最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

尾道「岩屋山の巨石群」は謎多きミステリースポット!

尾道「岩屋山の巨石群」は謎多きミステリースポット!

更新日:2020/07/06 11:51

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター
風光明媚な景色で人気の広島県尾道市。その尾道と海峡を隔てた向かい側にある島は、文字通り向島と呼ばれるしまなみ海道の出発点。その向島に巨石群が存在していることをご存知でしょうか?岩屋山と呼ばれる標高約100mの山は、古代の巨石信仰の聖地とも言われ、謎の多いミステリースポットなのです。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

しまなみ海道の出発点、向島

しまなみ海道の出発点、向島

提供元:おのみちや

https://www.ononavi.jp/onomichiya/地図を見る

尾道といえば海あり、山あり、絶景ありとまさに風光明媚という言葉がピッタリ。その代表的な観光スポットである千光寺から眺めると、まるで川のように見える尾道水道を挟んだ向かい側にあるのが向島で、しまなみ海道の出発点ともなる島です。

しまなみ海道の出発点、向島

写真:bow

地図を見る

尾道水道にかかる尾道大橋を渡り、向島に入るとほどなくして「岩屋山」と呼ばれる小高い山が見えてきます。なんの変哲もない小さな山と思えるのですが、ここがちょっとしたミステリースポットとして知られているのです。

しまなみ海道の出発点、向島

写真:bow

地図を見る

いったいどんなミステリーなのかというと、岩屋山に近づくにつれ沢山ののぼりがはためいているのでイヤでも目に付くだろうとは思いますが、どうやら待っているのは巨石!?

のぼりには「尾道の古代ミステリーゾーン」、「隠された神話〜尾道の謎〜」と何やらただ事ではないような雰囲気が漂っています。とにかく、案内板を頼りに岩屋山を登ってみましょう。

いざ巨石群の元へ・・・!

いざ巨石群の元へ・・・!

写真:bow

地図を見る

岩屋山の標高はわずか102m。麓から登ったとしてもそれほど時間がかかるわけでもありません。その山頂付近に巨石群があり、そこへいたるまでの道中も大きな石が度々目につきます。

いざ巨石群の元へ・・・!

写真:bow

地図を見る

山中から視界が開け、まず最初に出会う大きな石は「飛び出す石」と名付けられたもの。天岩戸神話であった逸話のように、岩が戸を引いて開けたように飛び出しています。よく見ると二つの大きな石の間に小さな石がバランスを取るかのように配置されています。そして飛び出している方の石も何かの力で割られたようにも見える不思議な石なのです。

いざ巨石群の元へ・・・!

写真:bow

地図を見る

さらに山頂に向けて、巨石の上を伝いながら登って行ってみましょう。

山頂は巨石がズラリと並ぶ!

山頂は巨石がズラリと並ぶ!

写真:bow

地図を見る

山頂付近は広場のようになっていて、そこかしこに巨石が!周囲はちょっと異様なほどに巨石たちが転がっており、ここがミステリーゾーンだといわれるのがよく理解できるのではないでしょうか。

山頂は巨石がズラリと並ぶ!

写真:bow

地図を見る

そしてその巨石をうまく利用した祠もあり、ここが古代の巨石信仰の聖地であったということを象徴しているかのようです。

山頂は巨石がズラリと並ぶ!

提供元:おのみちや

https://www.ononavi.jp/onomichiya/地図を見る

山頂の部分にはお堂があり、そのすぐ傍にも巨大な石があります。まるで龍の頭のような迫力ある巨石。尾道を代表する寺院、尾道三山と呼ばれる千光寺、西國寺、浄土寺はこの岩屋山に向かって建てられているとされ、この山が重要な位置付けであったことを物語っています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

偶然か?必然か?

偶然か?必然か?

写真:bow

地図を見る

さらに山頂の直下には「岩屋巨石割れ目」と呼ばれるポイントがあります。まるで何かでスパっと輪切りにされたような巨石の割れ目が印象的。そしてこの割れ目には意味があり、夏至の太陽はこの割れ目の東側からのぼり、冬至の太陽は割れ目の西側へ沈むのです。

そして千光寺も岩屋山に向いていると前述しましたが、千光寺の本堂正面はちょうど山頂に向いており、冬至の日には岩屋山山頂から朝日が昇るようになっているのです。これを単なる偶然で済ますのには、逆に無理があるようにも思えます。まさにミステリー以外の何物でもありません!

偶然か?必然か?

写真:bow

地図を見る

そしてこの割れ目の中に入ってみると、岩肌には摩崖仏が彫られています。この割れ目は何かのパワースポットなのでしょうか?とにかく色々なことが謎に包まれた岩屋山の巨石群。古来から人々に信仰されていたということだけは確かなようです。

尾道三山も一望しよう

尾道三山も一望しよう

提供元:おのみちや

https://www.ononavi.jp/onomichiya/地図を見る

山頂から北へさらに尾根沿いに道をたどっていけば竹林を抜けて大元神社へとたどり着きます。せっかくですのでご参拝をして、その後は本殿の脇を通り「尾道三山パノラマビュー」と呼ばれる展望スポットへと足を運んでみましょう。

尾道三山も一望しよう

提供元:おのみちや

https://www.ononavi.jp/onomichiya/地図を見る

「尾道三山パノラマビュー」からは眼下に尾道水道、そして眼前に広がる尾道の町並みを一望!もちろん尾道三山である千光寺山、西國寺山、浄土寺山もここから目視できます。望遠レンズを使ってみれば、確かに各々のお寺がこちらを向いていることがわかるのではないでしょうか?

そして千光寺や浄土寺にも巨石があることでも知られています。尾道は風光明媚な観光地というだけでなく、何やら大きな謎が隠されているのかも・・・。ここに立てばそんな思いが頭に駆け巡るような気もします。古代神話?太陽信仰?巨石信仰?風水?そんなミステリーを追いかけて尾道に足を運んでみるのも面白いかもしれませんよ!

岩屋山巨石群の基本情報

住所:広島県尾道市向東町80-1
アクセス:尾道駅から車で約20分

2020年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -