こんな町並みが岡山県に!全てが赤褐色「吹屋ふるさと村」

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

こんな町並みが岡山県に!全てが赤褐色「吹屋ふるさと村」

こんな町並みが岡山県に!全てが赤褐色「吹屋ふるさと村」

更新日:2016/08/13 19:26

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

通りに並ぶ建物の屋根と外壁が赤褐色の町並み。それが岡山県高梁市成羽町の吹屋にある「吹屋ふるさと村」です。江戸時代中期に幕領地となり吹屋は銅山の町として発展。その後、顔料としてのベンガラで日本唯一の巨大な生産地となりました。

「吹屋ふるさと村」は、昭和49年に岡山県「ふるさと村」として認定された中の一つ。到着し、山間の視界が開けると突然見えるその色は衝撃的です。

吹屋の歴史

吹屋の歴史

写真:大里 康正

地図を見る

吹屋銅山の歴史は大同2年(807年)の開坑と伝えられています。本格的な坑道の歴史は大坂泉屋(住友財閥の前身)によって天和元年(1681年)に始まり、明治期に三菱財閥の岩崎家までの長い間、続きました。銅山で働く人たちは最盛期で、1200人もいたとされています。

「吹屋ふるさと村」を楽しむ

「吹屋ふるさと村」を楽しむ

写真:大里 康正

地図を見る

標高550メートルに位置する「吹屋ふるさと村」は、1.5キロメートルの通りを挟んで古い建物が並ぶ集落です。ほとんどの建物の屋根は石州瓦であり、外壁の赤褐色はベンガラです。

「吹屋ふるさと村」は入場料がありません。1.5キロメートルの観光通りの両端に広い無料の駐車場があり、一般車両はそちらに駐車します。観光通りの中央に一本ある通りを走るのはローカルバスのみ。静かな道を歩き、両側の赤褐色の美しさを楽しむことが出来るのです。

ベンガラとは

ベンガラとは

写真:大里 康正

地図を見る

ベンガラとは「弁柄」と書きます。語源はオランダ語のBengalaから来ているとされます。また、江戸時代にはインドのベンガル地方から顔料として輸入していたことから、ベンガルがなまってベンガラとなったという説もあります。

幕末から明治期にかけて、鉱山から取れる硫化鉄鉱石を使って、ベンガラ(酸化第二鉄)は生産されました。これは、捨てられた石から偶然発見されたものと言われています。

ベンガラの生産で財を成した人たちは、自分の家を豪華にしたいと考えました。その中で吹屋の特長は、それぞれの人が独自に家を豪華にするのではなく、集落として美観の統一を図ったことなのです。皆で相談の上、島根県の宮大工を招いて町並みを考えて建築をしたことにより、現代でも美しく、しかも極めて独自な景観として残されることになったのです。

天然のベンガラは高級品であり、高値で取引されるようになりました。顔料として様々なものに使われており、磁器・漆器だけではなく、船舶の塗装や建物の外壁にも使われてきました。現代では主に染物の顔料として、そして石灯篭にも使われ、毎年9月に行われる吹屋ふるさと村のイベント「ベンガラ灯り」で、通りを彩っています。

お土産と職人

お土産と職人

写真:大里 康正

地図を見る

通りの美しさを楽しみながら、お土産店を覗いてみましょう。そこで様々なものを手にすることが出来ます。染料として直接ベンガラを購入することも可能です。衣類、和紙等を染めたものが多くあり、和の美しさが感じられるはずです。ベンガラ染の特長は色あせが少ないこと。長く使い続けることが出来るのです。

また、通りを歩いているとベンガラ染めをしている「職人」に出合えるかも知れません。遠藤裕志さんはベンガラ染めに魅せられ、鳥取県から移住してきて作品を作り続けています。染物について色々と教えてくれますので、見かけたら気軽に話しかけてみて下さい。観光通りのほぼ中央、麻田百貨店の辺りです。

高台から見下ろす

高台から見下ろす

写真:大里 康正

地図を見る

藤森食堂前の細い道をクランク状に曲がってさらに進むと、山神社に出ます。狛犬の間を通り、石段を上がってみましょう。そこから町並みを見下ろすことが出来ます。石州瓦の屋根が見える高台もまた、美しい景観と言えます。町を見下ろしながら、長い歴史を感じてみて下さい。

最後に

いかがでしたか?単に古い町並みではなく、赤褐色の独特の世界観は一度見たら忘れられないはずです。これを機会に岡山県高梁市「吹屋ふるさと村」に、足を運んでみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ