星空ツアーも満喫できる南信州最大の温泉郷「昼神温泉」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

星空ツアーも満喫できる南信州最大の温泉郷「昼神温泉」

星空ツアーも満喫できる南信州最大の温泉郷「昼神温泉」

更新日:2016/08/30 15:31

安藤 小冬のプロフィール写真 安藤 小冬

山と山に挟まれて阿智川を中心に広がる昼神温泉は、春には美しい花の咲く桃源郷。本州のなかでも美しい星空が見られるということで人気上昇中。この昼神温泉のある長野県阿智村は、長野県の南、岐阜県との県境にあり妻籠宿からも近い静かな村。戦国時代に武田信玄が京に向かう途中で亡くなった地でも知られています。神話にもでてくる山村に温泉が発見されたのは開発途中の昭和の時代。そして平成に星空の魅力も新たに加わった。

星空ツアーの舞台、ヘブンスそのはらへは、ゴンドラで楽々移動

星空ツアーの舞台、ヘブンスそのはらへは、ゴンドラで楽々移動

写真:安藤 小冬

地図を見る

昼神温泉がある長野県阿智村は、環境省が実施していた星空継続観測で平成18年度夏期に全国一位に躍り出たことで有名になった。周囲が山に囲まれ、街の灯も少ないことも星空観察の条件としてはいい。

星空ナイトツアーが開催されるのは、冬場はこどもたちに大人気のハローキティが訪れるゲレンデとして有名なヘブンスそのはら。春から秋までは、星空ツアーの本拠地となります。標高1400mから直接、星空観察できることに関心が集まっています。

ツアー期間中は、標高差600mをゴンドラを利用して、15分で頂上まで移動ができます。大きなゴンドラには、ケージに入れてペット同伴OK。(詳細は、富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらまで)

ゴンドラを囲む辺りは漆黒の暗闇で、その中を駆け抜けるスピードが半端ない。暗闇だからスピードを通常よりも早く感じるせい?ゴンドラが動きだすと、静寂な夜空に悲鳴にも似た歓声があがります。星空観測後にゴンドラに乗り込むと、最初よりも余裕で目の前に広がる夜空を眺められ、ゴンドラの中からも星空を楽しめます。

昼神温泉からの星空ツアーに参加すると、山麓駅まで楽々送迎つき

昼神温泉からの星空ツアーに参加すると、山麓駅まで楽々送迎つき

写真:安藤 小冬

地図を見る

上りのゴンドラが、山麓駅から出発するのは、18:30〜19:30。下りの最終は、20:15。イベント時は、2部制になり上り20:45〜21:45、下りの最終が22:30と時間枠が拡大されます。

夜間の山道を運転しなくても、昼神温泉から星空ツアーに参加すると、ミニバスでゴンドラの山麓駅まで送迎してもらえます。また昼神温泉の石苔亭いしだでは、宿泊者でツアー参加者に地面に敷くシートやブランケットまで無料で提供しています。山頂は夏でも気温が20度ほどなので羽織るものを忘れずに。軽めのスリーピングバックも重宝します。

ツアーに参加するとなると、早めの夕食をとることになります。星空ツアーに参加される場合は、時間の余裕をもってチェックインなども早めにして、宿でのんびりくつろげる時間を確保しておくことも大切なポイント。

山頂駅でゴンドラから降りると銘々好きなところに場所を確保できます。空いていればどこでも大丈夫。どこでも星空の特等席なのが嬉しい。時間になると消灯されるので、早めに準備を整えましょう。

大地に寝転がるという機会は、そうそうないもの。友達や家族と一緒に、満天の星が見えても見えなくても一緒に星を追いかけて空を見上げる経験は、一生の思い出になること間違いなし。

夜でもオープン。星にちなんだお土産や、土地の名産物もスター・ステーションで

夜でもオープン。星にちなんだお土産や、土地の名産物もスター・ステーションで

写真:安藤 小冬

地図を見る

星空ツアーの期間中は、山頂で星のお兄さんの楽しい星のガイドがあるので、星空観測初心者には心強い助っ人。星座に少し詳しくなれます。他にもミッドナイトツアーなどたくさんの特別イベントが企画されているので、HPは要チェック。

さて、頂上で星空を楽しんだあとは、山麓駅のすぐお隣、スター・ステーションで一休み。星にちなんだお土産や、信州の特産物が買えます。嬉しいことにツアーにあわせて夜もオープンしています。

またキティちゃんが目印のヘブンスそのはらの山麓駅。フォトスポットも用意されているので、記念撮影には抑えたいですね。

星空率は、2016年8月の時点で67.6%

天空の楽園と言っても、天候など諸事情により星空が見えない残念な夜もあります。一般的に地平線よりも山のほうが星は観測しやすいのですが、山の天気は変わりやすいというのも事実。一晩のうちに星空は、その表情がどんどん変わっていきます。

星をみるなら、空が暗くなる新月前後。そして、快晴が見込まれる雲の少ない日。それでもお月さまが傾いて、山に隠れたときとか、雲がお月さまを遮ったときなどは星が美しく輝きだします。ある程度の運も必要。

満天の星の輝きよりも、星の少ない夜に一粒の流れ星を見つけた時のほうが感動が大きいこともあります。そして、この長野県阿智村は一年中、何度でも足を運びたくなるほど自然が豊か。次のチャンスを狙うというのもあり。また秋には雲海ツアーも開催されます。

残念ながらゴンドラにのるチャンスがないという人も、夜中に空を見上げてみて。都会では見られない星空を山間にみつけることができる可能性はとても高いです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/14−2016/07/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -