宮沢賢治も愛した昔ながらの湯治宿!花巻・大沢温泉「湯治屋」

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

宮沢賢治も愛した昔ながらの湯治宿!花巻・大沢温泉「湯治屋」

宮沢賢治も愛した昔ながらの湯治宿!花巻・大沢温泉「湯治屋」

更新日:2016/09/09 13:38

まえだ えみりのプロフィール写真 まえだ えみり

宮沢賢治ゆかりの地・岩手県花巻市にある「大沢温泉」は、7つの湯、3つの湯宿からなる温泉地です。「山水閣」「菊水館」「湯治屋」という3つの宿の中でも、特におすすめしたいのが、大沢温泉名物の混浴露天風呂「大沢の湯」がある「湯治屋」。賢治も愛した昔ながらの湯治宿で、自然美に心癒されながら、古き良き時代にタイムスリップしてみませんか?

大沢温泉は3つの湯宿、7ヶ所の温泉が楽しめる、湯めぐりの里です。

大沢温泉は3つの湯宿、7ヶ所の温泉が楽しめる、湯めぐりの里です。

写真:まえだ えみり

地図を見る

大沢温泉には「山水閣」「菊水館」「湯治屋」という、洗練された近代的旅館から、歴史が感じられる風雅な時代宿まで3つの湯宿が共存しており、その時々の過ごしたいスタイルに合わせて寛ぎをもてなしてくれる、まさに旅の揺りかごのような存在。ときに静かに、そしてときには賑やかに、目的や好みに合わせた滞在スタイルを選択することができます。

なかでも「湯治屋」は宮沢賢治ゆかりの宿とも言われており、湯治を目的に長期滞在できる温泉療養の場。源泉掛け流しのお風呂が三つもあるのはこの「湯治屋」だけなんですよ。

お風呂には、混浴露天風呂の「大沢温泉」、女性専用露天風呂の「かわべの湯」、半露天風呂の「豊沢の湯」、大浴場の「山水の湯」(内湯、露天風呂)、貸切家族風呂、木造風呂の「南部の湯」、大浴場の「薬師の湯」などがあります。宿に滞在しながら温泉三昧の日々を心ゆくまで楽しむことができますよ。

大沢温泉といえば、豊沢川を眺めながら入浴できるこの大沢の湯!!

大沢温泉といえば、豊沢川を眺めながら入浴できるこの大沢の湯!!

写真:まえだ えみり

地図を見る

まず紹介したいのは、なんと言っても大沢温泉の名物である混浴露天風呂「大沢の湯」!目の前には豊沢川が流れ周りは木々に囲まれ、向かい側の萱ぶき造りの菊水館がより温泉風景の情緒を醸し出しています。開放感あふれる大沢の湯でゆっくりくつろぎながら、ココロも身体を癒されること間違いなしです。

入浴時間は5時〜24時30分。そして女性でも気兼ねなく混浴風呂を楽しめるように、「女性専用時間」があるのはとても嬉しいですよね。「女性タイム」は毎日20時〜21時!!夕食後には、ぜひゆっくりと名物の大沢の湯を堪能してみてください。

こちらのお風呂は入浴の際に、タオルを巻いたまま入ることが出来るので安心です。また脱衣所も男性用は露天風呂と面したところにあるので手軽に利用することができます。また、女性用は露天風呂の直ぐ横にきちんと仕切られた個室の脱衣所があるので、こちらで準備をすることができるのも嬉しいですね。開放感あふれる大沢温泉名物、混浴露天風呂「大沢の湯」をぜひ堪能してみてください!

しかし、女性の中にはどうしても混浴は・・と抵抗があるという方もいると思います。そんな方には女性専用露天風呂の「かわべの湯」がオススメ!!こちらも豊沢川のせせらぎを目の前に感じながらの入浴が可能。コンパクトな作りながらもゆっくりと寛ぐことができます。清々しい1日の始まりに、朝日を浴びながらの入浴なんていかがでしょうか。

宮沢賢治ゆかりの自炊部「湯治屋」で、古き良き時代の素朴な湯の社交場へようこそ!

宮沢賢治ゆかりの自炊部「湯治屋」で、古き良き時代の素朴な湯の社交場へようこそ!

写真:まえだ えみり

地図を見る

200年以上前の建物は、扉を開ければそこはまさに別世界!!レトロな館内は、使い込まれた木肌の艶によく似合う時代道具に囲まれ、古き良き時代にタイムスリップした気分です。宮沢賢治や高村光太郎もこよなく愛したとされるこの湯治屋で、素朴な湯そのものの良さを感じることができます。

「自炊部」は素泊まりが基本となっており、湯治を目的に長期滞在する温泉施設なんです。共同の施設で炊事場などから構成されており、温泉療養の施設になっています。少人数から滞在のできる客室に、グループ、同好会、気の合った仲間と滞在できる大広間まで幅広い客室が用意されています。館内の至る所から四季折々の景色を眺めることができ、豊沢川の流れを身近に感じられる穏やかな時が、日々の忙しさを忘れさせてくれるはずです。

自炊部の楽しみはまだまだ奥深い!!

自炊部の楽しみはまだまだ奥深い!!

写真:まえだ えみり

地図を見る

何と言ってもこの写真の昔ながらのコイン式のガス台!!見たことはありますか?
基本的に素泊まりの湯治屋には自炊場があり、自分好みに自炊を楽しむことができますよ。炊事に必要な食器・調理器具などはしっかり揃っているのも嬉しいポイントですよね。茶碗などのお皿各種、箸やスプーン・フォークなどすべて用意され、もちろん調理器具もザルやボール、鍋にフライパン、包丁までをも貸してもらえます。あとは、食材を用意して持っていくだけで大丈夫。これだけ用意してもらえるのは助かりますね。

また食材などを買い忘れた時でも、館内に元祖コンビニとも言える売店があり日用雑貨からお土産品、納豆・豆腐・野菜からソフトドリンク・牛乳・お酒・調味料まで取り揃っているので全く問題ありません。しかもお肉・お魚類は、前日午前中までに申込めば取寄せまでしてくれます。嬉しいサービスが充実しています。

だからと言って、もちろん自炊をしなければいけないわけではありませんよ。自炊をしない方にはちゃんと「お食事処 やはぎ」があるので安心してください。こちらで食事をすることができます。

まとめ

7つの湯、3つの湯宿からなる大沢温泉で、古き良き時代にタイムスリップしてみませんか?個性あふれる様々な源泉かけ流しの温泉を心ゆくまで満喫できること間違いなしです。ぜひあなた好みの滞在スタイルを楽しんでみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/03−2016/08/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -