佐賀「武雄神社」武雄の大楠と夫婦杉で縁結びと開運UP!

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

佐賀「武雄神社」武雄の大楠と夫婦杉で縁結びと開運UP!

佐賀「武雄神社」武雄の大楠と夫婦杉で縁結びと開運UP!

更新日:2018/09/27 10:29

菊原 朝香のプロフィール写真 菊原 朝香 モデル、美肌温泉家、食べ歩きトラベラー、歴女

パワースポット密集地帯、九州。並みいる強豪パワースポットがひしめくその中でも、佐賀「武雄神社」は日本屈指!全国的にほぼ無名なのに、パワーのすごさは日本最大級な「武雄神社」の、「武雄の大楠」と「夫婦杉」の2つのご神木を中心に、そのパワーの源をお教えしましょう!

オーラもパワーもあふれんばかりの武雄神社の御神木「武雄の大楠」

オーラもパワーもあふれんばかりの武雄神社の御神木「武雄の大楠」

写真:菊原 朝香

地図を見る

武雄神社のパワーの源は、御神木にあります。
その筆頭は、主祭神の武内宿禰が宿っていると言い伝えられている「武雄の大楠」。この大楠は、御船山のさらに奥深い御神域に静かにたたずんでいます。その神々しさと荘厳さにはただただ圧倒。そこだけ空気が違うのです。この大楠には龍神様も宿っていると言い伝えられていますが、「神様はここにいる」ストンとそう素直に感じられる存在感と空気です。根元には天神様(菅原道真公)も祀られています。

筆者は大学時代日本史を専攻していたこともあり、これまで様々な日本中の寺社仏閣、パワースポットといわれる場所を訪れてきましたが、この武雄の大楠から感じるパワーは日本最大級といっていい。そう断言できます。この大楠よりも樹齢が古い巨樹や大きい巨樹も参拝してきましたが、この大楠は別格。その周り一帯が、人間がおいそれと踏み入ってはならない清浄な場所「御神域」。そしてそこに悠然とそびえる大楠は、御神域に守られてそのパワーをたくわえているのでしょう。大楠からだけではなく、御神域全体からパワーを感じます。

そしてその巨大さと言ったら!根元まわりは26m、高さ27m。根元の空洞の広さは12畳ほどもあります。高さ27mと言ったらなんと地上9階分!しかも高さと根元まわりが1mしか違いません。どれだけ根元が太いのかわかりますよね。それもそのはずこの大楠はなんと推定樹齢3000年、全国第7位(2016年8月現在)の日本指折りの巨樹。まさに武雄神社を全国有数のパワースポットたらしめる存在なのです。

武雄神社もうひとつの御神木「夫婦杉」

武雄神社もうひとつの御神木「夫婦杉」

写真:菊原 朝香

地図を見る

武雄神社を最強パワースポットたらしめるもうひとつの御神木。それは寄り添って立つ2本の御神木「夫婦杉」。もう二柱の御祭神、仲哀天皇と神功皇后夫婦のパワーで2本のスギの根が結びつき、さらに上の枝がつなぎ合ったといわれています。夫婦円満や縁結びの霊験あらたかと評判です。

後述するオススメお守りの「宝来守」の中にはお守り袋と宝来鈴が入っています。宝来鈴は3種類あって、赤い紐は「良縁・恋愛成就」、黄が「商売繁盛・金運アップ」、白が「心願成就」。授与所で受けた自分の願いに合った色の鈴を、夫婦杉の鈴緒に結び付け、願いを込めて鳴らしましょう。そして二礼二拍手一礼を。

佐賀県最強パワースポット「武雄神社」はその由来もすごい!

佐賀県最強パワースポット「武雄神社」はその由来もすごい!

写真:菊原 朝香

地図を見る

パワースポット「武雄神社」は「武内宿禰(たけのうちのすくね)」を主祭神として、全部で五祭神。武内宿禰は超長寿の神様であり、武運長久や開運、厄除けにもご利益があるというマルチな神様です。

武雄神社は御祭神の神功皇后の三韓征伐直後に起こったといわれています。三韓征伐は諸説あり、西暦200年代とも300年代ともいわれていますが、どちらにしてもどれだけ武雄神社が古くからあるのかがうかがえますよね。また佐賀県最古(951年)の文書など国の重要文化財に指定されている古文書を218通も所有しています。源頼朝や伏見天皇からの書状など貴重な史料がたくさんあり、その由緒正しさと社格の高さを裏付けています。

武雄神社のパワーを最大限いただく参拝のコツとオススメお守りとは?

武雄神社のパワーを最大限いただく参拝のコツとオススメお守りとは?

提供元:武雄神社(佐賀県武雄市)

http://takeo-jinjya.jp/地図を見る

最強パワースポット「武雄神社」の神様からパワーをいただくにはちゃんと正しく参拝しましょう。神様のおうちに勝手におじゃまするのですから、失礼のないようにしなくてはいけませんよね。まずは三の鳥居(武雄市指定重要文化財)の前で一礼のあと、そのそばにある一ノ手水舎にて心身を洗い浄めてから本殿を参拝。そして、いざ御神木である武雄の大楠へ。その前に、もみじ通りの入り口にある二ノ手水舎で改めて心身の穢れを落とすことを忘れずに。

お守りや御朱印は、大楠を参拝したあとに社務所・授与所で。オススメしたいお守りは、「大楠守」と「宝来守」。特に縁結び・金運アップ・心願成就を願う方は「宝来守」を受けるべし!また御朱印には大楠を参拝した人限定のものがあるんですよ。見開きでとても立派なその御朱印は、黄綬褒章受章の現代の名工・小林はんや氏(武雄市在住)が監修。ただし普通の御朱印よりも手が込んでいて少し時間を要するので、この御朱印を受ける方は時間に余裕をもったスケジュールを組みましょう。

そして最後に夫婦杉へお参りに行くのが一番失礼がなく効率よく参拝できるコツです。御朱印をお願いした方は、その後に社務所・授与所へ受け取りに戻ればちょうどいいタイミングですよ。また参拝の時間ですが、絶対に早朝をオススメします。社務所・授与所も朝6時から開いています。誰もいない境内に満ちた清々しさと澄んだ空気をぜひ体いっぱいに感じてください。そしてまばゆい朝日を浴びて新鮮な気をいっぱいに蓄えた大楠からパワーをたくさんもらってくださいね。

さあ佐賀県最強パワースポット「武雄神社」に行こう!

さあ佐賀県最強パワースポット「武雄神社」に行こう!

提供元:武雄神社(佐賀県武雄市)

http://takeo-jinjya.jp/地図を見る

武雄神社はJR佐世保線の武雄温泉駅から徒歩25分、武雄温泉街からは徒歩15分ほど。ちょっと歩きますが、散歩がてらにちょうどいい距離です。すぐ目の前には駐車場もあるので、車で来ることもできますよ。

2016年は武雄市市制施行10周年ということで、その記念事業として7月15日(金)〜9月25日(日)まで「武雄のあかり展」が開催されています。武雄神社の荘厳な雰囲気をさらに幻想的に演出するこのライトアップイベントは、2016年から5年間にわたって毎年行われる予定。1200年の歴史を持つ県内最古の祭事「歩射祭」、神無月の10月に行われる例祭の流鏑馬など四季折々でいろいろな神事もみどころです。また周辺には武雄温泉、戦国時代末期から続く武雄焼の窯元、名物の武雄バーガーなど、絶対に見逃せないスポットが満載。

もしかして武雄市そのものがパワースポット?

いかがでしたか?知られざる最強パワースポット「武雄神社」。
実は武雄市には武雄の大楠の以外に全国有数の大楠が2本もあるんです。それは、国指定天然記念物「川古の大楠」と武雄市指定天然記念物「塚崎の大楠」(落雷により現在は幹のみ)。武雄の大楠と合わせて「武雄の三大楠」と呼ばれています。いずれも樹齢2000〜3000年と推定されており、環境省とその関連団体のデータベースによると、なんと川古は全国第5位、塚崎は県内第3位(いずれも2016年8月現在)。

それほど広くない佐賀県内、それも武雄市だけで記録的な巨樹が3本もあるのは驚きですよね。九州は比較的樹齢の古い巨樹が多いのですが、1つの市で3本もあるのはとても珍しいこと。そう考えると、もしかしたら武雄市そのものがパワースポットなのかもしれません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -