京都のおすすめの桜・龍安寺をご紹介!大混雑でも枝垂れ桜が綺麗に撮影できるワケは…

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都のおすすめの桜・龍安寺をご紹介!大混雑でも枝垂れ桜が綺麗に撮影できるワケは…

京都のおすすめの桜・龍安寺をご紹介!大混雑でも枝垂れ桜が綺麗に撮影できるワケは…

更新日:2014/03/03 12:58

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル トラベルライター

石庭で有名な龍安寺(竜安寺)。エリザベス女王が訪れ、この石庭を絶賛し、その様子が海外でも報道されたことから世界的に有名になりました。特に桜の季節には石庭と鮮やかな枝垂れ桜のコラボ目当ての観光客が多く集まります。確かにこの光景は息を飲む美しさ。人が多くて桜を撮りたくても無理じゃないの?という心配は、日本人特有の他人を思いやる心の美しさで解消されるのです!桜と思いやりの美しさを堪能してください!

石庭が華やぐ季節

石庭が華やぐ季節

写真:東郷 カオル

地図を見る

石庭で世界的に有名な龍安寺(竜安寺)は、細川勝元が1450年に徳大寺家の別荘を譲り受けて建立したお寺。非公開の西の庭には細川廟があり、細川勝元像が安置されており、この像は教科書で応仁の乱の説明の箇所でよく使われているものです。
龍安寺の石庭は、海外では「ロックガーデン」呼ばれ、世界的にも有名で、1994年に登録された京都の世界遺産の一つです。

桜の季節の龍安寺には、石庭と華やかな枝垂れ桜のコラボ目当ての観光客が多く集まります。
この光景は息を飲む美しさ。

JRの「そうだ、京都、いこう。」の春のポスターにも登場したのは記憶に新しいところではないでしょうか。

龍安寺の石庭というのは方丈の南側の枯山水の庭園のことで、長方形の庭に白砂をしきつめ、大小15個の石を配置したものです。虎が子供を連れているように見えることから「虎の子渡しの庭」とも言われます。

無駄を削った美しい庭ですが、桜の季節には華やかさが添えられ、いつもとは違った優しい表情を見せてくれます。

実は人がいっぱい!】

実は人がいっぱい!】

写真:東郷 カオル

地図を見る

最初の写真は、特に人のいない早朝を狙ったわけではなく、普通の土曜日の日中に撮影したものです。

実はこんなに人がいるのです!

ただし、前の人は座り、後ろの人は順番に場所を譲り、みんなが撮影をできるように気遣っているのです。

前に座っている人は、立ち上がる時もまず後ろを確認し、カメラを向けている人がいないかどうかを見極めた後、他の人の邪魔にならない場所まで中腰のまま移動し、そこでようやく立ち上がっているのです。一部おじさまおばさまは除外ですが^^

石庭と桜も美しいですが、日本人の他人を思いやる気遣いというのは美しいですね。

写真を撮るのが好きな旅行者にとっては満足度の高いお庭です。

吾唯足知

吾唯足知

写真:東郷 カオル

地図を見る

龍安寺が有名な理由は、石庭の存在ももちろんですが、「知足の蹲(つくばい)」もその理由の一つです。

この蹲踞は水戸黄門で有名な徳川光圀の寄進と言われており、通常は非公開の茶室「蔵六庵」の近くにあります。

丸い形の石の真ん中に四角い穴があり、この四角を利用して「吾」「唯」「足」「知」という、口を部首に持つ漢字を4つ作っているのです。

「われ、ただ、足るを、知る」。

石庭の15個の石は同時に全てを見ることができないと言われています。「全てを見ることができない」ということを、この蹲踞の禅語でどのように感じるかを試されているような諭されているような気がしてきます。

非公開なのが残念なところですが、本物そっくりのレプリカが用意されており、方丈の軒下に見ることができます。

写真は蔵六庵の露地にある本物のほうです。

※蹲踞…茶室に入る前に身を清める手水鉢

ソメイヨシノの池

ソメイヨシノの池

写真:東郷 カオル

地図を見る

石庭で有名な龍安寺ですが、鏡容池という広大な池があり、石庭の枯山水とはまた違う、池泉回遊式の庭を楽しめます。

桜の季節は、桜の島が池に浮かんでいるようにも見えて、かわいらいしい風景です。

石庭は枝垂れ桜の個人戦といったところですが、こちらはソメイヨシノの団体戦といったところでしょうか。

どちらも違った美しさで見ごたえのあるお寺です。

ひとこと

石庭で有名な龍安寺ですが、この季節は桜が咲き乱れ、いつもとは違った華やいだ表情を見せてくれます。
桜が多いですが、中には「枝垂れ桃」という変わった桃も。

売店にはやはり「石庭」にちなんだグッズが多く、一目で龍安寺に行ってきたということがわかるお土産が買えますので、他のお寺の売店よりも大勢のお客さんで賑わっているのが印象的です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/04/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ