神々しいとは、こういうことさ。佐賀で2つのテッパン神社からパワーを授かろう

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

神々しいとは、こういうことさ。佐賀で2つのテッパン神社からパワーを授かろう

神々しいとは、こういうことさ。佐賀で2つのテッパン神社からパワーを授かろう

更新日:2017/01/13 12:47

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

佐賀の観光名所といえば吉野ヶ里遺跡や嬉野温泉などが有名ですが、今回オススメするのは神社。山と共に在るといった風情の祐徳稲荷神社、そして推定樹齢3000年の大楠が御神木の武雄神社。どちらもパワースポットとして人気の神社であり、神々しい自然のパワーを感じられる場所なのです。

年間約300万人の参拝者数を誇る祐徳稲荷神社

年間約300万人の参拝者数を誇る祐徳稲荷神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

一つ目にご紹介するのは佐賀県鹿島市に位置する祐徳稲荷(ゆうとくいなり)神社です。祐徳稲荷神社の年間参拝者数は約300万人、これは九州では最多の太宰府天満宮に次ぐ規模となっています。

また日本三大稲荷の一つとも言われ(諸説あります)、そのご利益は商売繁盛や交通安全など多岐にわたっています。

年間約300万人の参拝者数を誇る祐徳稲荷神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

祐徳稲荷神社でまず注目すべきは建物の豪華さ。楼門から御本殿に至るまで、これでもかというほど豪華な装飾がなされています。その豪華さから祐徳稲荷神社は「九州の日光」を意味する「鎮西日光」とまで呼ばれることも。

また、日本庭園では紅葉を始めとする四季の彩りを感じることができますし、御本殿の真下に位置する岩崎社は縁結びのパワースポットとして、近年若い女性からの人気が上がってきています。

ぜひ奥の院まで行こう

ぜひ奥の院まで行こう

写真:岡本 大樹

地図を見る

そんな祐徳稲荷神社ですが、その中でも特に奥の院では格別にそのパワーを感じることができます。御本殿の裏は山がそびえ立っており、山頂まで参道が続いているのです。

歩きやすい石の階段ではありますが、とても急勾配ですし歩いて30分ほどかかるので、軽い登山レベルだと思って歩きやすい靴で訪問することをオススメします。

ぜひ奥の院まで行こう

写真:岡本 大樹

地図を見る

ただ着くだけで達成感を感じられるほどの道のりですが、山頂で多くの木々に囲まれて佇む「奥の院命婦社(みょうぶしゃ)」の姿は壮観。まさに自然と共に在る神社というのを強く感じることができる場所なので、御本殿だけではなくぜひ奥の院まで登ってみることをオススメします。

ぜひ奥の院まで行こう

写真:岡本 大樹

地図を見る

自然と共に在る神社とすでに書きましたが、そのことを感じられるのは山頂の命婦社だけではありません。参道の途中にはもちろん多くの鳥居が並んでいるのですが、鳥居だけではなくお社も多く並んでいます。全てに挨拶して回るのは大変かもしれませんが、ぜひ見ていただきたいのがこちらの写真のお社です。

どーんと岩が突き出てきています。大きな動物の鼻のようにも見える少しほのぼのとした印象ですが、まさに自然の傍らに存在するお社ということを強く感じることができる場所でもあります。

この他にも山肌にくっついた「岩壁社(せきへきしゃ)」なども見ることができるので、登りながらあるいは下りながらいろいろなお社に注目してみてください。

佐賀の知られざるパワースポット、武雄神社

佐賀の知られざるパワースポット、武雄神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

次にご紹介するのは武雄市に位置する武雄神社です。武雄は温泉や図書館などで全国的に有名な場所ですが、強力なパワースポットである武雄神社の存在はあまり知られていないでしょう。ただ、一度ここの御神木を見ればそのパワーに圧倒されること間違いなしです。

佐賀の知られざるパワースポット、武雄神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

本殿の奥に続くもみじ通りを歩いていくと竹林に囲まれた空間があり、そこに御神木の大楠が屹立しています。初めての方はいきなり現れるその姿に驚かれるかもしれません。それほどの存在感がこの御神木にはあるのです。

佐賀の知られざるパワースポット、武雄神社

写真:岡本 大樹

地図を見る

そのあまりにも立派な姿は屋久島で見る屋久杉にも劣らない迫力を持っています。推定樹齢3000年と言われるこちらの大楠は、まさに神々しいという言葉がピッタリ。

根元の空洞だけで12畳の広さ!

根元の空洞だけで12畳の広さ!

写真:岡本 大樹

地図を見る

御神木の根元の部分は空洞となっていて、この部分だけで12畳もの広さがあるというのでこれまた驚きです。ちなみに中には祠もあるのですが、残念ながら現在は一般人が御神木のそばまで行くことはできません。

根元の空洞だけで12畳の広さ!

写真:岡本 大樹

地図を見る

御神木を訪問する時間帯は、お昼過ぎをオススメします。というのも御神木を眺める場合の向きはほぼ西になるため、昼過ぎから夕方に差し掛かる頃ちょうど御神木の後ろに太陽が見えるという位置関係になります。

まるで後光が差したように見えるタイミングで訪問することができれば、さらに神々しい姿を拝むことができるのでぜひタイミングを見計らって訪問してみてください。

夫婦檜も見逃さないで

夫婦檜も見逃さないで

写真:岡本 大樹

地図を見る

そして武雄神社で注目すべき木は大楠だけではありません。二の鳥居をくぐったすぐの場所には夫婦檜があるのです。根元で繋がりさらに上部の枝も繋がっていることから、縁結びのご利益があるとされています。

佐賀の神社は豊かな自然に囲まれた名所ばかり

祐徳稲荷神社・武雄神社どちらにも共通して言えるのは、神社が自然と共に在ることによって、さらに大きなパワーを感じられるスポットだということです。

山や大きな石、そして巨木などの自然物には神が宿ると言われていますが、今回ご紹介した二つの神社ではその力を実感できるに違いありません。ぜひ佐賀観光の際には神社巡りをしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ