アルプスの山々を映す湖と運河の町「アヌシー」花々が溢れる様はまるで“仏のヴェニス”

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アルプスの山々を映す湖と運河の町「アヌシー」花々が溢れる様はまるで“仏のヴェニス”

アルプスの山々を映す湖と運河の町「アヌシー」花々が溢れる様はまるで“仏のヴェニス”

更新日:2016/08/15 17:39

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

フランス東部、アヌシー湖の北西湖岸のアヌシーは、フランス人も憬れる、アルプス麓の町です。スイス国境に近いだけあって、町並みも自然風景もどことなくスイス風。旧市街は、赤い屋根が連なり、色鮮やかな花々が溢れる可愛らしい町並みが続きます。また、ヨーロッパで最も透明度が高い湖として知られるアヌシー湖にはアルプスの山々が映り、湖から流れ出る運河沿いでは花が彩りを添え、「フランスのヴェニス」とも呼ばれます。

スイス国境に近いフランスの町アヌシーの美しい運河沿い

スイス国境に近いフランスの町アヌシーの美しい運河沿い

写真:Hiroko Oji

地図を見る

スイスのジュネーブから列車で2時間半、バスなら1時間10分ほどの距離にあるフランスのアヌシー(Annecy)は、フランスというよりスイス風の町並みが広がり、アルプスの山並みを背景にする自然の風景が美しい湖畔の町です。元々ジュネーヴの領地の一部であったアヌシーが、1401年にサヴォイア家の所有となり、フランス革命後、ジュネーヴがフランス領に編入されるという複雑な歴史を持っています。1860年再びフランス領に編入され、現在はローヌ・アルプ地域圏の都市で、オート・サヴォワ県の県庁所在地となっています。

旧市街は、「フランスのヴェニス」ともいわれるほど、所々に橋が架かる運河沿いには、色鮮やかな花々が飾られ、華やかな散策路が続きます。石畳の路地の両側には、赤い屋根が連なる美しい木造や石造りの家屋が建ち並び、カフェ・レストランやショップが入り、観光客の人気を集めています。

運河の中州に浮かぶ宮殿は、旧牢獄

運河の中州に浮かぶ宮殿は、旧牢獄

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アヌシー湖から流れ出た、旧市街を貫くティウー運河(Canal du Thiou)へ続く川の中州に浮かぶのは宮殿。かつては牢獄や裁判所として使用されていたことがあり、現在は歴史博物館となっています。

石造りの博物館内では、昔の田園に囲まれた町の模型や昔の台所・トイレなど見ることができ、窓からは狭い路地や運河沿いに建ち並ぶ建物が見下ろせます。入場料は、アヌシー城とセットになったものを購入すると、わずかですがお得になります。

ヨーロッパで最も透明度が高い湖「アヌシー湖」

ヨーロッパで最も透明度が高い湖「アヌシー湖」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アヌシーの鉄道駅から徒歩10分ほどで、インフォメーションの入る建物が面するリベラシオン広場に出ます。広場の前に広がるのは、開放的な緑溢れるシャン・ド・マルスという公園で、その奥にアヌシー湖がひかえています。シャン・ド・マルスの南にヨーロッパ公園が広がり、その間を繋いでいるのが「愛の橋(Pont des Amours)」!運河沿いの並木道から、アルプスの山を背景に愛の橋を眺めるのは、絵のように美しい一コマです。

アヌシー湖は、ヨーロッパで最も透明度が高い湖として人気があり、お花が咲き乱れる湖畔沿いを、のんびりと散策するのがお勧めです。底まで見通せるほど澄み切った湖に、アルプスの山々が映る眺めはいつまで見ていても飽きることはありません。

アヌシー湖畔に点在する村々を巡る遊覧船

アヌシー湖畔に点在する村々を巡る遊覧船

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アヌシー湖の水の輝きをタップリ楽しむには、湖畔に点在する小さな村々を巡る遊覧船に乗るのがお薦めです。

フランスとスイスの国旗を掲げた遊覧船は、ヨーロッパ公園の川を隔てた南側から出ます。湖畔に点在する村々を眺めながらタロワール(Talloires)まで行き、周遊してアヌシーまで戻ってくるコースは、最高の眺めを保証してくれます。湖上でボートやヨットを楽しむ人たち、湖畔沿いの緑の中に紛れるお花で溢れた家々や古城の姿、湖畔で海水浴ならぬ湖水浴を楽しむ人々、地殻変動で盛り上がった山のさらに背後に控えるアルプスの山々の眺め、さらには、上空で空中散歩する色とりどりの数え切れないほどのパラグライダーたち。飽きることなくクルーズを楽しめます。

折り返し点のタロワールは、裕福な人達がヴァカンスをゆったりと過ごす高級リゾート地。お花で溢れた風光明媚な、静かな滞在ができる町です。画家のセザンヌが「美しくはあるが、あまりにも絵画的過ぎて退屈」と感じたということですが、彼の作品「アヌシー湖」は、セザンヌの最も美しい作品の一つです。この作品に描かれているデュアン城は、タロワールの対岸にある木立の中に建つ素敵なお城です。遊覧船で近くまで寄ってくれますので、シャッターチャンスを逃さないでくださいね。

眺望抜群!アヌシー城から見える旧市街と湖とアルプスの山

眺望抜群!アヌシー城から見える旧市街と湖とアルプスの山

写真:Hiroko Oji

地図を見る

旧市街から石畳の坂道を上って行って、高台のアヌシー城へ行ってみましょう。アヌシー城はジュネーヴ伯が建てたもので、現在、内部は先史時代からの遺物やサヴォワ地方の風俗など、歴史、自然、建築、芸術などを幅広く扱う博物館として一般に公開されています。展示内容もさることながら、城内の窓や庭園からは、旧市街の町並みをはじめ、湖と山並みが一望できるのも嬉しいところです。

バスでも訪れられますが、アヌシー湖の遊覧船で湖畔の各村へお出かけ

タロワールをはじめ、アヌシーから周辺の村々への訪問は、鉄道駅前のバスターミナルから出るバスが早くて便利で、安い料金で可能です。しかし、何より眺めを楽しみたいなら、やはり遊覧船がお薦め!本文でご紹介したのは、タロワールまで行って戻ってくるという、湖の3分の2を周遊するコースの船ですが、湖畔の各村の船着き場へ寄りながら湖全体を周ってくるコースの遊覧船もあります。関連MEMOにリンクしておきますので、どうぞご利用くださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/07/26−2009/07/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -