百花繚乱!富士山に天空の花園が出現!ぐりんぱ&富士 花めぐりの里

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

百花繚乱!富士山に天空の花園が出現!ぐりんぱ&富士 花めぐりの里

百花繚乱!富士山に天空の花園が出現!ぐりんぱ&富士 花めぐりの里

更新日:2016/09/05 10:06

吉野 友梨のプロフィール写真 吉野 友梨 トラベルライター

富士山2合目にある遊園地「ぐりんぱ」に花園が出現しました!シルバニアビレッジの丘の上にあるお花畑は、シルバニアファミリーの世界観とあいまって、風車とのツーショットはまるでおとぎの国に迷い込んだかのよう。車で5分のところにある「富士 花めぐりの里」とともに四季折々に咲く花はまさしく天空の花園といったところ。

日本で一番高いところにある花園を堪能してはいかが?

天空の花園は長〜く楽しめます!

天空の花園は長〜く楽しめます!

写真:吉野 友梨

地図を見る

4月中旬からの21万本のチューリップを皮切りに、7月上旬からは2万株のダリア、8月中旬には4千株のサンパチェスが咲き誇り、8月中旬〜9月末のキバナコスモス18万本まで続きます。季節ごとに違った顔を見せてくれ、飽きさせることがありません。シルバニアビレッジの中にある為、お花と建物が程よくマッチング。フォトジェニックなそのさまは、ここはおとぎの国か、はたまた、遠い外国の素敵なお屋敷か、といった風情です。

お天気が良ければ、間近に富士山を見ることができます。「ぐりんぱ」は富士山のふもとにあるのではなく、富士山の2合目にある為、晴れた日ならば大迫力の富士山を眺めることができるでしょう。

東名高速裾野I.Cより国道469号・南富士エバーグリーンライン経由30分。
富士駅・三島駅・御殿場駅からバスも運行しています。

富士 花めぐりの里は季節限定のお楽しみ!

富士 花めぐりの里は季節限定のお楽しみ!

写真:吉野 友梨

地図を見る

遊園地「ぐりんぱ」から車で5分のところにある「富士 花めぐりの里」。8月上旬からは100万本の百日草と18万本のヒガンバナ、8月下旬から35万本のひまわりが咲き、9月下旬〜10月上旬にはコキアで真っ赤に染まります。季節が移り変わるごとに違ったお花が楽しめるのです。スキー場のイエティを利用して、お花を咲かせている為、8〜10月にはお花畑が出現し、シーズンが終わった後、秋が深まる10月末には、スキー場が日本で一番早くオープンします。

お花畑はスキー場を利用して作っているので、園内にはかなりの高低差があります。下りはともかく、上りはちょっと大変と思う人のために、広い園内をカートで移動することもできます。上り専用のベルトコンベアもありますので、お子様連れでも、安心してお花を楽しめます。

遊園地ぐりんぱから車で5分

ぐりんぱ&富士 花めぐりの里はとってもおトク!

ぐりんぱ&富士 花めぐりの里はとってもおトク!

写真:吉野 友梨

地図を見る

「ぐりんぱ」の入園料1,200円を払うと、「富士 花めぐりの里」には追加料金なしで入れます!「ぐりんぱ」で遊ぶのと同時に「富士 花めぐりの里」も楽しむというのはいかがでしょうか?(2016年9月現在)

「富士 花めぐりの里」は標高1450mにあるお花畑。ここまで高いところにあるお花畑はなかなかないのではないでしょうか。お天気が良ければ絶景もあわせて楽しめます。

大人も子供も一日楽しめる、巨大なおもちゃ箱!

大人も子供も一日楽しめる、巨大なおもちゃ箱!

写真:吉野 友梨

地図を見る

お花を楽しむ以外にも、「ぐりんぱ」にはシルバニアビレッジ、M78ウルトラマンパーク、巨大迷路など大人から子供まで楽しめる遊具がそろっています。観覧車から景色を眺めるもよし、ウルトラマンと記念写真を撮るもよし、迷路に挑戦するもよし、アスレチックで自分の運動神経を試すもよし。

小さな子供向けには大人も一緒に滑れる巨大滑り台などの遊具があり、ショーも楽しめます。暑い夏には水上で遊ぶ巨大遊具があり、子供たちでにぎわっています。

園内には夏から秋にかけてご当地グルメを楽しむ屋台が出るので、遊び疲れてお腹がすいたら、富士山周辺のご当地グルメはいかがでしょうか。楽しい一日のお土産に富士山グッズを買うのも○。

おわりに

富士山にある天空の花園は、季節ごとに違うお花を楽しめるのがポイント高し!セット料金で一日に2つの花園を楽しめるのもお得感満載です。東京方面からの往復バスも出ていますので、休日の一日をぐりんぱ&富士 花めぐりの里で楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -