利き酒を楽しもう!新潟県・越後湯沢駅「ぽんしゅ館」は大人のテーマパーク

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

利き酒を楽しもう!新潟県・越後湯沢駅「ぽんしゅ館」は大人のテーマパーク

利き酒を楽しもう!新潟県・越後湯沢駅「ぽんしゅ館」は大人のテーマパーク

更新日:2017/01/06 11:45

池田 みるのプロフィール写真 池田 みる 格安国内旅行ブロガー

新潟県JR越後湯沢駅は、新幹線に乗る際に利用するだけではもったいないくらい充実しています。お土産を買うにも十分なくらい、たくさんのお店が並んでいます。そんな越後湯沢駅にある「ぽんしゅ館」には、日本酒の利き酒ができるスポットがあります。せっかくなら時間に余裕をもって駅に訪れ、新幹線や電車に乗る前に寄ってみてはいかがでしょうか。たくさんの種類から選んで飲めるので楽しめますよ。

酔っ払いのおじさんに何故か癒されてしまう

酔っ払いのおじさんに何故か癒されてしまう

写真:池田 みる

地図を見る

新幹線が乗り入れる越後湯沢駅。越後湯沢というとウィンタースポーツのイメージが強いのではないでしょうか。もしくは夏に行なわれるフェスですね。ですがそれだけではないのが越後湯沢のすごいところ。駅はびっくりするほど充実しているのです。
観光の途中にお土産を買わなくても、駅にてたくさん販売されていますので安心ですよ。新幹線に乗る直前に買えば、わざわざ重い荷物を持って動き回る必要がないので便利ですね。

そんな越後湯沢駅には「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館」があります。ここでは日本酒の利き酒をすることができるのです。
ぽんしゅ館へ行くと、どこか憎めない酔っ払いのおじさんの像が迎えてくれます。見た瞬間クスッと笑ってしまうほどの酔っ払い具合。でもなんだか身近にいそうな雰囲気を醸し出しているおじさんに癒されちゃいますよ。

93種類のお酒から好きなものを選びましょう

93種類のお酒から好きなものを選びましょう

写真:池田 みる

地図を見る

そして利き酒コーナーへ。93種類ものお酒が飲めるスポットとして賑わっています。入るとお酒の販売機がずらーっと並んでおり、見ているだけでワクワクしてきますよ。
受付にて500円の支払いをすると、5枚のコインとお猪口をいただけます。そのコインで好きなお酒を購入しましょう。
お猪口を販売機にセットして、コインを入れボタンを押すとお酒が出てきます。これを見ているだけでもワイワイと盛り上がること間違いなしですよ。

これほどの種類があるとどれにしようか迷ってしまいますが、せっかくなのであまり見たことのないお酒を試してみるのもよし、好きなお酒を楽しむのもよし。そして日本酒だけではなくワイン等のお酒の販売機もありますので、味を変えて楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

ランキングと必要コイン枚数に注目!

ランキングと必要コイン枚数に注目!

写真:池田 みる

地図を見る

たくさんある種類で何がいいのか迷った時には、ランキングを見てみましょう。ランキング上位のお酒の販売機にはその印がついていますので、すぐにわかりますよ。

こういう表示があることで、日本酒にあまり詳しくない方でも安心して楽しむことができますね。

さらに、お酒によってコインの枚数が違います。多くがコイン1枚で飲むことができますが、ものによってはコイン2枚や3枚必要なお酒もあります。なんだか特別な感じがするので、コインが多く必要なお酒も飲んでみたくなりますよね。

また、飲んでみたいけどあんまり量が飲めないという方も、コインが多いお酒を飲むことで、少ない量のお酒を楽しむこともできちゃいます。

日本酒と塩との相性は!?

日本酒と塩との相性は!?

写真:池田 みる

地図を見る

日本酒に合う塩も多く並べられています。こちらの塩は、利き酒をしている人なら試すことが可能です。
様々な塩をなめて、好きな日本酒を試すことができるなんて贅沢ですよね。最初に紹介した通り500円でこれだけ満喫できるのはすごいです。

米どころ、酒どころの新潟ならではのスポット。是非新潟まで行かれた際には越後湯沢駅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

駅だからといって侮ってはいけない越後湯沢

日本酒の利き酒ができる「ぽんしゅ館」いかがでしたでしょうか。このスポット以外にも楽しむことができるぽんしゅ館です。お酒を購入して帰ることができるのはもちろんのこと、醤油コーナーやカフェ、さらには酒風呂もあるんですよ。
駅でお風呂まで入ることができるなんてびっくりですよね。

それだけ盛りだくさんな越後湯沢駅。駅だからと侮らず、時間をかけて満喫しちゃいましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -