バンコクの素敵でおしゃれなサービスアパート5選

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクの素敵でおしゃれなサービスアパート5選

バンコクの素敵でおしゃれなサービスアパート5選

更新日:2016/09/23 18:03

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

バンコクはとにかく宿泊施設の選択肢が広い!ホテル、ゲストハウス、ホステル、日本でいう民泊などなど、ジャンルも施設も多すぎて選ぶのに困ってしまうほど。そんな宿泊施設の中でバンコクがとびぬけて優秀だと言われているのがサービスアパート。ホテルと違い、キッチンが付き、生活する事に重きを置いた広めの客室が魅力です。今回は数あるサービスアパートの中から特におしゃれで個性のあるサービスアパートを紹介します!

バンコク駐在員御用達!エンポリアム・BTSプロンポン駅直結のエンポリアムスイート

バンコク駐在員御用達!エンポリアム・BTSプロンポン駅直結のエンポリアムスイート

提供元:チャトリウムホテル&レジデンス

http://www.chatrium.com/chatrium_emporium/default-…

まずは超高級サービスアパートをご紹介。

バンコクのBTSプロムポン駅周辺は、一瞬ここは本当にバンコクなの?と思ってしまうほど日本人遭遇率が高いエリアです。理由は日本人が経営する日本食レストランが数えきれないほどあり、日本の食材を豊富に扱うフジスーパーがあるから。バンコクの駐在員家族が住む高級コンドミニアムが集中しています。
大手企業や公務員など駐在にあたり高額な家賃補助が出る駐在員の中で、1年程度の短期滞在をする人が多く住んでいるのがエンポリアムスイート。

1泊の値段も4つ星ホテルと変わらない値段ですが、プロンポン地区で一番の高級ショッピングコンプレックス・エンポリアムとBTSプロムポン駅に直結した立地、5つ星ホテル同等の客室や施設を考えれば、納得の値段。1か月以上の長期滞在には割引にも応じてくれるので、ビジネス滞在・長期旅行の方は相談を。

客室からはバンコクの摩天楼とベンチャシリ公園の緑を望み快適。バルコニー付の客室はちょっとしたスリルを味わえるのでお勧めです。
客室は一番狭い部屋でも60平米。屋上のプールは子供を含めた家族でのんびりと寛げる雰囲気なので、家族旅行にもお勧めです。

住んでいる感覚を都会のど真ん中で楽しむ。レガシースイーツは安くておしゃれ!

住んでいる感覚を都会のど真ん中で楽しむ。レガシースイーツは安くておしゃれ!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

BTSアソーク駅とBTSプロムポン駅の丁度真ん中にあり、どちらも徒歩で7,8分という便利な立地がこのレガシースイーツ。こちらは常に1泊6000円程度の格安サービスアパートです。どこのサービスアパートにも言える事ですが、ホテルほどの至れり尽くせりサービスがないせいか、客室は同じ値段のホテルより広く過ごしやすい!インテリアもおしゃれで、一番スタンダードなタイプでも40平米あり、居心地抜群です。

キッチンはコンパクトながら、必要最低限の調理器具はそろっているので、タイ料理に飽きちゃったから、自炊しようかな、とう人はプロンポン駅からバイクタクシーでフジスーパーに行って、日本食材で自炊する、なんていうこともできます。電子レンジもあるので、離乳食が必要な赤ちゃん連れも安心。そして、食器も揃っているので屋台で沢山買い込んで部屋で食べたいという人にも快適です。

敷地内にはきれいなプールもあるので、ショッピングや観光に疲れたらのんびり寛いでみては?プールではホテルのようにホテルメニューのドリンクを頼まなくていいので、コンビニで買った安いビールが遠慮なく飲めるのも嬉しいですね!

屋上の絶景プールが最高!アーバナランスアン

屋上の絶景プールが最高!アーバナランスアン

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

BTSチットロム駅から徒歩10分程度の場所にある高層ビルがアーバナランスアン。
ルンピニー公園が徒歩圏、スーパー、レストランが入っているオールシーズンズプレイスも徒歩圏と、ある程度近場で快適に過ごせる立地が人気です。客室も広く、眺望も抜群!

バンコクの有名観光地をまわり、買い物をしてホテルに荷物を置いて、また観光に出て…と、宿泊場所を拠点に外出しまくりたい、というよりは、午後か午前に外出を固めて、宿泊施設でゆっくり過ごす時間を持ちたい、という人にお勧め。
なぜなら、高層階にあるプールが素晴らしすぎるから!

22:00近くまで使えるプールなので、日が沈み、夜景が見える時間にプールに行くのもいいですよ!ビーチチェアーに寝ころべばバンコクのきらめくような夜景が足元に広がります。都心部でこの眺めのプールをもつ宿泊施設は少ないし、1泊6000円程度のサービスアパートでこの体験ができるのは非常に稀少。ここもサービスアパートなのでプールのスタッフが常勤していません。持ち込んだドリンクを遠慮なく飲めるので、1日まったりと過ごすのもいいですね!

オシャレ度・サービスbP!テンフェイスバンコク

オシャレ度・サービスbP!テンフェイスバンコク

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

オープン時は高級ホテルとしてスタートし、少々お高めなホテルスした。ここ数年は1泊5000円台で泊まれるブティックホテル&サービスアパートメントとして気軽な値段展開をしてくれています。
でもサービスは高級ホテルの時のまま。チェックイン時に選ばせてくれる、ナチュラルソープやシャンプー、好みの硬さの枕など、とても細やか。またバンコクの宿泊施設の中でもずば抜けてハイセンスです。

まるで秘密の要塞のような扉を抜けると、タイ舞踊でも知られるタイの古典文学「ラ−マキエン」の登場人物たちのオブジェが!施設の名前も全て「ラーマキエン」に基づいた名前になっているこだわりよう。
レストランに王族が来たこともあり、隠れ家的な雰囲気がバンコクのハイソサエティー層にウケています。

さて、肝心の客室ですが、これまで紹介したサービスアパートの中で一番素敵です。
なんと全スイート仕様。大きなキッチンと冷蔵庫があるリビングスペースと、天蓋付の大きなベッドがあるベッドルームに分かれていて、客室から出るのが嫌になるくらい豪華です。この値段でこのレベルの客室の宿泊施設は他にありません。バンコク1のコスパだと言いきれます。

バンコクの異次元?レンガ造りの洋館でちょっと変わった滞在!ハウスバイザポンド

バンコクの異次元?レンガ造りの洋館でちょっと変わった滞在!ハウスバイザポンド

提供元:ハウスバイザポンド

http://housebythepond.com/

最後に紹介するのは筆者がバンコク在住時に住んだハウスバイザポンド。
これまで紹介したサービスアパートとは少し毛色が違います。立地はBTSアソークとプロンポン駅の間。アソーク駅利用ならソイ16の入り口でバイクタクシーに「ハウスバイザポンド」というと簡単にたどり着けます。最寄駅はMRTクイーンシリキット駅から500メートル。プロンポン駅も歩こうと思えば15分程度。ただし大きなトランクのある人は、事前に地図を把握し、タクシーの運転手に教えられる技術が必要です。

とにかく建物が凄い!バンコクの中心部に突然大正ロマンを彷彿とさせる洋館があるのです。うっそうとした緑の木々に包まれた洋館にはメゾネットタイプ、スタジオ、1ベットルームスイートタイプと様々な客室が!客室を見せてもらって泊まる部屋を決めることも可能です。

窓の外をリスが走り回っていることもあり、とにかく驚きの連続!目覚めたらバンコクではなくヨーロッパにいるのかと勘違いしそう。

紹介した他4つのサービスアパートは比較的ホテルに近いサービスシステムですが、ハウスバイザポンドはバスタオルと石鹸以外は自分で用意する必要があります。でも1泊5000円以下で、貴族の館に迷い込んだ気分は、他では絶対味わえませんよ!リピーターさんにお勧めしたいサービスアパートです。

ハウスバイザポンドについての詳細は他の記事に書かせていただいたので、関連MEMOからお読みくださいね!

バンコクのサービスアパートを楽しむなら個性にこだわろう!

バンコクはサービスアパートだけでも数えきれないくらい存在します。でもせっかくなら、便利、気軽、高級、おしゃれ、ちょとかわった場所…などなど、旅の思い出に残るような特徴的な場所に泊まりたくありませんか?
暮らしているのと同じ感覚で泊まれるサービスアパートは、ホテルよりも自由度が高い分、個性的な方が、今のバンコクを感じつつ楽しめます。

中級以下の部屋の狭いホテルも嫌だし、超高級ホテルの至れり尽くせりサービスも堅苦しいから嫌…そんなあなたはぜひサービスアパートを選択してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/28−2016/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

テンフェイス ホテルの旅行プランを検索

ハウス バイ ザ ポンドの旅行プランを検索

フレイザー プレイス アーバナ ラングスアンの旅行プランを検索

レガシー スイーツ バンコクの旅行プランを検索

テンフェイス バンコクの旅行プランを検索

レガシー スイーツの旅行プランを検索

アーバナ ランスアン バンコク タイランドの旅行プランを検索

エンポリアム スイーツの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -