五感全てで触れてほしい!宮崎「高千穂」の神聖スポット

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

五感全てで触れてほしい!宮崎「高千穂」の神聖スポット

五感全てで触れてほしい!宮崎「高千穂」の神聖スポット

更新日:2016/08/23 13:29

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

宮崎県の高千穂は日本神話に縁のある場所として知られていますが、実際足を運べばその理由を感じられると思います。というのも、高千穂はそう言い切れるほど神聖さを感じられるスポットの多い場所なのです。最も人気のある「真名井の滝」や「高千穂神社」「天安河原」など見どころいっぱいの高千穂へぜひ行ってみてください。

まずはこちらから「真名井の滝」

まずはこちらから「真名井の滝」

写真:岡本 大樹

地図を見る

高千穂峡に流れ落ちるこちらの滝は真名井(まない)の滝といい、高千穂の中でも最も人気の場所となっています。その理由は、一度滝を実際に見てもらえれば、すぐにわかると思います。約17mと、高さこそそれほどありませんが、渓谷に落ちる様はとても神秘的です。

渓谷自体が国の天然記念物に指定されていることもありますが、流れる水もとてもきれいなことが、真名井の滝の魅力をさらに高めている一要素と言えます。

また、こちらでは貸しボート(有料)もあるので水面から滝を見上げることもできます。高い所から見る神聖で静かなイメージとは違い、下からは迫力満点の滝を楽しむことができるので、こちらも大人気となっています。ただ、雨の降った後など水量が増えている時は、貸しボートは営業しないこともあるのでご注意ください。

夏季にはライトアップされる真名井の滝

夏季にはライトアップされる真名井の滝

写真:岡本 大樹

地図を見る

昼に見ても充分すぎる魅力を持つ真名井の滝ですが、毎年夏季にはライトアップも行われています。渓谷の中の滝の部分がライトアップされているため、滝が一際目立つ形となっています。

観瀑台へとつながる遊歩道には竹燈篭が並んでいるため、幻想的な雰囲気がお昼より増している事にも注目。また真名井の滝と緑が眩しい青モミジとの相性もバッチリです。

昼の顔とはまた違う真名井の滝を見ることができるので、夏に高千穂を訪れるという方には、ぜひ闇夜の中の真名井の滝も併せて見ることをオススメします。

神楽も楽しめる高千穂神社

神楽も楽しめる高千穂神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

次にご紹介するのは高千穂神社です。真名井の滝のすぐ近くにあるので、多くの方がセットで訪れると思いますが、こちらで特に注目してほしいのが境内に立ち並ぶ数々の巨木たちです。御神木である秩父杉は樹齢800年とすごい存在感を放っていますが、本殿のそばに立っている夫婦杉も見逃せません。

夫婦杉は根元の部分がつながっていながら、二本の杉はどちらも相当な高さまで伸びていて、縁結び・家内安全・子孫繁栄のご利益があるとされています。そして、夫婦・恋人・友達と手をつないだままこの杉の周りを3周すれば、ご利益を授かることができると言われているため、カップルのデートスポットとしても人気の場所となっています。

また、神楽殿で観ることができる「高千穂神楽」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。もちろん高千穂でしか味わうことのできない神楽の舞台ですが、毎日催されているので夜に時間がある方はこちらも一緒に楽しんでみてくださいね。

天安河原も絶対に寄りたいスポット!

天安河原も絶対に寄りたいスポット!

写真:岡本 大樹

地図を見る

最後にご紹介するのは天安河原(あまのやすがわら)という場所です。写真でも少しはその神聖な空気が伝わるかもしれませんが、日本の神々が話し合いをするためにここに集まったと伝えられているだけあって、とても強いパワースポットとして人気が急上昇している場所。

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)の奥にある、大きな洞窟にひっそりと佇むその鳥居は、まさに神秘的という形容がピッタリ。洞窟の外に見える緑もとても美しく、訪問するだけでパワーをもらうことができそうです。

また、天安河原へ行くと目につくのが、石を積み上げた塔のようなものが所狭しと並んでいる様子です。その理由は、河原にある石をここで上手く積むことができれば願いが叶うと言われているため。時間がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし、人の積んだ石をとって自分の場所に載せることはNG行為ですので、きちんと自分で見つけた石を使ってチャレンジしてみましょう。

高千穂へのアクセス

高千穂へのアクセス

写真:岡本 大樹

地図を見る

高千穂は宮崎県の北西部、熊本や大分との県境近くに位置する町。そのため、熊本・大分の中心部や宮崎市内からは車で2〜3時間でアクセス可能。また高千穂内で動き回るのにも車があるほうが便利です。

とはいえ、博多駅や熊本駅、そして最寄りの延岡(のべおか)駅からは直通のバスが用意されているので、そちらを利用すればストレスなく高千穂まで行くことができますよ。
記事下の関連MEMOにある高千穂町観光協会のホームページに、詳細な説明があるので訪問の際はご参照ください。

神話の里、高千穂へ

高千穂で見ることのできる自然景観や文化は、他の場所では味わえないものが多いので、どこへ行っても初めての体験ができると思います。

ただ、初めてのはずなのにどこか知ってるような、何かで聞いたことのあるような、そんな不思議な気持ちになるのも高千穂の魅力。神話の里と呼ばれ、神秘的な雰囲気と共に日本らしい美しさを感じられる場所なので、ぜひ一度は足を踏み入れてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ