ハウステンボスのパーク内に泊まれる!「ホテルアムステルダム」

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ハウステンボスのパーク内に泊まれる!「ホテルアムステルダム」

ハウステンボスのパーク内に泊まれる!「ホテルアムステルダム」

更新日:2016/08/27 17:23

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター

九州最大のテーマパーク、長崎県のハウステンボス。直営を含め全部で7つものオフィシャルホテルがあり、どこに泊まろうか迷ってしまう人も多いのでは?今回ご紹介するのは、唯一ハウステンボスのパーク内(有料ゾーン)にある「ホテルアムステルダム」。抜群の立地はもちろん、開園前の散策ができること、宿泊翌日の1DAYパスポートが無料で付いてくることなど、パーク内のホテルならではのメリットや楽しみもいっぱいです。

パーク内のホテルだけのお楽しみ!美しい朝の街並み散策

パーク内のホテルだけのお楽しみ!美しい朝の街並み散策

写真:羽田 さえ

地図を見る

ホテルアムステルダムの一番の魅力は、何と言ってもその立地。ハウステンボスの有料ゾーンである「アムステルダムシティ」内に建っているため、朝一番に開園前のパーク内へ散策に出ることが出来ます。柔らかな朝のひざしを受けた、静かで美しいヨーロッパの街並みをゆったりと味わいましょう。

また、とにかく広大な敷地のハウステンボス。遊び疲れた時、お部屋に忘れ物をした時にもすぐに気軽にホテルに戻れるのは、やっぱり便利です。

ホテルステイを楽しみたくなる、ゆったりした客室

ホテルステイを楽しみたくなる、ゆったりした客室

写真:羽田 さえ

地図を見る

写真のスーペリアルームを含め、すべての客室は45平米以上のゆったりした作り。ワイドタイプの客室を選べば52平米以上となり、グループやファミリーでの旅にもぴったりです。また、最上階にはクラブフロアも。英国ブランド「ローラアシュレイ」の優雅な世界に浸れるローラアシュレイルームが人気です。
アムステルダム広場とハーバーの間に建つホテルアムステルダム。パークビューとハーバービューの客室があるため、希望があればリクエストしてみましょう。

水周りにも工夫がいっぱい!女子旅もおまかせ

水周りにも工夫がいっぱい!女子旅もおまかせ

写真:羽田 さえ

地図を見る

楽しい女子旅でも、女3人で一部屋の旅ともなると、朝の洗面所は大混雑!
ホテルアムステルダムではバスルーム内に洗面シンクと大きな鏡、扉を隔てて独立した洗面台、さらにその対面にはドレッサーコーナーがあるため、3人同時にメイクや身支度ができてしまいます。さらにドレッサーは三面鏡になっており、まとめ髪の仕上げや後ろ姿の確認も楽々可能。旅の貴重な時間を有効に使って、朝のパークに一番乗りしましょう。

朝食ビュッフェはヨーロッパと九州のいいとこどり

朝食ビュッフェはヨーロッパと九州のいいとこどり

写真:羽田 さえ

地図を見る

朝食は1階のレストラン「ア クールベール」でビュッフェ形式です。明るいパーク側の席のほか、落ち着いた雰囲気の中庭ビューの席もおすすめ。美しい花壇と噴水を眺めながら、優雅な朝食をいただけます。

大人気なのは天然酵母のパン。香り豊かなクロワッサンやバゲット、ブリオッシュにバンプディングなど、種類も豊富。一方で長崎の中華街を彷彿とさせる中華粥、福岡の明太子に鹿児島のさつま揚げなど、九州らしいメニューも揃っています。

夜景やプロジェクションマッピングも目の前!夜も満喫

夜景やプロジェクションマッピングも目の前!夜も満喫

写真:羽田 さえ

地図を見る

夜は客室から美しい夜景を眺めるのもおすすめ。1階のお部屋からでも、目の前にそびえ立つドムトールンのイルミネーションは大迫力!灯りを消してカーテンを開ければ、お部屋が夜景の特等席になります。

手軽に夜の散策に出かけられるのも、ホテルアムステルダムならでは。ホテルそのものも美しくライトアップされて、ムードも満点です。アムステルダム広場までは、ホテルを出て徒歩1分。話題のプロジェクションマッピングにもすぐにアクセスできるので、子連れ旅でも安心です。

おわりに

ハウステンボス内に建つ公式ホテル「ホテルアムステルダム」、いかがでしたか?
グループや家族旅行ではみんな一緒にワイドタイプの客室、カップルならラグジュアリーに最上階のクラブフロアなど、自分にぴったりのお部屋がきっとみつかります。ホテルを満喫しつつ、パークもたっぷり楽しめる、思い出深い滞在になることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/09−2016/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -