ピラミッドのテッペンを体験!密林の「コバ遺跡」はカンクン最寄りの登れる遺跡

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ピラミッドのテッペンを体験!密林の「コバ遺跡」はカンクン最寄りの登れる遺跡

ピラミッドのテッペンを体験!密林の「コバ遺跡」はカンクン最寄りの登れる遺跡

更新日:2016/08/25 15:19

うた ゆかのプロフィール写真 うた ゆか 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

メキシコ・カンクンからの遺跡観光では、残念ながら登る事のできる遺跡がほとんどありません。しかし、カンクンからほど近い「コバ遺跡」は、まだまだ登る事のできる数少ない遺跡の一つなのです!
遺跡に登ってピラミッドの頂上からの景色を楽しみたいという方、遺跡観光の穴場コバ遺跡がお勧めです!ここでは、あまり知られていないコバ遺跡の魅力をご紹介します♪

遺跡マニアにはたまらない!発掘途中の「コバ遺跡」

遺跡マニアにはたまらない!発掘途中の「コバ遺跡」

写真:うた ゆか

地図を見る

カンクンからトゥルムという町までバスで約1時間30分、トゥルムの街からタクシーやバスが出ており所要時間は約30分。トゥルム遺跡とセットになったツアーも数多くありますので、ツアーに参加するのも一つの手段。

ここ、「コバ遺跡」は比較的新しい発見であり、今もまだ発掘が進んでいる遺跡。そのため、実際に発掘され観光できる部分はまだまだほんの一部。それでも、遺跡観光には半日程かかる広さですので、遺跡好きな方には申し分ない観光スポットです!

そして、カンクン近郊のチチェン・イツァ遺跡や、トゥルム遺跡など有名な遺跡と比べると、整備が進んでおりませんので、自然な姿が残る遺跡をお楽しみ頂けます。

遺跡内をサイクリング!?広すぎるコバ遺跡

発掘途中で、観光できるのは一部・・・とはいえとてもとても広大なコバ遺跡。コバ遺跡の観光には、レンタル自転車を利用します。ガイド(スペイン語)付きを希望する場合は三輪車に乗る事ができるので、こちらの方が移動は少し楽になります。
自転車で遺跡めぐりなんてなかなか他の遺跡では体験できませんので、コバ遺跡を訪れた際は是非自転車観光をお勧めします♪
因みに、歩いて観光することもできますが非常に時間がかかりますので、できれば自転車やガイド付き三輪車で回った方が効率よく観光する事ができます。

遺跡内をサイクリング!?広すぎるコバ遺跡

写真:うた ゆか

地図を見る

ピラミッドの頂上から見渡す密林は圧巻の景色!

ピラミッドの頂上から見渡す密林は圧巻の景色!

写真:うた ゆか

地図を見る

自転車でコバ遺跡を隅々まで見て回り、最後に見えて来るのがコバ遺跡のメイン、「ノホッチ・ムル」というピラミッド。実はこのピラミッド、高さが42mあり、カンクンも位置しているメキシコ・ユカタン半島の中で最も高いピラミッドなのです。チチェン・イツァ遺跡のエル・カスティージョが30mですので、チチェン・イツァよりも高く、そして登れるという何とも贅沢な場所なんですね。

遠目から見ると、比較的緩やかな傾斜に見えるこのピラミッドですが、登ってみるととんでもなく急こう配。歩きやすい靴で観光する事をお勧めします。
そしてなんといっても、ピラミッドの頂上から見る景色は至高の絶景。見渡す限りのジャングルと、ジャングルから少し顔を出すコバ遺跡群のピラミッド。ピラミッドの頂上からしか見る事のできないその絶景を、是非体験してください♪

コバ遺跡観光の帰りは、「グランセノーテ」でひと泳ぎ

メキシコ・ユカタン半島は石灰岩でできた大地の為、至るところに「セノーテ」と呼ばれる泉が存在します。このコバ遺跡の近くには、一番有名な「グラン・セノーテ」がありますのでセノーテ観光も一度に行えちゃうという贅沢なロケーションです。

トゥルム遺跡も車で30分程のところにありますので、お時間が許すなら一日で3箇所!も回る事ができます。コバ遺跡周辺はあまり車通りが多くありませんので、効率よく全て回るならツアーがお勧めです。

コバ遺跡観光の帰りは、「グランセノーテ」でひと泳ぎ

写真:うた ゆか

地図を見る

カンクンだけじゃもったいない!トゥルム周辺にもたくさんの魅力的なスポットがあります!

カンクン発のツアーですと、あまり見かけないコバ遺跡の観光ですが、是非トゥルムまでお越しください!カンクンからトゥルムまではバスで1本、そしてトゥルムまで来てしまえば様々な選択で遺跡やセノーテをお楽しみ頂ける事間違いなし!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/10/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ