鎌倉観光は朝活がおすすめ!早起きしてやりたいこと5選

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鎌倉観光は朝活がおすすめ!早起きしてやりたいこと5選

鎌倉観光は朝活がおすすめ!早起きしてやりたいこと5選

更新日:2016/08/18 14:07

S.Kのプロフィール写真 S.K 旅ブロガー

日本を代表する観光地である鎌倉は、いつも多くの人で賑わっていますが、人混みを避けて街歩きを楽しみたければ、早朝からの始動がおすすめです。
朝の鎌倉は、その空気感や表情が日中とは異なり、海と山に囲まれた自然の中で、穏やかな湘南の海風が心地よく、きっと素敵な朝の時間を過ごせるでしょう。
早起きした分だけ得した!と感じられる朝活スタイルを、鎌倉観光に取り入れてみてはいかがでしょうか?

小町通りの隠れ家カフェで朝食を

小町通りの隠れ家カフェで朝食を

写真:S.K

地図を見る

朝活の鎌倉観光、まずは朝食を堪能して欲しい!ということで、鎌倉でおすすめのモーニングをご紹介しましょう。

鎌倉随一のショッピング&グルメスポットとして人気の小町通りをはじめとする観光エリアは、朝早くから開いているお店が、実は意外と少ないのです。
そんな中、小町通りから脇道へ、少々奥まった場所にある「ZELKOVA(ゼルコバ)」は、朝7:30からオープンしているカフェ。賑わう小町通り近くにひっそり佇む、緑に囲まれた鎌倉らしい静かで素敵な空間です。天気が良ければ、テラス席がおすすめ。モーニングのセットはどれも600〜700円で、オシャレな朝食が楽しめますよ。観光客よりも地元の常連さんが多いそうで、平日だと出勤前のサラリーマンや、犬の散歩途中に立ち寄るマダムなど、鎌倉に住む人々の様子も垣間見られます。

鎌倉野菜の売り場「レンバイ」へ

鎌倉野菜の売り場「レンバイ」へ

写真:S.K

地図を見る

農家の方たちが直接、鎌倉野菜を販売する「鎌倉市農協連即売所」、通称「レンバイ」。テレビや雑誌などでも取り上げられる機会が増え、最近は「レンバイ」という言葉も浸透しつつあります。ヨーロッパのマルシェをヒントに始まったという即売所ですが、「市場」という言葉のほうがしっくり雰囲気。
午前8:00頃にオープンし、だいたい日没頃まで営業していますが、どんどん野菜は売れてなくなってしまいます。新鮮な鎌倉野菜を吟味して買いたいなら、朝早めに行くのがおすすめ。

また、朝のレンバイには、鎌倉野菜を提供する地元レストランのシェフたちが、その日に使う食材を求めて大勢集まっています。スーパーでは見かけないような変わった野菜もたくさんあるので、買って自分で調理するのはちょっと・・・という時は、買い物中のシェフに声をかけて、鎌倉野菜を使った料理を食べさせてください!と、お店を尋ねてみるのも手ですね。

静寂な朝のお寺で写経

静寂な朝のお寺で写経

写真:S.K

地図を見る

朝の静かなお寺で、写経をしてみませんか?

鎌倉の長谷寺では、朝9時から毎日、写経ができます。(写経用紙:1,000円)事前の予約は不要、道具等もすべて用意されているので、初心者でも気軽に始めることができます。

長谷寺内には、立派なお庭のある書院があります。携帯やスマートフォンの電源を切って席につき、墨を擦りながら呼吸を整えたら、無心で書写をします。一般的な「般若心経」の写経なら、かかる時間は約1時間半程度。筆と墨での書写に自信がない人のために、筆ペンも用意されています。

自分の呼吸と書写することだけに集中し、無心で筆を走らせます。
写経を終える頃には、ごちゃごちゃしていた頭がスッキリし、とてもリラックスできていることに気づくと思いますよ。朝のほんの数時間だけでも、日々のストレスや忙しさから解放され、心の安らぎを得てみてはいかがでしょうか。

長谷寺の開門は朝8:00。朝の時間帯はまだ入山者も少なく静かですので、写経の前に境内を歩くのもおすすめです。

穏やかな朝の海辺を散歩

穏やかな朝の海辺を散歩

写真:S.K

地図を見る

鎌倉には、由比ヶ浜・材木座海岸・七里ヶ浜など、人気の海岸がありますが、早朝のお散歩は最高に気持ちが良いです。
早朝、出勤前にサーフィンを楽しむ地元サーファーや、江ノ電を使って通学する地元の学生たちなど、湘南・鎌倉ならではの朝の風景にも出会えると思います。

また、海岸沿いには七里ヶ浜の人気店「bills」のように、朝7:00からオープンしているようなカフェもありますので、散歩の前後に立ち寄って、海を見ながら朝食をとるのもいいですね。

混雑する神社・お寺は朝一で!

混雑する神社・お寺は朝一で!

写真:S.K

地図を見る

鎌倉観光では、神社・お寺をいくつか周られる方が多いと思います。計画をたてる際、観光バスが乗り入れるような大きな神社やお寺は、日中はとにかく混雑しますので、朝一で訪れることをおすすめします。

多くの神社・お寺は、拝観時間が9:00頃からに設定されていますが、中には朝早くから参拝が可能なところもあります。
例えば、鎌倉駅近くの鶴岡八幡宮は、なんと5:00から拝観可能。(10月〜3月は6:00開門)

写真は、鶴岡八幡宮の参道、二の鳥居から鶴岡八幡宮への歩道である「段葛(だんかずら)」。改修工事を終えて、2016年3月にリニューアルしましたが、この段葛も日中は多くの参拝客で賑わう通りですので、こんな風に誰も歩いていない段葛の写真を撮れるのも、早朝に限ります。

夜より朝が楽しい鎌倉

鎌倉は、観光地のわりに夜が早く、夜更かしして遊ぶようなスポットが少ないです。
その代わりに、朝はちょっと早起きをして、気持ち良いことしてみませんか?
湘南エリアに宿泊した翌日や、夜行バス等で早朝に到着した場合など、鎌倉で朝活!
よかったら参考にしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/18−2016/08/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -