アラブの伝統的な朝食&文化を楽しむ。ドバイバスタキヤ歴史地区の「オリエントゲストハウス」

| アラブ首長国連邦

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アラブの伝統的な朝食&文化を楽しむ。ドバイバスタキヤ歴史地区の「オリエントゲストハウス」

アラブの伝統的な朝食&文化を楽しむ。ドバイバスタキヤ歴史地区の「オリエントゲストハウス」

更新日:2018/07/26 12:07

牟田 彩乃のプロフィール写真 牟田 彩乃 元国際線CA、ロンドン在住菓子研究家

石油が発見される前は漁業や真珠の輸出を主な産業としていた小さな港町だったドバイ。昔の美しい伝統的なアラブの景観が残された歴史地区「バスタキア」エリアは豪華なドバイとは異なる魅力に溢れています!貴重な体験の出来るアラブの民家を改装した11室だけの「オリエントゲストハウス」の魅力をご紹介します。

古きよき時代のアラブへタイムスリップ!

古きよき時代のアラブへタイムスリップ!

写真:牟田 彩乃

地図を見る

高層タワーが立ち並ぶドバイからバスタキア地区に足を踏み入れると、ゆったりと時間が流れタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。ドバイは1966年に石油が発見されて以降急速な発展をとげましたが、昔のドバイの産業は漁業や真珠採取でした。その頃のドバイの伝統的な民家の特徴はウインドウタワー(自然の風を取り入れるような設計構造)や砂壁。その昔ながらの建築の伝統的な民家を改装して作られたのが「オリエントゲストハウス」です。

昔の人々の暮らしを知るためにはホテルから徒歩15分のドバイ博物館(Dubai Museum)がおすすめです!1799年に建設されたドバイ最古の建造物「砦」が首長の居城や弾薬庫、刑務所などを経て1971年に博物館としてオープンしました。実際に使われていた家屋やダウ船などが展示されており、昔の人々の暮らしぶりがよくわかりますよ。入場料は大人3ディラハム(約85円)。開館時間は時期によって変更になることもありますので記事下部「関連MEMO」のリンクにあるHPで確認してくださいね。

飲酒はマナーを守って楽しもう!

飲酒はマナーを守って楽しもう!

写真:牟田 彩乃

地図を見る

アラブのお宅にお邪魔したかのような客室は十分な広さがあり快適に過ごす事ができます。ドアの前は広々とした中庭となっているので自宅のお庭のように寛ぐことができます。昔のアラブの民家に泊まる事ができるなんてなかなか出来ない貴重な体験ですね!ベビーベット等の用意はありませんが小さなお子様の宿泊は可能です。

お食事はアラブのお味をカジュアルに楽しんでみるのはいかがでしょうか。バスタキア地区に多数あるアラビック料理のお店でシュワルマ(アラブ風サンドイッチ)をテイクアウトしていただくのも良いですし、ラクダバーガーを試してみたい方は人気の「Local House Restaurant」がおすすめです。

外国人観光客の多い大型ホテルと違い、イスラム教の国のゲストハウスですのでアルコールのサービスはありません。外国人がお部屋に持ち込んで楽しむ分には問題ありませんが、人目につく場所での飲酒は禁止されていますので注意しましょう。常識の範囲内で楽しんでくださいね。

アメニティーも充実。

アメニティーも充実。

写真:牟田 彩乃

地図を見る

客室内のバスルームにはバスタブも設置されています。ソープ、シャンプー等のアメニティーは系列のアラビアンコートヤードホテルのものが備えられており、ドライヤーなども用意されていますよ。お湯はドバイでは一般的なタンク式となっており、一度に使える量は限られますので、シャワーは手早く済ませましょう!

伝統的なアラブの朝食にワクワク!

伝統的なアラブの朝食にワクワク!

写真:牟田 彩乃

地図を見る

このゲストハウスの楽しみのひとつは中庭でいただく伝統的なアラブの朝食!お豆の煮込みは玉葱、トマト、オリーブオイルが入りさっぱりとして食べやすいです。右奥に見えるのはアラブの代表的な「ハルミチーズ」。牛と山羊と羊のミルクで作られたチーズは少しキシキシという歯ごたえがあります。中央はLABNEH「ラブナ」と言われる濃厚なクリームチーズのようなもの。左は塩味が強い「フェタチーズ」。ドバイではサラダに入れたりしてよく食べられるチーズです。質素ですが貴重な体験ができて満足な朝食です!

また、バスタキア地区にあるシェイクモハメド文化センターSMCCU(
Sheikh Mohammed Center of Cultural Understanding)のアラブの食事体験「Cultual Meals」はとても人気です。食事は朝10時から朝食(80ディラハム)、午後1時からランチ(90ディラハム)、夜7時からディナー(100ディラハム)。これらは記事下部の「関連MEMO」にある公式サイトから予約することができます。簡単な日本語案内もありますので是非ご覧になってみてくださいね。他エリアから参加される方は旅行会社のオプショナルツアーにも送迎付きのものがありますので利用してみてはいかがでしょうか。他では出来ない貴重な体験ができること間違いありません!

思いがけない発見に心躍る街!

思いがけない発見に心躍る街!

写真:牟田 彩乃

地図を見る

オリエントゲストハウスのあるバスタキヤ地区の見どころは、美しい景観の中にアラブ諸国の民芸品が並ぶお店やアーティスト達が集まるカフェやショップなど素敵なお店がひっそりと佇んでいることです。静かな街ですが細い路地を散策してみると思いがけない素敵な場所を見つけることができるのもこの地区の魅力!

ドバイ在住マダムも遠くからやってくるお洒落な「VXAギャラリーホテル&カフェ」ではヴェジタリアンフードを。人気の「アラビアンティーハウス」ではフレッシュなミントを使ったミントティーやミント&レモンジュースがおすすめです。アラビア語のカリグラフィーやスパイスショップもありますので、お土産やドバイ旅行の思い出の品もきっとみつかることでしょう!

ドバイの歴史地区に泊まる贅沢!「オリエントゲストハウス」で貴重な体験を

アラブの伝統的な街並みが残る「バスタキア」地区。昔の民家を改装した貴重な宿泊施設「オリエントゲストハウス」はいかがでしたか?徒歩15分程度の場所にはアラブの民族衣装や布製品が集まるテキスタイルスークもあります。水上タクシー「アブラ」の船着き場もすぐですのでそこからドバイクリークを渡りゴールドスーク、スパイススークにも簡単に行く事が出来ます。豪華なホテルだけではない貴重なドバイを是非体験してみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/11/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -