スイートルーム独り占め!?ワルシャワ「セントアンドリュースパレス」で、ちょっとリッチに過ごしてみる

| ポーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイートルーム独り占め!?ワルシャワ「セントアンドリュースパレス」で、ちょっとリッチに過ごしてみる

スイートルーム独り占め!?ワルシャワ「セントアンドリュースパレス」で、ちょっとリッチに過ごしてみる

更新日:2017/11/25 10:48

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ 大人の旅ソムリエ、魅力あるコスパ旅案内人

ポーランド・ワルシャワの中心地にある「レジデンス セント アンドリュース パレス」は、アクセス抜群の高級アパートメントホテルです。便利な繁華街にありながら、敷地内は驚くほど静か。ほとんどの部屋がキッチン・バス完備の広々したスイートルームというこのホテルなら、まるでワルシャワに住んでいるような気分が味わえます。

中央駅へも、旧市街へも徒歩圏内!何より魅力な好立地

中央駅へも、旧市街へも徒歩圏内!何より魅力な好立地

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

ワルシャワ観光の拠点にするなら、「レジデンス セント アンドリュース パレス」ほど条件を満たしているホテルはあまりないでしょう。ワルシャワの玄関口、中央駅から徒歩で10分あまり、スーツケースを持っていてもさほど苦労せずたどり着ける距離にあります。周辺には文化科学宮殿、ショパン博物館、国立博物館など、見どころが目白押し。旧市街広場や旧王宮へも、もちろん徒歩圏内です。

レストラン、カフェ、ショップが軒を連ねる賑やかな歩行者天国、ヒミエルナ通り(ul. Chmielna)に面して建つ「セント アンドリュース パレス」ですが、一歩敷地内に入れば、そこはうって変わって閑静な別世界。便利さと快適な住環境を併せ持つ、旅行者には理想的なホテルです。

長期でも短期でも使える、便利なアパートメントホテル

長期でも短期でも使える、便利なアパートメントホテル

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

この「セント アンドリュース パレス」は、1900年建造の由緒ある建物をそのままホテルにしたもので、24室すべてがキッチン付きのスイートルームになっています。部屋タイプは、27.5平米のコンパクトな1人専用「スタジオスイート」、50平米の1LDK「ジュニアスイート」、68平米の2LDK「スーペリアスイート」、より広い85平米の2LDK「エグゼクティブスイート」の4種類です。

ありがたいのは、食器、カトラリー、冷蔵庫、IH調理器、食器洗浄機など、日常の生活に必要な備品や設備がどの部屋にも揃っていること。ジュニアスイート以上なら、さらに電子レンジ、洗濯乾燥機、バスタブ、独立したジャワ―ブースなど、より充実した設備が備わっています。

もちろん、毎日の清掃、モーニングコール、無料Wi-Fiといった基本サービスは一般のホテルと同じです。アパートの機能性とホテルのおもてなし。2つの要素を兼ね備えた、使い勝手抜群のアパートメントホテルです。

室内は、まさに高級レジデンス!

室内は、まさに高級レジデンス!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

掲載の室内写真は、そのうち「スーペリアスイート」のもの。広々としたリビングダイニングには、ソファやダイニングテーブル、大型テレビなど、必要な家具がすべて揃っていて、まさに高級マンションの一室! 19世紀のビーダマイヤー風インテリアがとても上品で、ヨーロッパの由緒ある邸宅にいるような、ちょっと優雅な気分に浸れます。

そして、リビングとキッチン、バスルーム、2つの寝室をつなぐ廊下のなんと長いこと! こんな贅沢なスペース、日本のホテルではなかなかお目にかかれません。

3人で泊まっても、まだまだ広い「スーペリアスイート」

3人で泊まっても、まだまだ広い「スーペリアスイート」

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

こちらの写真は、同じ「スーペリアスイート」のマスターベッドルームですが、これ以外にもう1つ小さなベッドルームがあります。

基本3人用の「スーペリアスイート」ですが、リビングのソファベッドを使用すれば4人まで泊まれるうえ、逆に1人でも予約が可能。希望すれば2LDKのスイートをひとり占め、なんてこともできてしまいます! 物価の安いポーランドのこと、価格もかなり割安(2016年5月時で、1室約14,000円)なので、ここは思いきって優雅なおひとり様滞在と決め込むのもいいかもしれません。

部屋から部屋への移動でやたらと歩かなければいけないとか、部屋や設備を全部使いきれないとか、広すぎて落ち着かないとか、普段ないような贅沢な悩みを抱えること必至です!

外食でも、中食でも、気の向くままに。

外食でも、中食でも、気の向くままに。

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

一歩外に出てしまえば食べる場所には困らない便利なロケーションにある「セント アンドリュース パレス」。気の向くまま、お腹の欲するまま、気軽においしいもの探しに繰り出せます。でも、せっかくキッチンやダイニングテーブルがあるので、一度くらいは市場やスーパーで新鮮な地元の食材を調達して、部屋で気ままに晩酌・晩餐を楽しんでみては?

宿泊料金には朝食込みとそうでないものとあり、込みの場合は1階の中庭に面したカフェでビュッフェ朝食が食べられます。ただ割合簡素な内容なので、あえて朝食なしプランを選んで、近くのベーカリーやカフェへ足を運んでみるのもいいかもしれません。

近辺にはデパートやショッピングモールも多いため、すきま時間にショッピングを楽しむにも便利なホテルです。

女性にもおすすめ!

ポーランドの首都ワルシャワを初めて訪れる方にぜひおすすめしたい「レジデンス セント アンドリュース パレス」。アクセスのよさ、快適さ、高級感、どの点をとってもきっと満足していただけます。繁華街とはいえ、治安もいいワルシャワのこと、女性ひとり旅でも安心です。

ただひとつ、このホテルのフロントは月曜日〜金曜日の昼間(通常9〜17時)のみ営業していることにご注意を。週末や夜間に到着・出発しなければならない場合は、事前に連絡をしておく必要があります。

それでは、珠玉のアパートメントホテルで、ゆったり優雅なワルシャワ滞在をお楽しみください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/03−2016/05/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -