで帰れるという所なのです。しかも、ご丁寧にペットボトルに入れるための道具まで準備してくれています。

ペットボトルを持っていけばそこに入れられるのでぜひ持っていきましょう。もし空いたものがないという場合は、近くの売店で空のボトルを購入することも可能です。毎分60トンも湧出するという、日本でもトップクラスにきれいでおいしい水をたっぷり持ち帰りましょう。

ぜひ復活のシンボルである「熊本城」と一緒に

熊本での地震によって大きな被害を受けた地域はかなり広範囲に渡っています。中でも、阿蘇地方周辺・益城町や熊本城など熊本市周辺の被害は甚大で、発生から半年が経った現在(2016年10月)でも復活したとはとても言い難い場所もあるのが現状です。ですが、今回ご紹介した「水前寺成趣園」や「白川水源」は以前と変わらない魅力で私たちを迎えてくれます。

また、熊本県内にはそれほど大きな被害を受けていない場所なのに、訪問客が減ってしまっている所も多くあります。復活のシンボルとされている「熊本城」と一緒にぜひまわってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/23−2016/07/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -