台湾でグアバのおいしさ新発見!ジューススタンド「芭楽芭」が大人気♪

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾でグアバのおいしさ新発見!ジューススタンド「芭楽芭」が大人気♪

台湾でグアバのおいしさ新発見!ジューススタンド「芭楽芭」が大人気♪

更新日:2016/10/04 15:23

吉川 なおのプロフィール写真 吉川 なお 台湾在住ライター、元旅行会社勤務の旅行マニア

丸くてゴツゴツした黄緑色のトロピカルフルーツ、グアバ。日本ではあまり見かけない果物ですが、台湾ではとってもポピュラーなフルーツです。

見た目は地味ですが、ビタミンCを多く含むなど実は栄養価も高い優れもの。台湾ではこのグアバを専門に扱うジューススタンド「芭楽芭 Guava juice」がブームになっています。

知ってるけど食べたことがないという方も、グアバのおいしさを知る絶好の機会です!

グアバブーム到来!

グアバブーム到来!

写真:吉川 なお

地図を見る

ありそうでなかったグアバジュースの専門店「芭楽芭 Guava juice」。2016年4月に1号店が桃園市に誕生し、以来、台湾全土で順調に店舗を増やしています。

グアバ中心のジューススタンドは台湾でも初めてで、メディアで紹介されて認知度も上々。一度飲んでその味にはまるリピーターも多く、着々とファンが増えています。

グアバって意外とすごいんです!

グアバって意外とすごいんです!

写真:吉川 なお

地図を見る

日本人にはあまりなじみがないグアバは、世界に160種以上の品種がある熱帯性の植物で、和名はバンシロウ、沖縄ではバンシルー、台湾では芭楽(バーラ)と呼ばれています。大きさは3〜10cm、丸や卵、洋梨形で、果肉の色も赤やピンク、白、黄など品種によってさまざまです。熟した果肉はそのまま食べられ、ジュースやお茶、ジャムやゼリーなどにも加工されています。

見かけは地味ですが、栄養価は高く、新陳代謝を促すビタミンA、B、Cやカルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルなどが豊富に含まれています。ビタミンAには抗酸化作用があるベータカロテンが多く含まれているので、肌をつやつやに保つ効果があり、美白効果のあるビタミンCはレモンの約6倍も含まれています。また便秘を解消する食物繊維も多いので、消化を助けて腸をきれいにし、満腹感も促してダイエットにも効果があるとか。

こんないいことだらけの栄養フルーツを歩きながら摂取できるなら、飲まなきゃ損しちゃいますね。

完熟グアバのおいしさを凝縮♪

完熟グアバのおいしさを凝縮♪

写真:吉川 なお

地図を見る

気になる「芭楽芭」のメニューは全9種類。看板の特製グアバジュースは『芭楽芭(55元=約180円)』で、台中産のグアバを使用し、皮と同じ黄緑色をしています。果肉を食べたときよりも濃い味で、ややとろみがあり、完熟グアバが持つ天然のおいしさをギュッと濃縮した芳醇な口当たりです。

もちろん人工甘味料などの添加物は使用されておらず、入っているのは台湾産の高級砂糖のみ。他のドリンクスタンドのように甘さや氷の調整は行わず、糖度も細かく砕かれた氷の比率もすべて計算済で、氷が溶けたあとも味は変わりません。

初めて飲んだ人もそうでない人も、グアバってこんなにおいしかったんだと感動すること間違いなしです!

彩り鮮やかなミックスジュース

彩り鮮やかなミックスジュース

写真:吉川 なお

地図を見る

この『芭楽芭』以外にも飲んでみたくなるジュースが並んでいます。『舒果香橙(70元=約230円)』は果汁100パーセントのオレンジジュースで、一口飲むとオレンジの芳しい香りと甘みが口の中に広がります。

新発売の『洛神水晶(80元=約260円)』は台湾でよく飲まれる洛神花茶とラズベリーとレモンをブレンドしたもの。日本にはない洛神花茶は抗菌、抗酸化作用があるポリフェノールを多く含んだ赤い色の花茶のひとつで、甘酸っぱい味がレモンの酸っぱさと相まってすっきりした風味になっています。

グアバジュースと果肉を混ぜ合わせたミックスジュースは全5種類。『橙香芭楽(70元)』はオレンジ、『芭楽kiwi(80元)』はキウイフルーツ、『芭楽紅龍果(70元)』はドラゴンフルーツ、『芭楽鮮百粒(70元)』はパッションフルーツ、『芭洛克(65元=約210円)』はラズベリーとレモンのミックスで、よくぞ組み合わせたと思えるものも。

見た目もインパクト大で、グアバの黄緑色とそれぞれの果汁の色がきれいな2層になっていてとってもカラフルです。それぞれが組み合わさるとどんな味になるのか興味もそそられ、全部飲んでみたくなります。

人気はグアバ+ドラゴンフルーツ『芭楽紅龍果』

人気はグアバ+ドラゴンフルーツ『芭楽紅龍果』

写真:吉川 なお

地図を見る

店員さんに伺ったところ、メニューの中で最もオーダ一されるのは『芭楽紅龍果』とのこと。日本ではほとんど見かけないドラゴンフルーツは緑色の突起があるピンク色のサボテン科の果実で、果皮が龍のウロコに似ていることからこう呼ばれています。果肉は白または赤で、ゴマ粒のような黒い種がびっしり入っています。

ネーミング通り、色も姿も異様ですが、グアバと同じようにビタミン類の他にカリウム、マグネシウム、鉄などのミネラル類と食物繊維などが豊富に含まれています。味は意外と淡白で、単体で食べると酸味もなくあっさりしているのですが、グアバと混ぜるとなんともまろやかな優しい味に!果物として苦手であっても、このマイルドな味はきっと気にいるはずです。

そして何よりも印象的なのがその色!黄緑色とピンクの2層でとっても色鮮やか。ボトルを振るとショッキングピンク一色になります。

グアバのおいしさをテイクアウト♪

これらの自慢のジュースは全て「芭楽芭」のオリジナルボトルに入れられて渡されます。環境に配慮して容器割引があり、次回購入時にこのボトルを持っていくと10元、自前のボトルを持参すると2元割引してもらえます。ちょっと細身のキュートなボトルは帰国後も使え、旅の記念にもなります。

時間があまりない旅行者でも気軽に利用できるジューススタンド「芭楽芭」。栄養分まるごと100%、おいしいグアバジュースを是非お持ち帰りあれ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -