コスパ最強!リニューアルした「ホテル ゴルフ(プラハ)」は口コミで絶賛の嵐

| チェコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

コスパ最強!リニューアルした「ホテル ゴルフ(プラハ)」は口コミで絶賛の嵐

コスパ最強!リニューアルした「ホテル ゴルフ(プラハ)」は口コミで絶賛の嵐

更新日:2018/07/26 10:50

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

今やチェコの首都プラハは季節を問わず、定番観光地のひとつとなりました。市街地には新規オープンするホテルも増えましたが、これらは外資系で、相対的に高級ホテル。古くからある地元ホテルも次々に変貌する中、「ホテル ゴルフ」は群を抜く生まれ変わりを果たしました。人気観光地プラハの物価が上昇する中、料金の安さに大注目です!

新生ホテル ゴルフは4つ星ホテル

新生ホテル ゴルフは4つ星ホテル

写真:小谷 雅緒

地図を見る

Hotel Golf、名称から想像できるように、ホテル裏にはゴルフ場があります。しかし、ゴルフ客をターゲットにしたホテルではありません。隣接しているだけで、ホテルからゴルフ場へはダイレクトには行けません。

共産時代からこの地にあるホテル ゴルフは、かつては2つ星と3つ星のホテルでした。大型バスを止められる駐車場があるため、旧独を含む東欧諸国からの観光団体が主な宿泊客。2000年の前半までは21世紀になったにも関わらず、ソフトもハードも80年代のままでレトロと表現するにはあまりにも貧しい雰囲気でした。

それがどうでしょう!2015年にリニューアルしたゴルフは、モダンでスタイリッシュな4つ星ホテルに生まれ変わりました。リニューアルして間もないのに、すでに利用者の口コミは絶賛の嵐が連続しています。

なので、かつてのゴルフに泊まったことがある方も、これをお読みになり、生まれ変わったことを知っていただきたいです。

シンプルだけど十分な標準設備の部屋

シンプルだけど十分な標準設備の部屋

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ホテルはシンボルカラーを黄色と黒にし、全体的に装飾が少なく、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。部屋のタイプによりベッドサイズはさまざまですが、どの部屋も床でスーツケースを広げることができる、十分な広さを持っています。ソファベッドになりますが、トリプルルームも広さ十分。

テレビやミニバーなど4つ星ホテルとしての標準的な設備はもちろん、無料のWi-Fiもスピードは合格、そして湯沸かしポットがあることも評価のポイントです。すべての部屋において、バスルームはシャワーのみですが、トイレを含め広く、アメニティーやドライヤーもあります。

この条件で、ツイン朝食付きで1泊6000〜7000円程度から!シングルもツインも料金はあまり変わらないので、ツインの場合はかなりお得です。
*写真はスーペリア・ダブルルーム

種類豊富なバイキング式朝食に大満足

種類豊富なバイキング式朝食に大満足

写真:小谷 雅緒

地図を見る

このホテルは団体客の宿泊もあるので、タイミングが重なると朝食会場が混み合います。しかし、スタッフもてきぱきサービスに努め、料理はどんどん補充されます。

料理もパンも種類は極めて豊富で、連泊でも楽しめる内容です。特筆すべきは野菜が豊富なこと。加熱した野菜料理もありますが、季節を通して生野菜が提供されます。ヨーロッパでは4つ星と言えども、朝食の野菜はトマトとキュウリ程度が一般的ですが、ゴルフでは何種類もの生野菜とサラダが並びます。野菜不足になりがちな旅行中には、たいへんありがたいことですよね。
*宿泊料金には朝食が含まれます。

宿泊料金だけじゃない!コスパ最強と言えるその他のポイント

宿泊料金だけじゃない!コスパ最強と言えるその他のポイント

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ホテル ゴルフは駐車料金無料!プラハ市街地の駐車が1泊25ユーロ程度する中、ドライブ旅行者には大きなポイントです。しかも、市街地のホテルの駐車場が地下駐車場など、高さや幅に制限がある中、ゴルフの駐車場は平置きの青空駐車、バンも楽々止められます。

ホテル周辺にはレストランを含め、商業施設はありません。特に計画がなければ、ぜひホテル内で夕食はいかがでしょう?朝食会場とは別にある、メインダイニングのレストラン「19」は、オシャレな雰囲気。おいしいチェコの生ビールがあることはもちろん、チェコの伝統的な料理もそろっています。お店の雰囲気同様、盛り付けまでがモダンでオシャレ。ビアホールの料理のそれとは違います。そして、味はもちろんのことながら、価格が安い!まがりなりとも4つ星ホテルで、メインディッシュが800円前後から!!もう、遠出して食事に行くこともありません。

ちなみに、写真は定番料理のひとつ、「テンダーロイン・ポーク、ポテトグラタン添え、赤ワインソース」お値段ちょっぴり高めで約1200円。見た目以上にボリュームがあります。
*価格は2016年10月現在のレート

ロケーションが気にならないアクセスの良さ

ロケーションが気にならないアクセスの良さ

提供元:スタロプラメン、プラハ工場ビジターセンター

http://center.staropramen.com/?locale=en地図を見る

お察しの通り、ゴルフ場があるわけですから、ホテルは市街地から少々離れています。しかし、プラハは町全体が世界遺産で、見どころ範囲が広いことが特徴。旧市街である1区のホテルを別にすれば、公共交通の利用次第で、ロケーションはさほど問題になりません。

ホテル前にトラム停留所があり、便数も多く、乗れば10分足らずでスミーホフ地区Smichovに行け、あるいはトラムによってはダイレクトに中心部に行くこともできます。

ホテルからはスミーホフ地区が最も近い商業エリアです。ここにはスーパーも入居する大型ショッピングセンターをはじめ、地元民でにぎわっているエリアです。レストランも多数あり、有名どころではプラハのビールメーカー「スタロプラメンStaropramen」があります。ビジターセンターの他、併設のビアホールもおしゃれで評判が良いです。

また地下鉄アンデル駅Andelがあり、さまざまなエリアに行くことができる交通の要所となっています。
ホテルフロントでは公共交通のシングルチケットも24時間券も販売しています。
*写真はスタロプラメン、プラハ工場内にあるビジターセンターの試飲コーナー

お部屋チョイスの注意点

さて、ここまで絶賛してきましたが、あえて残念な点を言うとすれば、中身は変わっても、ホテルの建物自体は変わっていないこと。1枚目の写真で見られる地味〜なホテル外観からも、その様子は少し伝わると思います。建物は建て増しを繰り返して構成されているため、A棟B棟・・・と、内部が入り組んだ構造です。部屋番号の振り分け方もクセがあります。

また、ゴルフは別館のHotel Golf Depandanceも含まれます。公式サイトでは同じ扱いですが、各ホテル予約サイトでは別扱いの場合があります。本館も別館も、部屋の大きさや内容はほぼ同じです。ただ、Depandanceにはスタッフが常駐しておりません。フロント業務もレストランも、本館で対応となります。二つの建物は隣接してはいますが、 Depandanceから本館までは完全に外を1分弱移動する必要があります。雨の降る日や寒い日の朝食はちょっと面倒かも。その分、料金は本館よりリーズナブルです。

さあ、どれだけコスパに優れているのか、まずは料金をチェックしてみてください!売り切れ必須なので、早いもの勝ちですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/14−2016/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -