海外から人気の黒川温泉で静かに過ごせる宿「旅館 奥の湯」

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海外から人気の黒川温泉で静かに過ごせる宿「旅館 奥の湯」

海外から人気の黒川温泉で静かに過ごせる宿「旅館 奥の湯」

更新日:2016/09/12 11:05

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

渓谷の両側に温泉宿が建ち並び、情緒ある町並みが人気の熊本・黒川温泉。一度は行ってみたいと思う女性も多いはず。ですが黒川温泉は海外観光客からも大人気で、「意外と賑やかだった」という感想もよく耳にします。
そこで、静かなお宿に籠ってゆっくりと寛ぎたい方におすすめしたいのが「旅館 奥の湯」。宿から出ずに9つの異なる趣の温泉が楽しめる、中心地から少し離れた静かな隠れ宿です。

「ひっそり」という言葉がぴったり…

「ひっそり」という言葉がぴったり…

写真:東郷 カオル

地図を見る

「旅館 奥の湯」があるのは黒川温泉を流れる田の原川上流の静かな場所。旅館が多く集まる場所からも高速バス亭からも徒歩10分程度の場所ですので、便利さと静けさの両方が享受できます。

温泉街を歩くとわかると思いますが、黒川温泉は海外からの観光客に大人気で、とにかく賑やか。そんな中でこの立地とこの佇まいは見事としか言いようがありません。美しく掃き清められた玄関に屋根を覆うほどに育った木々。思わず紅葉の時期の様子を想像してしまう美しさです。

バス利用の方は、バス停から宿に電話をすればすぐに迎えにきてくれます。歩いても10分くらいですが、散策するのは宿に荷物を置いてからが身軽で良いでしょう。

豊かな自然を感じることのできるお部屋

豊かな自然を感じることのできるお部屋

写真:東郷 カオル

地図を見る

奥の湯には「本館」「離れ」「新館」があり、宿泊人数やスタイルによって様々なタイプのお部屋を選べます。写真は本館の小さ目のお部屋。奥の湯の中では一人旅にはもってこいの比較的コンパクトな間取りですが、山の緑が美しく、部屋にいながらにして黒川温泉の豊かな自然を感じることのできるお部屋です。

このタイプのお部屋は大浴場や露天風呂に一番近く、ゆっくりと奥の湯自慢の露天風呂を楽しみたい方にはぴったりです。

混浴から貸切風呂まで

混浴から貸切風呂まで

写真:東郷 カオル

地図を見る

奥の湯は2,000坪の敷地内に9つの温泉が点在。大浴場(男女)、女性用露天風呂、露天風呂(混浴)、洞窟風呂(混浴)、川風呂(混浴)、ひのき風呂、竹の湯(貸切)、もみじの湯(貸切)、あじさいの湯(貸切)、それぞれに趣向を凝らした造りです。

お宿の露天風呂が混浴だなんて、「エッ、それは困る!」と思われる方も多いでしょうが、女性専用の時間帯が設けられていますので心配いりません。筆者も恐々覗いてみましたが、その時間帯は確かに女性のみ。どうぞ安心して楽しんでください。

写真はあじさいの湯。貸切風呂を利用する場合はフロントで鍵をもらってください。全26室に対して貸切風呂は敷地内に3か所。どこかは空いている確立が高いです。敷地内にたくさんお風呂がある奥の湯だからこそ、貸切温泉もストレスフリーで利用できます。

山の幸に舌鼓

山の幸に舌鼓

写真:東郷 カオル

地図を見る

奥の湯の夕食は山の幸が中心の「和の創作料理」。地元の新鮮なお野菜はじめ、あゆや馬刺し、肥後牛など地元の食材が並びます。

お酒でおすすめなのが、女将手作りの梅酒。この梅酒付きプランもありますので、試しにいかがでしょうか。

朝食はお野菜とフルーツがセルフ方式で食べ放題。旅館の良いところとホテルのブッフェ朝食の良いところを取り入れた自由度の高い朝食スタイルです。

パブリックスペースでも寛げる

パブリックスペースでも寛げる

写真:東郷 カオル

地図を見る

ホテルのフロント前には広々としたロビーラウンジ。その奥にもまた別のラウンジがあり、朝食後の無料コーヒーサービスが行われています。

美しく手入れされた緑豊かな庭を見ながら寛ぎのコーヒータイム。その後はまた温泉…なんて、贅沢極まりない時間を過ごすことができます。

チェックアウト後は、徒歩10分ほどの中心地で「入湯手形」を利用して他の旅館の温泉を楽しむのも良いですが、静かな環境が好きな方は、おそらく「奥の湯のお風呂が静かで良かった」という結果になるでしょう。ですのでチェックアウトぎりぎりまで奥の湯の温泉を楽しんで、出発時間まではロビーやお庭でのんびりされるのがおすすめです。

※入湯手形を購入すると黒川温泉の旅館の露天風呂が3つ楽しめます

おもてなしの宿

玄関の常に掃き清められた状態からも想像がつくように、「旅館 奥の湯」は心のこもったおもてなしが評価されているお宿。従業員の数もじゅうぶんで、細やかなサービスが提供されています。
フロントにおいてもお食事処においても、杓子定規の対応ではなく、人と人とのふれあいが温かい、ほっとする居心地の良い旅館です。
黒川温泉で静かで寛げるお宿を探されている方は、是非検討してみてください。おすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/01−2016/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -