玉子焼き、焼き鳥、団子!栃木「太平山」で必食の名物グルメ

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

玉子焼き、焼き鳥、団子!栃木「太平山」で必食の名物グルメ

玉子焼き、焼き鳥、団子!栃木「太平山」で必食の名物グルメ

更新日:2016/08/16 12:24

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター

桜、紫陽花、紅葉など四季折々の景色を楽しませてくれる、栃木県・太平山。「太平山自然公園」のメインとなる名山であり、謙信平や太平山神社などの名所もあることから、年間をとおして多くの方が訪れる山です。
そんな太平山には“三大名物”と古くから親しまれている食べ物があります。そこで今回は、太平山に訪れたら外せない、必食の名物グルメをご紹介します。

かならず食べたい! 太平山の三大名物「玉子焼き・焼き鳥・お団子」

かならず食べたい! 太平山の三大名物「玉子焼き・焼き鳥・お団子」

写真:大宮 つる

地図を見る

栃木県栃木市にある「太平山」に遊びに行ったら、ぜひとも味わいたいグルメ……それは“玉子焼き・焼き鳥・お団子”の三大名物です。ところで、「どうしてこれらが三大名物なの?」と思ってしまいますよね。これらが名物となった理由は、以下のとおりです。

その昔、夜鳴きをするニワトリは災難を招く不吉な動物とされており、太平山に奉納する慣習があったとのこと。ニワトリの卵から玉子焼きを作り、肉を焼き鳥にして功徳したことがキッカケとなり、当地域の名物に。お団子については、太平山に鎮座する「太平山神社」へ五穀豊穣を祈願するためにお米を奉納しており、そのお米からお団子が作られ、名物になったといいます。

太平山の山頂付近には10軒ほどの茶屋があります。“三大名物”は各店の共通メニューとなっており、どのお店に行っても三大名物を食すことができます。ちなみに、玉子焼きは各店独自の味付け。太平山に何度も訪れて、お好みの玉子焼きを探してみるのも楽しみの一つになるかもしれません。

三大名物と合わせて食べたい、手打ちの蕎麦

三大名物と合わせて食べたい、手打ちの蕎麦

写真:大宮 つる

地図を見る

三大名物のほか、手打ちの“蕎麦”を味わえる茶屋もあります。美味しい蕎麦屋さんは全国各地にありますが、栃木県もまた例外ではありません。太平山の地でしか味わえないお蕎麦を、謙信平の絶景とともに堪能してみてください。

栃木県民のソウルフード「ちたけそば」が食べられる茶屋も

栃木県民のソウルフード「ちたけそば」が食べられる茶屋も

写真:大宮 つる

地図を見る

太平山山頂付近に10軒ほどの茶屋があるなかで、栃木県民のソウルフードとして知られる「ちたけそば」を提供している店舗も。

“ちたけ”とは、“乳茸”と書き、割くと牛乳のような白い液体が出てくるキノコ。これが香り高いだしの素となり、その香りはマツタケを想起させるとか……。なかなか採れず、マツタケ並みの値段になっているとも言われる、とても希少価値の高いキノコです。

そのキノコを山菜、ネギなどと油で炒めて、つけ汁に。そのつけ汁でそばをいただきます。栃木でしか味わえない郷土食です。訪れた茶屋のお食事メニューのなかに、ちたけそばを見かけたらオーダーしてみては?
※写真は「もみじ庵」のちたけそば。

太平山神社の境内にも茶屋が2軒。かき氷もオススメ

太平山神社の境内にも茶屋が2軒。かき氷もオススメ

写真:大宮 つる

地図を見る

茶屋は「謙信平展望台」付近に集中していますが、「太平山神社」の境内にも2軒お店(山田家、亀家)があります。そちらの茶屋では、三大名物や蕎麦の通常メニューのほか、かき氷やソフトクリームもメニューに。

太平山神社に辿り着くまでに、暑い日には汗をかき、かなり体力を消費します。水分補給に、火照った体を冷やすために、“かき氷”オススメですよ! 展望台となっているため、栃木市内の眺望を見渡しながら、いただくことができます。
※写真は、「山田家」の“さっぱり氷うめ”。

謙信平、太平山神社とともに、太平山グルメも堪能しよう!

以上、栃木県・太平山の名物グルメをご紹介しました。太平山に訪れたら、謙信平の絶景、太平山神社の参拝を満喫するとともに、“太平山の三大名物”を味わってみてくださいね。お昼の時間を考慮しつつ、太平山散策のプランを立ててみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -