ヨーグルトだけじゃなかった!今訪れたいブルガリア「ソフィアの魅力」

| ブルガリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ヨーグルトだけじゃなかった!今訪れたいブルガリア「ソフィアの魅力」

ヨーグルトだけじゃなかった!今訪れたいブルガリア「ソフィアの魅力」

更新日:2016/09/09 15:32

U KOARAのプロフィール写真 U KOARA ぬい撮りトラベラー

東欧ブルガリアといえばヨーグルトのイメージが強いと思います。他には...?
実は物価も安く日本人や中国人観光客がまだ少ないブルガリアにはヨーグルト以外にも日本人老若男女が楽しめるものが沢山あります。コスメやグルメ、スパ、遺跡などまだ知られざるブルガリアの首都ソフィアの魅力をご紹介します。ソフィアは丸2日もあれば、大体の見どころを見てまわる事ができます。あなた好みのブルガリアを見つけてみませんか?

薔薇の香りにうっとり、「ローズ オブ ブルガリア」のローズ製品はマストバイ!

薔薇の香りにうっとり、「ローズ オブ ブルガリア」のローズ製品はマストバイ!

写真:U KOARA

地図を見る

ブルガリアでヨーグルトの次に有名なのが薔薇。毎年6月に開催されるバラ祭りは世界中からの観光客で賑わいます。ローズコスメやローズ食品などは、専門店やスーパーで簡単に手に入れることができます。コスメならソフィアのショッピングセンター「セントラル・ハリ」1Fの「ローズ オブ ブルガリア」がおすすめ。品揃えが豊富です。

ブルガリアは物価もヨーロッパ一安いと言われており、化粧水やアイロンの際に使えるローズウォーターは250mlで4Lv程(約260円)リップクリームは3Lv程(約195円)です。このお値段なら気兼ねなく贅沢にバラの香りを楽しめます。旅行中に使ってみて、気に入ったらお土産にするのもおすすめです。

またスーパーや専門店では日本で買うとかなり高額なローズジャムもお手ごろ価格です。ヨーグルトに合わせると絶品。ローズ製品を摂り続けていると体もローズの香りがしてくると言われています。体の外から中からローズの香りに包まれてください。
(ローズ食品はお腹が緩くなるので少しずつお試しください。)

ハズレがない!レストラン「507」でブルガリア料理を楽しむ

ハズレがない!レストラン「507」でブルガリア料理を楽しむ

写真:U KOARA

地図を見る

ブルガリア料理は世界三台料理であるトルコの影響を強く受けています。定番白チーズがかかったショプスカサラタ、あっさりした野菜のスープ、ムサカ(ナスやひき肉、チーズのはさみ焼き)、キュフテ(ブルガリア風ハンバーグ)など日本人の口に合う料理が沢山あります。ソフィアのヴィトシャ山の麓にあるレストラン「507」はどれもハズレなしの美味しさ。野菜も大きく旨みが強いです。ブルガリア料理を食べられるお店は各地に沢山あります。

あまり知られていませんが、ブルガリアは酪農王国でもあるのでチーズは種類が豊富です。ホテルの朝食バイキングなどで、少しずつ試すのも楽しみの1つ。そしてレストランで提供されるブルガリア料理はとても量が多いのでお腹を空かせていくと良いでしょう。

ブルガリアの伝統工芸「トロヤン陶器」

ブルガリアの伝統工芸「トロヤン陶器」

写真:U KOARA

地図を見る

ソフィアのお土産店でよく見かけるのが独特の模様のぽってりした陶器「トロヤン焼き」。ブルガリア伝統の陶器で資格を持った人しか作ることができません。粘土から作られる陶器は全て手作り。孔雀のような模様が特徴で温かみがあります。
マグカップは6Lv程(約390円)。ソフィアのお土産店ならほぼ間違いなく置いてあるのでお気に入りの柄を探してはいかがでしょうか?

またトロヤン焼きの食器で食事ができるレストランも多くあるので、買って帰るのはちょっと。という方も滞在中に楽しむことができます。
(※画像はトロヤンに近いプロヴディフという町のトロヤン焼工房)

ソフィアの真ん中で温泉を飲もう!

ソフィアの真ん中で温泉を飲もう!

写真:U KOARA

地図を見る

ブルガリアでは温泉が沸いているので、ソフィアの街中でもあたたかいミネラルウォーターを自由に汲むことができます。セルディカ駅目の前の「お風呂のモスク」という名前のモスク「バーニャ・バス・ジャーミヤ」の裏は温泉が湧き出ています。
温度は40度くらい。ほんのり硫黄の香りがしますが、日本の温泉よりずっと飲みやすいやわらかい味。
空のペットボトルや水筒を持ち歩いて地元の人と一緒にミネラルウオーターを汲んでみるのも楽しいです。

遺跡ファンは見逃せない、次々に発見される「古代遺跡」

遺跡ファンは見逃せない、次々に発見される「古代遺跡」

写真:U KOARA

地図を見る

隣国トルコやギリシャに押されぎみですが、ブルガリアは遺跡も沢山あります。かなり無造作に遺跡があるため驚くこともしばしば。
画像は聖ペトカ教会横から見たソフィアの中心地に広がる古代ローマ人の住居。誰でも中を通り抜けることができます。

近年でもブルガリア各地で、高い文明を持ったトラキア人の遺跡が次々に発見されています。遺跡ファンの方にはたまらないのでは?遺跡めぐりツアーもおすすめです。そのうちトルコやギリシャに並ぶ遺跡大国になるのではないでしょうか。

ブルガリアの「好き」を見つけてみよう

日本からの直行便もなく、情報の少ないブルガリアですが、実際に行くと見どころは沢山。ガイドブックの情報はこの国のほんの一部しか載っていません。
観光客が少ない今だから行きたい国。是非次の旅先にしてはいかがでしょうか?
(※商品の価格は2016年8月時点のものです)

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/23−2016/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -