都心から好アクセス!千葉南房総「仁右衛門島」には魅力がいっぱい

都心から好アクセス!千葉南房総「仁右衛門島」には魅力がいっぱい

更新日:2020/11/06 13:08

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー
千葉県指定名勝の「仁右衛門島」は、新日本百景の地に選ばれた風光明媚な景勝地。手漕ぎの渡し船で島に渡れば、綺麗な海でシュノーケリングや磯遊びが楽しめます。

水の透明度も高く、県内にある他の海水浴場に比べて混雑していることも少ないため、ちょっとした穴場感が味わえますよ。喧噪から離れ、ゆっくりと海を楽しみたいという人におすすめのスポットです。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

船に乗り込みいざ島内へ!

船に乗り込みいざ島内へ!

写真:Nami Kita

地図を見る

仁右衛門島への渡し船が発着する渡船場があるのは、JR内房線太海駅より徒歩12分の風情溢れる漁師町。島へは渡し舟が唯一の交通手段となります。都内からでもアクアラインを通過し2時間弱でアクセスすることができるので、日帰りでも十分に楽しめますよ!

渡船場からは、およそ5分の船旅で島に到着。島をぐるりと取り囲む岩場では、ハゼやヤドカリの他、運が良ければ大きなワタリガニやタコなどの姿を見ることが出来ます。

絶好の磯遊びスポット

絶好の磯遊びスポット

写真:Nami Kita

地図を見る

波の浸食によって造られた無数のタイドプール内では、小さな子供も安心して海水浴を楽しむことができます。入り組んだ地形の島内は、珍しい動植物に出会うチャンスがいっぱい!

ただし、海の生物を観察した後は自然に還すことを忘れずに。ウニやアワビ、サザエなどの許可ない採取は禁止されています。岩場は滑りやすいところもあるので水中用ソックスや地下足袋などを持参するのがオススメですよ。

仁右衛門島はゴツゴツとした岩場が多い場所ですが、渡船場から徒歩圏内には黒砂のビーチ「太海海岸」もありますよ。アットホームな民宿が立ち並び、居心地のよい滞在を提供してくれています。

島内散策に出かけよう!

島内散策に出かけよう!

写真:Nami Kita

地図を見る

3万平方メートル程の島内には探検したくなるようなスポットが沢山。ゆっくり歩いても30〜40分で巡ることができてしまうので、ビーチサンダルで気軽に島内散策に出かけましょう。

日蓮聖人ゆかりの場所や、源頼朝が姿を隠したと言われている洞穴は必ず立ち寄りたいスポット。松尾芭蕉をはじめとした歌人による歌碑も数多く建てられています。

仁右衛門島の名前の由来は、島主の「平野仁右衛門」によるものですが、住居の敷地内を見学できるのも面白いポイント。宝永元年に建て直されたと言われる建物には、南天や桑など珍しい木材が沢山使用されています。島でのリアルな生活を見学することができるので、是非立ち寄ってみてくださいね!

手ぶらでフィッシング!「太海フラワー磯釣りセンター」

手ぶらでフィッシング!「太海フラワー磯釣りセンター」

提供元:鴨川観光プラットフォーム

https://kamotabi.jp/news/detail/19地図を見る

島内では磯遊びや釣りを楽しむことができますが、手ぶらで気軽に釣りに挑戦したいのであれば、対岸の渡船場より徒歩5分ほどのところにある「太海フラワー磯釣りセンター」がおすすめ!

海を眺める開放的なロケーションで、ビギナーや子供でも気軽に釣りに親しむことができます。(釣った魚の持ち帰りはできません。)貸し竿は一式で1,000円(エサ付き)と大変リーズナブル。大人数にて利用の場合、貸し切り対応も可能なのでグループでの旅行や懇親会にもぴったりですね!

営業時間:9:30 〜16:00(最終受付 15:00)

仁右衛門島の基本情報

住所:千葉県鴨川市太海浜445
アクセス:JR内房線太海駅より渡船場まで徒歩約12分
電話番号:04-7092-3456

観覧料金(往復の渡船料含):大人1,350円 中学生1,050円
5歳〜小学生950円

営業時間:午前8時半から午後5時まで
※気象条件によって渡舟が運行できないときは休業となります。

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/11−2016/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -