絶対買うべき九州土産「がばいうまか」佐賀のお菓子5選!

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶対買うべき九州土産「がばいうまか」佐賀のお菓子5選!

絶対買うべき九州土産「がばいうまか」佐賀のお菓子5選!

更新日:2016/09/10 16:16

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

九州・佐賀県には、「がばいうまか」お菓子がたくさんあります。江戸時代、日本で唯一外国と交易があった長崎は、佐賀のお隣。異国の珍品は、佐賀をまたぐ長崎街道を通って、京都や江戸へと運ばれました。当時たいへん貴重だった砂糖もそのひとつ。街道は別名「シュガーロード」と呼ばれ、佐賀には美味しいスイーツが受け継がれているのです。佐賀銘菓は九州土産としても大人気。絶対買うべき佐賀県の名品を紹介いたします。

- PR -

北島のふわふわ焼き菓子「花ぼうろ」と「丸芳露(マルボーロ)」

北島のふわふわ焼き菓子「花ぼうろ」と「丸芳露(マルボーロ)」

写真:花村 桂子

地図を見る

「がばいうまか」とは、佐賀弁で「とてもおいしい」という意味。佐賀県で「がばいうまか」お菓子といえば、まずは「北島の丸芳露(マルボーロ)」小麦粉と鶏卵、砂糖をたっぷり使った焼き菓子で、ポルトガル伝来の南蛮菓子を元に、明治のはじめごろ、今の形ができたとか。さっくりふっくら、ほんのり甘い素朴な味は、コーヒーや紅茶とも合うけれど、やっぱり牛乳との相性が抜群です。

「花ぼうろ」は、バターの香り高いしっとり生地に、あんずジャムを挟んだ焼き菓子です。長崎・雲仙で見られる「花ぼうろ」と呼ばれる霧氷をイメージしたという生地は、ふっわふわで、びっくりするほど口溶けやわらか。ぜひ、丸芳露と食べ比べてみてくださいませ。

村岡屋「さが錦(にしき)」華やかな和洋菓子

村岡屋「さが錦(にしき)」華やかな和洋菓子

写真:花村 桂子

地図を見る

村岡屋の「さが錦(にしき)」は、佐賀に伝わる華やかな織物「佐賀錦」をイメージした創作菓子。こしあんと山芋を混ぜたやわらかい生地をふんわり焼き上げて、チョコレートでコーディング。さらに、美しく層をなすバウムクーヘンで挟んだお菓子は、他では味わえない美味しさです。小豆や栗が散りばめられており、一口ごとにいろんな食感が楽しめて「がばいうまか!」

自宅用なら、いっぱい食べられてお得な竿タイプ。職場や学校で配るお土産には、一切れずつの個包装タイプが便利です。

ようかんとアイスがコラボ!村岡総本舗「ようかんアイスキャンディー」

ようかんとアイスがコラボ!村岡総本舗「ようかんアイスキャンディー」

写真:花村 桂子

地図を見る

佐賀県小城市は、祇園川や晴気川などの清流に恵まれ、羊羹作りが盛んな土地。なかでも、村岡総本舗は「小城羊羹初祖」と伝わる老舗店。

「ようかんアイスキャンディー」は、ひんやり冷たいミルク味のアイスキャンディーの中に、村岡総本舗自慢の「ようかん」がどーん!と入って「がばいうまか!」福岡県柳川市「椛島氷菓」とコラボした2016年の新製品です。キュートな桜色の紅煉(べにねり・写真右)、本煉(ほんねり)、青えんどうの3つの味。「塩あずきアイスキャンディー(写真左)」も「がばいうまか」とです。

小城市内の店舗、佐賀駅北口店、佐賀空港店などの限定品につき、見つけたら即買い!で。取扱店舗は下の関連メモ「村岡総本舗」ホームページでご確認くださいませ。

八頭司伝吉「昔ようかん」外はサクサク中はしっとり

八頭司伝吉「昔ようかん」外はサクサク中はしっとり

写真:花村 桂子

地図を見る

小城市の伝承銘菓処「八頭司伝吉(やとうじでんきち)」の「昔ようかん」。日が経つにつれ、表面や切り口に白い砂糖の結晶が生じてくるのが特徴で、外はサクサク中はしっとり。カットするたびに変わる、昔ようかんならではの食感が「がばいうまか!」

小豆煉、抹茶煉、白煉の3種類。一口サイズの昔ようかんがキャンディみたいに包まれた「昔ひとくち」は、直方体6面すべてで味わえるサクサク感が人気です。「八頭司伝吉」の店舗は佐賀県にしかないので、佐賀に来たら絶対買い!ですよ。

ころんとつぶらな大原老舗「松露饅頭」こしあんたっぷり

ころんとつぶらな大原老舗「松露饅頭」こしあんたっぷり

写真:花村 桂子

地図を見る

佐賀県唐津市の大原老舗「松露(しょうろう)饅頭」きめ細やかな小豆のこしあんにカステラ生地をかけながら、ひとつひとつ手焼きした、まんまるい球状のお饅頭は、カステラふんわり、こしあんしっとり「がばいうまか!」

ころんとつぶらな形が、唐津市「虹の松原」に自生する球状の高級キノコ「松露」によく似ていることから、この名がつきました。虹の松原は、日本三大松原のひとつ。美しい唐津の海と松原にぴったりの、とってもキュートなお菓子です。

JR博多駅でも買える!佐賀のお菓子は「がばいうまか」九州土産

九州・佐賀県の「がばいうまか」お菓子をご紹介しました。どれも、伝統ある老舗店の名品ばかり。旅行や出張のお土産に、喜ばれること請け合いです。もちろん、自分の分もお忘れなく。

ご購入は、JR佐賀駅や佐賀空港、佐賀県内外の各店舗でどうぞ。また、「八頭司伝吉」以外は、JR博多駅(福岡市)にも進出済み。「がばいうまか」九州土産としても、オススメです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ