大阪のど真ん中に“京都”が出現?梅田スカイビル「滝見小路」は外国人観光客にも人気

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪のど真ん中に“京都”が出現?梅田スカイビル「滝見小路」は外国人観光客にも人気

大阪のど真ん中に“京都”が出現?梅田スカイビル「滝見小路」は外国人観光客にも人気

更新日:2016/08/08 09:50

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

石畳の路地。京町屋風の格子戸。大阪のど真ん中なのに、まるで京都・祇園界隈を歩いているようなレトロなスポットがあるのをご存知でしょうか?地上40階の「空中庭園」で人気の「梅田スカイビル」の地下1階にある「滝見小路」。昔懐かしい昭和レトロの街並みを再現したレストラン街ですが、外国人観光客からは「大阪にいるのに、まるで京都の祇園を歩いているみたいだ」と意外な人気スポットに。穴場のレトロ街をご紹介します。

外国人観光客もびっくり!「大阪なのに、京都?」

外国人観光客もびっくり!「大阪なのに、京都?」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

高さ173メートルの『空中庭園』を設けた超高層ビル「梅田スカイビル」。屋上に吹く風がじかに感じられる展望台で知られています。

開業から約20年が経過し、大阪人には見慣れた風景。ですが、英紙タイムズが、世界遺産のパルテノン神殿などと並ぶ「世界を代表する20の建造物」として紹介したところ、今や多くの外国人観光客が押しかける国際的な観光スポットに。二つの超高層ビルの上部分を、まるで巨大なUFOでつないだような独自のデザインは、“未来の凱旋門”として新たな注目を集めています。

テレビドラマのロケにも使われている“未来の凱旋門”ですが、このビルがすごいのは「地上」だけでなく、「地下」部分も。写真が地下レストラン街の「滝見小路」(たきみこうじ)ですが、石畳の小路や瓦屋根の古い街並みが精巧に再現され、まるで映画の撮影所に紛れ込んだかのよう。

昭和時代の大阪・下町を再現したものですが、日本の古い街並みを見たら、何でも京都と思ってしまう外国人観光客。「大阪なのに、なぜ京都があるのか!」と驚きを隠せません。

ちょっと不気味!お化け屋敷感もたっぷり

ちょっと不気味!お化け屋敷感もたっぷり

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、さきほどの石畳の路地をまっすぐ進んだ突きあたりにある稲荷神社。まるで“お化け屋敷”のような不気味さが漂っています。オレンジ色のライトが夕日を演出し、かなりのリアリティ。

確かに京都の祇園界隈を歩けば、小さな路地にこうした稲荷神社はある、ある!大阪でも、阿倍野界隈には昭和レトロな街並みが残っていたのですが、今は再開発ビルですっかり姿を消し、「飛田新地」界隈にわずかな名残をとどめるだけとなっています。

ああ、懐かしい!ビクターの犬も!

ああ、懐かしい!ビクターの犬も!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ここは昭和時代の交番所を再現したもの。なんだか、腰に軍刀を付けた憲兵さんが出てきそうな気配です。

交番所の前に、耳を傾けたような仕草をしている犬がいますが、音響機器メーカーの日本ビクターがロゴマークに使っていたもの。この犬は実在し、亡くなった飼い主の声を蓄音機の前で耳を傾け、聞き入っていたというエピソードがあります。

そうして、玄関先に灯りがともされた石畳の路地。さらにはハイカラな軒灯もあり、これらも京都・祇園をイメージさせる風情が感じられます。

超グルメスポット!“食いだおれの街・大阪”が集結

超グルメスポット!“食いだおれの街・大阪”が集結

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「滝見小路」は和食や居酒屋、串カツ専門店、鉄板焼き、しゃぶしゃぶ、寿司屋、甘味処など約20店舗が集まり、“食いだおれの街・大阪”らしい名店が並びます。

お好み焼きの「きじ」、牛タン料理専門店「たんや舌」、鳥料理「大阪 新三浦」、串カツ専門店「串の坊」、鉄板屋「えん」、かつどん専門店「喝鈍」、チーズとワインの店「BONNE RACLETTE(ボンヌ ラクレット)」、甘味処「芭蕉庵」などの店を楽しむことができますが、ただ歩いているだけでも楽しい。

ダイハツの三輪自動車「ミゼット」の姿も!

ダイハツの三輪自動車「ミゼット」の姿も!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「滝見小路」には、レトロな街並みだけでなく、手押しポンプ式の井戸や、丸い形をした郵便ポスト、江戸末期から明治に使われていた消防道具、さらには1970年代に活躍したアイドルのレコードジャケット(写真家・篠山紀信の妻、南沙織など)が展示。館内には、当時のヒット曲(俳優・三浦友和の妻、山口百恵など)が流れ、昭和のレトロ感たっぷり。

また、昭和30年〜40年代、いわゆる高度成長期と呼ばれた時代で活躍した三輪自動車のミゼットも展示。ダイハツ工業がかつて生産していた小型自動車で、当時の酒屋さんや米屋さんで使われていました。

古き良き時代の日本が感じられる素敵な通りが「滝見小路」。七夕祭りやクリスマスなど、季節感も演出し、訪れるものを飽きさせないのも魅力的。大阪への観光の際は、人気スポットの梅田スカイビル「空中庭園」を楽しんだ後に、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか?

おわりに

梅田スカイビルは、高さ173メートル・40階建ての超高層ビルを上空で連結させた世界で初めてのビル。地元では、“浪速(なにわ)の凱旋門”として親しまれています。ちなみに、“浪速(なにわ)のエッフェル塔”は、新世界にある通天閣。

最近、多くの外国人観光客が訪問する大阪でも、ひと際目立つ観光スポットの梅田スカイビル。その地下には、こんなレトロで、おいしいレストラン街があるのです。外国人観光客だけでなく、大阪以外の他の地域の観光客にも人気のスポット。JR大阪駅からスグ近くにあるので、大阪観光や神戸、京都への乗り換えの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ