子連れで楽しむ!タイのショッピングモールは無料遊び場も充実

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

子連れで楽しむ!タイのショッピングモールは無料遊び場も充実

子連れで楽しむ!タイのショッピングモールは無料遊び場も充実

更新日:2017/10/20 12:06

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター

日本からの直行便もあり、子連れに優しい国としても名高い「タイ」。首都バンコクではショッピングモールの建設ラッシュが続き、猛暑や雨季も関係なくショッピングを楽しめる買い物天国になりつつあります。子連れ旅行でも安心して楽しめる「無料遊び場」も一挙ご紹介。一押しアイテムを早速チェックして、旅プランに組み込んでみては如何ですか?

「セントラルワールド」でタイ有名店を一挙に制覇

「セントラルワールド」でタイ有名店を一挙に制覇

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

バンコクの中心街にある国内最大規模のショッピングモール「セントラルワールド(Central World)」。お土産ショップとして絶大の人気を誇る「ジムトンプソン」や「ナラヤ」、「カルマカメット」や「ハーン」などタイの有名ブランドが多く出店していて、ここだけで欲しい物がほとんど揃ってしまうという便利さ。有名ショップを手っ取り早くまわりたい時や猛暑や雨季などで外には出たくない時にもおすすめ!飲食店やファッションブランドも充実しているので、タイのトレンドチェックにも欠かせません。

「セントラルワールド」でタイ有名店を一挙に制覇

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

6階には無料遊び場「Genius Planet」があり、2歳から6歳くらいの子どもが自由に遊ぶことができます。滑り台をはじめカラフルな遊具が沢山あり、屋内に居ながら体を動かせる遊び場として人気です。同じ階にはファミリーラウンジ(女性専用)もあり、カーテンで仕切られた個室が数室設けられているので授乳やおむつ替えにも便利。

「セントラル チットロム」で無料メリーゴーランド

「セントラル チットロム」で無料メリーゴーランド

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

日本のデパートにも近い雰囲気をもつ「セントラルデパート・チットロム店(Central Chidlom)」。頻繁にセールを行っていて、靴やバッグ、ワコールの下着など良い品が安く手に入ると評判のショッピングスポットです。もちろん、おもちゃや子供服なども充実。ちょっと覗いてみると掘り出し物が見つかるかもしれません。

「セントラル チットロム」で無料メリーゴーランド

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

6階のおもちゃ売り場の中に突如姿を現す「メリーゴーランド」!身長120cm以下、体重30kg以下の子どもは無料で利用できるのが驚き。他にも、ブロックや木のおもちゃで遊べるコーナーなどが設けられていて、子どもを飽きさせない工夫がいっぱい。個室でおむつ替えが可能な「Baby Changing Room」あり。

「エムクオーティエ」のスーパーは菓子土産が充実

「エムクオーティエ」のスーパーは菓子土産が充実

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

開放的でお洒落なショッピングモール「エムクオーティエ(EmQuartier)」は、2015年のオープンより着実にファンを増やしている人気スポット。ここの一押しはG階にあるスーパー「グルメマーケット」。特にお菓子のお土産が豊富で、伝統菓子から最新タイ土産まで揃っていて、試食が多いのも嬉しいポイント!トムヤム味の野菜チップスや今人気のドライバナナのチョコがけ、タイ文字クッキーなど新作土産が続々登場。

「エムクオーティエ」のスーパーは菓子土産が充実

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

無料の遊び場は、5階にある「Urban Adventures」。ビルの中とは思えないアマゾンのようなオアシスが広がっています。滝や噴水が見られるウォーターガーデンをはじめ、バンコクの眺望が望めるビューエリアも人気。緑溢れる遊び場で休憩したり、次のプランを練るにも最適な場所です。一部有料施設ではアスレチック体験も可能。250バーツでドキドキの思い出作りもできちゃいます。この階のお手洗いにはオムツ替え台が設置してあるので乳幼児連れでも安心♪

「セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ」にはセンスの光る子供服が

「セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ」にはセンスの光る子供服が

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

オープンエアの心地よい風が楽しめる「セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ(Central Festival East Ville)」。ここに来たら是非チェックして欲しいお店が子供服を扱う「Once Upon A Time」。タイ人デザイナーが手がける子供服、靴、帽子などが所狭しと並べられ、オリジナル感もたっぷり。シンプルだけど着易く色合いもお洒落!ズボンはゴムとボタンでサイズ調整ができるようになっていたり機能性にも優れています。他には無い1着を見つけたい方要チェックです。

「セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ」にはセンスの光る子供服が

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

開放的なオープンエアのスペースにはちょっとした遊び場が沢山!鯉が泳いでいる池があったり、4歳以上は砂場の利用も可能。子どもが喜ぶキディ・カー(Kiddy car)のレンタルもでき、ブランコのようにゆらゆらと揺れるソファーで休憩もあり。ぶらりと歩いているだけでも楽しいオブジェに出会える遊び心満点のアウトドア&インドアモールです。

大人も子どもも楽しめる!タイのショッピングモール

無料で子どもを遊ばせながらショッピングも楽しめてしまう。タイのショッピングモールは日々進化を遂げていて、驚かされる工夫がいっぱい!イベントやセールなどをいち早くチェックして、お得な旅プランを練ってみては如何ですか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/12−2017/02/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ