丹沢山地(檜洞丸、丹沢山、塔ノ岳)の初心者向け縦走ルートガイド

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

丹沢山地(檜洞丸、丹沢山、塔ノ岳)の初心者向け縦走ルートガイド

丹沢山地(檜洞丸、丹沢山、塔ノ岳)の初心者向け縦走ルートガイド

更新日:2017/04/20 13:05

本井 良尚のプロフィール写真 本井 良尚 風景フォトグラファー

神奈川県の西に位置する丹沢山地。
登山ルートは数多くありますが、西丹沢自然教室を出発点として25Kmほど歩き通す丹沢主稜縦走は、丹沢登山の中でも特に魅力を楽しむことができる絶景パノラマルートです。丹沢山地特有の刻一刻と移り変わる風景は、決して飽きが来ない登山路の一つ。
本記事は、関東の中でも初縦走として良く登られる丹沢山地の、初心者向けのルートガイドです。

丹沢山地登山計画書

丹沢山地登山計画書

写真:本井 良尚

地図を見る

丹沢地域の人気縦走路は大きく分けて丹沢主脈と丹沢主稜の2ルート。主脈は北から焼山、蛭ヶ岳、大倉を南北で結ぶ山々のこと。主稜は蛭ヶ岳より西方の急峻な稜線、丹沢自然教室方面の事を言います。
今回は西丹沢自然教室からミツバツツジのトンネルが圧巻のツツジ新道に取りつき、蛭ヶ岳へ。主脈に入って丹沢山、塔ノ岳をピークハント、鍋割山を経由して大倉に下るルートとなります。下記にサンプルで登山計画を作ってみました、参考にしてみて下さい。

丹沢山地登山計画書

写真:本井 良尚

(丹沢縦走計画)
1日目
07:15〜08:26新松田駅(富士急湘南バス1180円)
09:00西丹沢自然教室
12:30檜洞丸(青ヶ岳山荘)
15:00臼ヶ岳
16:30蛭ヶ岳(蛭ヶ岳山荘、宿泊)

2日目
06:00蛭ヶ岳(蛭ヶ岳山荘)
07:30丹沢山(みやま山荘、宿泊)
08:30塔ノ岳(尊仏山荘)、近くに水場有り
08:45金冷シ
10:30鍋割山(鍋割山荘、鍋焼きうどん)
14:00大倉バス停(神奈川中央バス200円)
14:11渋沢駅(小田急線11分220円)
15:00鶴巻温泉駅、弘法の里湯

(概算費用)
・交通費1180+200+220
・蛭ヶ岳山荘 素泊まり5000円、夕食1000円
・鍋焼きうどん1000円
・弘法の里湯800円
計9400円+α最寄駅+β携行食

歩行時間1日目7間時30分、2日目9時間 計16時間30分
距離1日目9.3km、2日目16.2km 計25.5km

丹沢縦走の絶景パノラマ

丹沢縦走の絶景パノラマ

写真:本井 良尚

地図を見る

丹沢主脈主稜縦走登山の序盤に当たる、西丹沢自然教室から蛭ヶ岳。この区間は関東でも一二を争うほどの急峻さを誇りますので、覚悟して挑みましょう。
累計標高差登り2572m、下り2346mと日本アルプスの山々に匹敵する高低差というから驚きです。ダブルストックを装備に加えてリズムよく登りましょう。そして数ある登り返しを耐え抜くと待っているのが、どこまでも開けた眺望。特に蛭ヶ岳より丹沢山の区間は眺望が素晴らしく、訪れた者のみが許される絶景となります。

シロヤシオやミツバツツジが咲き乱れる5月上旬も良いですが、紅葉の季節、厳冬期の冠雪や霧氷といった美しい山容も丹沢山塊の醍醐味の一つ。丹沢主稜縦走が多くのハイカーに愛される秘訣がここにあります。

バリエーション豊かな蛭ヶ岳、グルメのみやま山荘、パノラマの塔ノ岳

バリエーション豊かな蛭ヶ岳、グルメのみやま山荘、パノラマの塔ノ岳

写真:本井 良尚

地図を見る

丹沢山塊の魅力の一つに山小屋の選択肢の多さがあります。それぞれ一長一短ありますので、自分が楽しめるシチュエーションで精査して頂きたいと思います。

まずは登山路の要所にある蛭ヶ岳山荘。そのまま大倉に下るのもよいですが、北上して姫次、東野に向かうのも良し、南の熊木沢に入ってユーシンブルーで有名な玄倉第二発電所を目指すのもあり。次の日のルーティングがとりやすい山小屋となります。ちなみに食事は山小屋の定番、カレーライス。体力に自信が無い場合は、無理せずここを選びましょう。
 
次に丹沢主脈主稜縦走で一番人気の山小屋、みやま山荘。ここはとにかく御飯が美味しい、場合によっては焼肉が出ることもあり、グルメな縦走を目指すならここを選びましょう。

最後に塔ノ岳の尊仏山荘。小屋前の広場から見渡す360°のパノラマはいつまでもこの地にいたいと思えてきます。また、そのまま丹沢表尾根縦走(塔ノ岳〜ヤビツ峠、7km)に挑戦する場合は塔ノ岳に宿を取るメリットもありそうですね。

※MEMOにそれぞれの公式サイトURLを掲載しています。なお丹沢山のテン場は、西丹沢自然教室近くの大石キャンプ場、大倉尾根にある大倉高原山の家となります。

丹沢名物、鍋割山の鍋焼きうどん

丹沢名物、鍋割山の鍋焼きうどん

写真:本井 良尚

地図を見る

山小屋で一泊した後は、バカ尾根と呼ばれる大倉尾根を下ってもよいですが、その前に立ち寄って欲しいスポットが鍋割山。ここの鍋割山荘で食べることができる名物グルメ、鍋焼きうどんがとにかくうまい。
山家でもある店主の温かい手によってグツグツ煮込まれた甘めの出汁に、カボチャの天ぷら、大きな油揚げ、卵などなど、これでもかというぐらい沢山の具材が堪能できます。
この鍋焼きうどん目当てに大倉や表丹沢県民の森からピストンするハイカーが多いのも納得の絶品グルメです。山小屋グルメとともに、丹沢グルメ縦走に変更なんて面白いかもしれませんね。

・神奈川県秦野市鍋割山山頂
・通年営業09:00〜15:00
・富士山も見渡せる眺望、特に冬の寒い時期の冠雪とアツアツの鍋焼きうどんは格別

下山後は弘法の湯、鶴巻温泉郷に行ってみよう

下山後は弘法の湯、鶴巻温泉郷に行ってみよう

写真:本井 良尚

地図を見る

一泊二日の丹沢主稜縦走登山をやりきったといって、まだまだ安心してはいけません。登山といえば温泉、下山後は渋沢駅から約11分で行くことができる鶴巻温泉郷に行ってみませんか?

おすすめは丹沢登山を終えたハイカーが良く利用する弘法の湯です。全体的にぬるま湯で長湯してものぼせない湯温で、何よりもその含有物、特にカルシウムの含有量が全国有数を誇ります。一説には牛乳並みとのこと。もちろん湯が白濁しているわけではないのでご安心を。

(弘法の湯)
営業時間10:00〜21:00、月曜休館日
平日一日1000円、二時間800円。
土日祝日二時間制限で1000円、貸切浴室一時間1000円
足湯無料

ちなみに遠方ハイカーが前泊、後泊する場合で安く押さえたい場合、鶴巻温泉郷のビジネス旅館、みゆき旅館を利用するのがよいでしょう。最安で一泊4000円とかなりリーズナブル。鶴巻温泉郷は全国のハイカーが誰でも丹沢主稜縦走登山に挑戦できるような、そんな登山基地として活用できそうですね。

日帰り丹沢主稜縦走に挑戦してみる?

二日間も日程がとれないよ、と言う方は日帰り弾丸登山になるかと思いますが、相当覚悟して挑戦していただきと思います。
行動時間は12時間と可能な範囲内ですが、とにかくネックなのがバスの終電時間。

取りつきを西丹沢自然教室にするか大倉にするか悩むところですが、西丹沢自然教室のバス終電18:58に合わなければ即終わり、最寄駅の谷峨駅まで約16km、歩くには厳しい距離になります。
一方で大倉バス停の最終は平日なら21:27、土日祝日なら20:18と遅くまであります。最悪、渋沢駅まで約4kmとこちらは歩ける距離でまだ安心です。いずれにせよ、なるべく荷物を減らして、熱による疲弊が押さえられる春や秋に挑戦していただきたいと思います。

日帰り丹沢主稜縦走は、今回紹介した魅力的な山小屋も鍋割山の鍋焼きうどんも楽しむことはできませんが、日帰りで達成できた経験は、今後の登山生活の自信に間違いなくつながることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/06−2016/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ