ランタンきらめく幻想的なベトナムの古都、ホイアンの夜がロマンティック過ぎる!

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ランタンきらめく幻想的なベトナムの古都、ホイアンの夜がロマンティック過ぎる!

ランタンきらめく幻想的なベトナムの古都、ホイアンの夜がロマンティック過ぎる!

更新日:2016/08/22 17:13

成田 ゆりのプロフィール写真 成田 ゆり 旅ブロガー

世界遺産登録の古都・ホイアンは東京から直行便が飛ぶベトナム中部の都市、ダナンの南30kmに位置しています。以前よりアクセスが良くなったものの、その多くがダナンからの日帰りツアーで日暮れ前にはホイアンを出発してしまいます。

しかし、ホイアンが本当に美しいのは街並みにランタンが灯る日没以降。街の各所がライトアップされ昼間とは違う幻想的な雰囲気を醸し出す、夜のホイアンの魅力をお伝えしましょう。

オシャレな古い町並みにランタンが灯り始める薄暮

オシャレな古い町並みにランタンが灯り始める薄暮

写真:成田 ゆり

地図を見る

「ホイアンの古い町並み」として旧市街地の歴史保存地区が1999年に世界遺産文化登録されたホイアンの魅力は、なんといってもどこか郷愁を感じさせる美しい町並みでしょう。古くから貿易港として栄え諸外国の影響を受けながら形成された町並みは、異国情緒たっぷりでとってもオシャレ。

しかも18世紀から続く木造建築の家々が今でもほとんど現役で使われているというのだから驚きです。商店やカフェ、ギャラリーとして美しくメンテナンスされ、中には築300年を超える民家も。

また、歴史保存地区には博物館や名所旧跡もあり、もちろん昼間に訪れてもホイアンの魅力を堪能することはできるでしょう。でもやはりお薦めなのは店先のランタンが輝き始める夕方以降。写真の黄色い壁にピンクにブーゲンビリアが咲くオシャレなレストランも、夕方から始まるハッピーアワーの真っ最中のようです。

ホイアンに日本橋!?

ホイアンに日本橋!?

写真:成田 ゆり

地図を見る

店先のランタンに灯りがともり始める頃、町の各所でも建物のライトアップが始まります。写真の美しくライトアップされている屋根付きの橋の名前は「日本橋(遠来橋)」ベトナムの2万ドン紙幣に印刷されるほどベトナム国内でも有名な橋です。

このホイアンは実は日本とも縁が深く、日本の戦国時代にあたる16世紀に貿易で日本からやってき人達がこの橋を建造したと言われています。また、ランタンの産地として有名なホイアンですが、このランタンは江戸時代に朱印船易品として日本の行灯(あんどん)がホイアンの人々に伝わったという説が有力。

はるか昔、遠い異国の地、ベトナム・ホイアンで暮らしていた日本人に思いを馳せながらこの日本橋を渡られてみてはいかがでしょうか?

幻想的な満月の夜「ランタン祭り」が狙い目

幻想的な満月の夜「ランタン祭り」が狙い目

写真:成田 ゆり

地図を見る

夜になると幻想的なランタンの灯りが町のあちこちで見られるホイアンですが、特にお薦めなのは毎月、満月の夜(旧暦の14日)19:00から21:30頃に開催される「ランタン祭り」です。

ランタン祭りの夜は家々や商店の電気が消され、町全体が幻想的なランタンの灯りで照らし出されます。ベトナムの伝統音楽が響き渡り、家の軒先にはお線香やお花、果物がお供えされている、月明かりに照らし出された古い町並みはまるで遠い昔にタイムスリップしたよう。

ランタン祭りの日は年によって変わるため、事前にチェックをされておくのが良いでしょう。また、ランタン祭りに合わせホイアンに宿泊する観光客も多いので、もしランタン祭り前後にホイアンに宿泊される場合は、早めのホテル手配をお薦めします。

風情あるトゥボン川の灯籠流し

風情あるトゥボン川の灯籠流し

写真:成田 ゆり

地図を見る

日が沈み辺りが暗くなる頃、ホイアンの町中を流れるトゥボン川には色とりどりの美しい灯籠が流れ始めます。灯籠の淡い光がゆらゆらと川面を流れていく様はなんともロマンティック。

川沿いにいる売り子から買う灯籠は、3個で約30,000ドン(180円)。また小舟に乗って船上から灯籠を流すこともでき、乗船料の相場はおおよそ80,000ドン(480円)前後です。灯籠も乗船も交渉で値段が変わるので、上手く交渉してみるとよいでしょう。赤いろうそくに火を灯し思いを込めた灯籠を漆黒のトゥボン川へそっと流してみませんか?

世界遺産に登録されたホイアンですが、歴史保存地区として対象となっているのは写真の右側にある旧市街です。旧市街に入るには入場料が必要で、2016年現在は120,000ドン(700円)かかりますが、このチケットを買うと前述の日本橋の他、主な観光名所(博物館、中華会館、旧家など)を見学する事が可能になります。

シードリングスで旧市街の夜景を眺めながらのディナーは格別

シードリングスで旧市街の夜景を眺めながらのディナーは格別

写真:成田 ゆり

地図を見る

ホイアンの町中にはセンスがよくてオシャレなカフェやレストランがたくさんあるので、散策がてらお気に入りのお店を探すのも楽しいですよ!旧市街にも有名なお店はたくさんありますが、お薦めはトゥボン川を渡った対岸にあるレストラン「シードリングス」です。

シードリングスはお手頃価格のベトナム料理レストランで、ホイアンの三大名物「カオラウ」「ホワイトローズ」「揚げワンタン」がいただけるのはもちろん、旧市街の対岸にあるため、2階のテラス席からはきらめく旧市街の町並みが一望できる素晴らしいロケーション。

そして、シードリングスの最大のポイントは、アジアを中心に展開する高級ホテルグループ「バンヤンツリーホテルズ&リゾーツ」が手掛けるお店だということ。しかしこの「シードリングス」はホテルの直営店ではなく、貧困や親の虐待などで充分な教育を受けることができない地元の若者に「職業訓練を通して自信をつけさせ、立派な社会人として育て上げる」というコンセプトの元オープンしたチャレンジレストランなのです。

一流ホテルの教育プログラムを受けながら、いつの日にか世界各国のホテルやレストランで活躍する夢を抱く若者達が働く「シードリングス」。彼らのきちんとした英語やホスピタリティ溢れる接客態度がお料理の味を更に引き立ててくれることでしょう。

郷愁誘う、ランタンきらめく幻想的な夜こそホイアン散策の時間

いかがでしたか?世界遺産に登録されたホイアンの町並みや名所観光はもちろん昼間でも楽しむことはできます。でも別名「ランタンタウン」と呼ばれるホイアンを散策するならお薦めはやはり夜。

色とりどりのランタンが美しい旧市街の散策や、トゥボン川の灯籠流し、ナイトマーケットでのお土産選びや、カフェやレストランでまったりすごす時間。昼間には味わえないロマンチックなホイアンの夜を満喫してみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -