渥美半島の完熟メロンにメロメロ!全国屈指の産地で「メロン狩り」体験

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

渥美半島の完熟メロンにメロメロ!全国屈指の産地で「メロン狩り」体験

渥美半島の完熟メロンにメロメロ!全国屈指の産地で「メロン狩り」体験

更新日:2016/09/15 16:26

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 旅行ブロガー

愛知県の渥美半島は、全国屈指のマスクメロンの産地。濃厚な甘みと美しくきめ細かい網目模様が特徴です。産地ならではのお楽しみは、なんといっても「メロン狩り」。完熟メロンを豪快に食べ、実っている様子を見ることができる貴重な機会!半島各所の農園で、4月下旬〜10月中旬に体験できます。
豊かな自然に恵まれ、特に「伊良湖岬」や「恋路ヶ浜」は全国的にも有名!メロン狩りと併せて旅のコースとしてお薦めです。

「メロン狩り」ができる農園は5ヶ所!楽しみ方はいろいろあり

「メロン狩り」ができる農園は5ヶ所!楽しみ方はいろいろあり

写真:波奈 美月

地図を見る

渥美半島(田原市)で「メロン狩り」を楽しめる農園は現在5ヶ所。「日研農園」・「ニュー渥美観光」・「シーサイドファーム伊良湖」・「マルカ農園観光部」・「たべりん王国」になります。
どの農園も共通しているのが「メロン狩り+カットメロン」のコース。カットメロンは「1/2・1/4・食べ放題」のいずれかを選べます。メロン狩りで収穫したメロンはお土産用。それとは別に、店で熟した甘いメロンを食べることができるんです。

メロン狩りをしなくても、渥美半島のメロンの楽しみ方はいろいろ!「渥美観光マルタケ園」では「収穫済みのお土産用メロン+1/2カットメロン+スイカ1切」のコースがありますし、サッと味見だけしたいのなら「道の駅 あかばねロコステーション」内の「フルーツパラダイス」(マルカ農園経営)で、休憩がてらカットメロンを食べることができます。

「ニュー渥美観光」と「渥美観光マルタケ園」以外の農園は、伊良湖岬に向かってまっすぐ伸びる国道42号(表浜街道)沿いにあります。すぐにわかりますよ。

感動の体験!マスクメロンはこう実る

感動の体験!マスクメロンはこう実る

写真:波奈 美月

地図を見る

今回訪れたのは「マルカ農園」。「道の駅 あかばねロコステーション」や「赤羽根漁港」の近くにあります。

どの農園でも「メロン狩り」の流れはほぼ同じ。来店したらまずコースを選び、受付と会計を済ませます。順番としては「メロン狩り」をしてから、メロンを食べることに。所要時間は、ビニールハウスへの送迎時間も含め、60分くらいでしょう。

受付後、「メロン狩り」をするビニールハウスまで車で送ってもらえます。(農園によりマイカー移動の場合もあります)
おいしいメロンの選び方や収穫の仕方が分からなくても大丈夫!ちゃんと説明してもらえます。その後、ハサミを貸してもらい、いよいよビニールハウスの中へ突入!

メロンはツルを立体的に仕立て、綺麗な実になるように、1個1個ヘタに紐をつけて上から吊るしてあります。1本の苗に実がたくさんついても1個しか残しません。それを大事に育てるので、おいしさの成分がギュッとその実に凝縮!なんとも贅沢で手間のかかる果物なんです。

果物の王様として知られるマスクメロン。でも、実っているところを見たことがある人は少ないのでは?きっと感動の体験になりますよ。

いよいよ収穫!おいしいメロンの見極め方

いよいよ収穫!おいしいメロンの見極め方

写真:波奈 美月

地図を見る

「メロン狩り」で収穫できるメロンはただ1玉。慎重に見極める必要があります。
おいしいメロンは、網目が細かくてムラがなく、丸みがきれいで重さがあるもの。葉の黄ばみ・枯れは、熟している証です。どうしても迷ってしまいますが、それがまたメロン狩りの楽しいところ!

収穫は、メロンの実から伸びているツルの両側を、実の幅に合わせてハサミで切ります。そうすると、よく見かけるT字のつるが付いたメロンの形になります。メロンの実を吊ってある紐はすぐ取れるので、あとから農家のかたが使えるように切らないようにしましょう。

収穫したメロンは持ち帰りやすいように、取手のついた箱に入れてくれます。食べ頃も教えてもらえますよ。残念ながらその場では食べられず、収穫から一週間程度待つ必要があります。常温で置くことでさらに熟成されるので、食べる直前まで冷蔵庫に入れないようにしましょう。メロンの底を指でおさえて、少し柔らかくなったら食べ頃です。

完熟メロンを豪快に!ジューシーな完熟メロンにメロメロ

完熟メロンを豪快に!ジューシーな完熟メロンにメロメロ

写真:波奈 美月

地図を見る

店に戻ったら、いよいよ最大のお楽しみタイム!甘くてジューシーなメロンを食べることができます。

一番人気は「メロン狩り+食べ放題」コース。豪快に大きなトレーでたくさんのカットメロンが並べられて出てきます。時間制限(30〜40分)がありますが、トレーごとお代わりし放題!思いっきりお腹を空かせて挑戦しましょう。

果物の王様であるマスクメロンを思い切りたくさん、リーズナブルに食べることができるのは産地だからこそ。完熟でみずみずしいうえ、ほどよく冷やされているので、特に暑い季節には体に染み入るようで、いくらでも食べられそう!

お腹の空き具合や予算に合わせて、「メロン狩り+1/2カット」や「メロン狩り+1/4カット」コースも選べるのもうれしいところ。

メロンには健康と美容に良い多くの効能があります。豊富に含まれているカリウムは、高血圧・むくみの改善・腎臓病などを予防、β-カロチンはガンの予防や老化を遅らせ若さを保ってくれるとのこと。疲労回復にも役立つので、夏バテを乗り切るのに最適です。

見どころの多い渥美半島!「メロン狩り」と併せていかが?

見どころの多い渥美半島!「メロン狩り」と併せていかが?

写真:波奈 美月

地図を見る

渥美半島は温暖で自然に恵まれ、見どころの多い所。
特に、「伊良湖岬(いらごみさき)」や「日の出石門(ひいのせきもん)」、写真の「恋路ヶ浜」には、全国から観光客が訪れます。漁業も盛んで、特に「大あさり」は有名。伊良湖岬周辺では年間を通して「焼き大あさり」が食べられます。

太平洋側の「片浜十三里」と呼ばれる砂浜は、伊良湖岬にほど近い日出の石門から浜名湖の今切れ口まで約52km(十三里)も続き、その長大さは圧巻!、サーフィンが盛んな太平洋ロングビーチはその一部です。反対の三河湾側は波の静かな所で、潮干狩りや海水浴が楽しめます。

さらに、菜の花の名所でもあり、毎年1月から3月末まで「菜の花まつり」が開催され、特にメイン会場の「伊良湖菜の花ガーデン」は一見の価値あり!「いちご狩り」も盛んで、12月上旬から5月下旬頃、12ヶ所の農園で営業します。

一年中楽しめる渥美半島。「メロン狩り」の時期にも併せて行きたくなる所がいっぱい!家族旅行に、デートにお薦めです。

渥美半島での「メロン狩り」、できる機会を逃さないで!

「メロン狩り」は、いずれの農園も予約が必要です。実は、予約をしていなくても、その日の状況やコースにより、受け入れてくれる場合がけっこうあります。あきらめずに連絡してみましょう。
営業期間・コースの詳細は農園によって違い、料金も時期により変動します。ご訪問の前に下記のMEMO「渥美半島観光ビューロー 渥美半島だより」のリンクより、各農園のホームページにアクセスして確認されることをお薦めします。

農園の売店では、産地ならではのお買い得価格で、マスクメロンをはじめ、イエローキング・プリンスメロンなどの各種のメロンや農産物を購入できます。
でも最大のお土産は、持ち帰ったメロンが熟すのを待つワクワク感かも。家に帰ってもこれほどお楽しみが続くのは「メロン狩り」ならばこそですね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ