春夏秋冬どれが好き?秩父のカフェ「ジェラテリアHANA」は自然に囲まれた隠れ家

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

春夏秋冬どれが好き?秩父のカフェ「ジェラテリアHANA」は自然に囲まれた隠れ家

春夏秋冬どれが好き?秩父のカフェ「ジェラテリアHANA」は自然に囲まれた隠れ家

更新日:2016/08/12 17:28

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

武甲山をはじめとする雄大な山々に囲まれ、自然を愛する人々が数多く訪れる埼玉県秩父市。
定峰峠にあるカフェ「Gelateria(ジェラテリア)HANA」は、豊かな自然に囲まれ、ゆっくりと時が流れる癒し空間。こちらでは、秩父の牛乳を使った美味しい手作りジェラートや、自家製ピザ・ホットドッグなどの軽食がいただけます。それでは、癒され感が半端ないカフェ「ジェラテリアHANA」をご紹介しましょう。

秩父の隠れ家「ジェラテリアHANA」へのアクセスは車が便利

秩父の隠れ家「ジェラテリアHANA」へのアクセスは車が便利

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「ジェラテリアHANA」は、関越自動車道「花園インターチェンジ」から25km程の定峰峠に位置し、国道140号線経由、県道11号を東秩父方面へ向かう途中にあります。緑いっぱいの峠道に突如現れるカフェは、外に置いてあるインテリアや看板からも、オーナーのセンスの良さを感じさせられます。
西武鉄道「西武秩父駅」や秩父鉄道「秩父駅」からでも、バス+徒歩で行くことが出来ますが、バスの数もあまり多くないので車やバイクがオススメです。

マイナスイオンたっぷりなテラス席

マイナスイオンたっぷりなテラス席

写真:Benisei Rinka

地図を見る

店内に入ると、テーブル席の他に、外の景色を眺められるカウンター席、靴を脱いでリラックスできる小上がり席があり、その奥にあるテラス席へと繋がっています。店内は扇風機の風が心地よく、ゆっくりと流れる時を実感し「なんかすごく贅沢だなぁ〜」なんて呟いてしまいたくなるくらい癒される場所。店内からでも十分すぎるくらい素敵な景色を楽しめますが、旅の開放感をより一層味わいたいなら、是非テラス席へ…。

毎日手作り!お店自慢のジェラートは必食!

毎日手作り!お店自慢のジェラートは必食!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

店名の「Gelateria(ジェラテリア)」とは、イタリア語でジェラート専門店のこと。こちらのジェラートは、牛乳本来の味を生かすために優しく殺菌した秩父の牛乳や、できるだけ地元産の旬の食材を使い、マスターが毎日手作りしています。メニューはほぼ日替わりで、フレンチバニラやチョコレート、蕎麦の実、プラムシャーベット、チョコミント、河越抹茶、ブルーベリーヨーグルト、ココナッツミルク等々、常時10〜12種類ほどありますので、店内のメニューボードで確認してくださいね。

つめた〜く冷やされたグラスに盛られ、店名が刻印されたオリジナルの木製スプーンと共に運ばれてきた、上の写真のジェラートは「蕎麦の実」。口の中に入れるとほんのりと香ばしく、ジェラートに練り込まれた蕎麦の実は、小さく砕かれたライスパフのようにコリコリサクサクしていて、本当に美味しい!

「休憩」ではなく「食事」で訪れるべきカフェ

「休憩」ではなく「食事」で訪れるべきカフェ

写真:Benisei Rinka

地図を見る

こちらでは、マスター手作りのピザやホットドッグをいただくことができます。ピザは、直径17センチメートルくらいで少し小ぶりに見えますが、実際食べてみると外はカリカリ、中はモチモチで結構ボリューミー。マルゲリータやミックスピザ、きのことソーセージの他に、辛い物好きな人にオススメの「ハラペーニョとチョリソーソーセージの辛いピザ」、秩父地方で昔から栽培している伝統野菜の「しゃくし菜」を使ったピザなどもあります。

ピザやホットドッグは単品でも注文できますが、お得なセットメニューがオススメ!コールスローとピザ(orホットドッグ)、ジェラート、ドリンクがついて990円です。カフェというと、ドリンクだけで500円前後するお店も多いのに、全部セットでこのお値段はとってもお得ですよ。そして、セットについてくるコールスローは、野菜の美味しさを感じられる優しい味で、メインに劣らないくらい美味しいんです。

ドリンクにもこだわっていて、珈琲は注文ごとに新鮮な豆を挽き、ハンドドリップで抽出しているため、とても香り豊か。紅茶も、マスターが惚れ込んで使用を決めた、東京吉祥寺に本店を構える紅茶専門店「カレルチャペック」のものを使用しています。

四季それぞれの景色が楽しみになるロケーション

四季それぞれの景色が楽しみになるロケーション

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ジェラテリアHANAは、定峰川の清流沿いにあるため、テラス席では川のせせらぎをBGMにお食事ができます。絶対に都会では味わえないマイナスイオンたっぷりなこの空間は、毎日の仕事や家事、育児などで疲れた心も体も癒してくれますよ。
上の写真は「夏」ですが、「この木々が紅く染まったら...」「ここに雪が降ったら...」と想像するだけで、ワクワクしますね。春夏秋冬いつ訪れてもそれぞれ違った景色を楽しめるので、何度も足を運んで、お気に入りの景色を見つけてみてはいかがでしょうか。

旅の目的地になれる秩父の隠れ家カフェ「ジェラテリアHANA」

ジェラテリアHANAは、自然に囲まれた贅沢すぎるロケーションや美味しい料理、お店自慢のジェラート、マスターの穏やかな人柄など、全てにおいて最高でとても居心地がいい空間。

カフェというと旅行のオマケになりがちですが、「秩父に行くから、あのカフェにも行こう」ではなく、「ジェラテリアHANAに行きたいから、秩父に行こう」と思わせてくれるくらい素敵な場所です。また、マスターの奥様が経営する「イニミニマニモ雑貨店」が併設されており、北欧雑貨や服飾雑貨、キッチン雑貨、手作り作家さんの作品、そして、カフェで提供している「カレルチャペック」の紅茶やグッズなど、とてもセンスの良い商品が並んでいるので、そちらも覗いてみてくださいね。

都心から車で約100分!次の休日は、秩父「ジェラテリアHANA」で、疲れた自分をリセットしに行こう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -