秘境キンバリー地方を遊び尽くす!カナナラ発日帰りアクティビティ5選(オーストラリア)

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秘境キンバリー地方を遊び尽くす!カナナラ発日帰りアクティビティ5選(オーストラリア)

秘境キンバリー地方を遊び尽くす!カナナラ発日帰りアクティビティ5選(オーストラリア)

更新日:2016/09/06 14:06

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

オーストラリア北西部にある「キンバリー地方」は、道路なども殆ど整備されていない広大な未開の地。オーストラリア最後の秘境として知られています。

キンバリー地方東部にあるカナナラという町からは、レンタカーでのドライブや現地ツアーを利用して、秘境キンバリーの様々な場所を訪れることが可能です。今回は、カナナラの町から日帰りで行ける、キンバリー地方ならではのお勧めスポットやアクティビティをご紹介します。

まるでジャングルクルーズ!Triple J Toursの「オード川クルーズ」

まるでジャングルクルーズ!Triple J Toursの「オード川クルーズ」

写真:高田 真美

地図を見る

カナナラ発の日帰りツアーで、最もお勧めなのが、Triple J Toursの「オード川クルーズ(Ord River Cruise)」です。このツアーでは、オード川のカナナラとアーガイル湖の間、約55キロの距離をボートでクルーズしながら観光します。Triple J Toursのリバークルーズには、1.カナナラとアーガイル湖間の往復をクルーズするもの、2.午前中にカナナラからボートでアーガイル湖までクルーズして午後にツアーバスでカナナラまで戻ってくるもの、3.昼頃にツアーバスでカナナラからアーガイル湖へ向かい午後から夕方にかけてカナナラまでボートクルーズで戻ってくるもの、という3種類の選択肢があります。最もお勧めなのは、昼に陸路でアーガイル湖へ向かい午後から夕方にかけてカナナラまでクルーズで戻ってくるというツアー。このコースだと陸路と水路、両方の景色が楽しめますし、クルーズでカナナラに到着する際には、オード川に沈む素晴らしい夕日を鑑賞することができるのです!

Triple J Toursのリバークルーズでは、速度が出るタイプのボートを使っていますので、時折スピードボートのように颯爽と駆け抜けたり、ボートを停泊させて大自然の中の静寂さを味わったりと、非常にメリハリがあってクルーズ中も飽きることがありません。ワニ・鳥類・ワラビーなどキンバリー地方の野生の動物も見ることができ、まるでジャングルクルーズのように楽しいツアーです。

神秘的なアーガイル湖

神秘的なアーガイル湖

写真:高田 真美

地図を見る

カナナラから70キロほど南にある「アーガイル湖 (Lake Argyle)」は、カーボイド山脈の谷間をダムで堰き止めたことにより作られた巨大な貯水湖です。険しい山岳地帯の谷間を水没させてできたアーガイル湖には、かつて山々の頂上だった部分が、今では島となり湖の中に点在しています。その島の数は70以上!鏡のように穏やかな湖面にオレンジ色がかった島々がぽっかりと浮かぶ何とも神秘的な景色を作り出しています。

アーガイル湖の美しい景色を堪能するには、@湖を見下ろす丘の上にあるレイクアーガイルリゾートから景色を楽しむ、Aボートツアーなどに参加して湖上から景色を楽しむ、Bセスナやヘリコプターのツアーに参加して空からの景色を楽しむ、という3通りの方法があります。

カナナラからアーガイル湖までは、車で約1時間。きちんと整備された道が続いていますので、レンタカーでのセルフドライブも可能ですが、レイクアーガイルリゾートが運行しているボートツアーにはカナナラからのバス送迎がついているものもありますので、そちらを利用するのも便利です。また、前項で紹介したオード川クルーズとアーガイル湖クルーズがセットになったツアーもありますので、そちらを利用すれば、丸一日でアーガイル湖クルーズとオード川クルーズの両方を楽しむことも可能です。

四駆ドライブでワイルドに!「エル・クエストロ原生公園」

四駆ドライブでワイルドに!「エル・クエストロ原生公園」

写真:高田 真美

地図を見る

手付かずの大自然をワイルドに楽しみたいなら「エル・クエストロ原生公園 (El Questro Wilderness Park) 」へ出かけましょう。「エル・クエストロ原生公園」は、もともと荒野の大牧場だった場所を、原生公園として観光客向けの施設としたものです。観光客向け施設とはいえ、大自然そのままの姿が保存されていますので、エル・クエストロ原生公園内での移動には四輪駆動車が必須。石ころだらけのガタガタ道やタイヤが埋まってしまいそうなフカフカの砂の道、瓦礫の上を走り抜けたり、川を車で渡ったりと、これぞ秘境といったワイルドなドライブが続きます。

100万エーカーの広大な敷地内には、椰子の木が茂るジャングルの中に沸く温泉、美しい滝が流れ落ちるウォーターホール、果てしなく続く赤い崖と川など、秘境キンバリーならではの景色を楽しめる展望スポットやウォーキングトラックがたくさんあります。

カナナラからエル・クエストロ原生公園の入口までは約90キロ(車で約1時間)ですので、日帰りも充分可能。レンタカーでのドライブに自信がない方は、カナナラからエル・クエストロ原生公園を訪れる日帰りツアーも出ています。また、手付かずの自然を思いっきり楽しみたい方は、エル・クエストロの敷地内に宿泊するのもお勧めです。エル・クエストロには、キャンプ、テント型キャビン、バンガロー、ホームステッド、と様々な形式の宿泊施設があります。エル・クエストロのホームステッドは、宿泊料金に食事・飲物・アクティビティなどが含まれたラグジュアリーな宿泊施設。映画『オーストラリア』の撮影中にニコール・キッドマンが宿泊していたことでも知られています。

2WDでもアクセス可能!壮大な河口の景色「ウィンダム」

2WDでもアクセス可能!壮大な河口の景色「ウィンダム」

写真:高田 真美

地図を見る

2WDの車で簡単にドライブできる場所としてお勧めなのが、カナナラの北西にある「ウィンダム (Wyndham)」という町です。カナナラからウィンダムまでは、約100キロ(約1時間)。きちんと舗装された道路が続いていますので、広大なアウトバックの景色を見ながらの快適なドライブを楽しむことができます。

ウィンダムの町は、デュラック川・ペンテコスト川・キング川・フォレスト川・オード川という5つの川がケンブリッジ湾に注ぎ込む河口にある小さな町。町の裏手の小高い丘の上には Five Rivers Lookout という展望台があり、ここからの景色が見事です。

また、カナナラからウィンダムへ向かう途中の、グロット (Grotto) と呼ばれる場所もお勧めです。崖の上に車を停めて、赤い岩肌の崖に設置された140段の階段を下りていくと、神秘的な天然プールが現れます。このグロットへ向かう道もきちんと舗装されていますので、2WDの車でアクセスが可能です。

野鳥の楽園「パリー・ラグーン自然保護区」でバードウォッチング!

野鳥の楽園「パリー・ラグーン自然保護区」でバードウォッチング!

写真:高田 真美

地図を見る

秘境キンバリーでバードウォッチングを楽しみたい方にお勧めなのが「パリー・ラグーン自然保護区 (Parry Lagoons Nature Reserve)」です。可愛らしい睡蓮の花が浮かぶ穏やかなこの水辺には、数え切れないほどたくさんの野鳥が生息しています。「ハイド」と呼ばれる野鳥を観察するための小屋やボードウォークも設置されており、ラグーンに住む魚を求めてやってくる野鳥たちを心置きなく観察することができます。また、この辺りには、ソルトウォータークロコダイルも生息していますので、水辺で巨大なワニが日光浴をしていることもありますよ!

パリー・ラグーン自然保護区は、カナナラからウィンダムへ向かう途中にありますが、未舗装の道を10キロほど走る必要がありますので、四輪駆動の車が必要です。

最後に

カナナラの町からは、この他にも、日帰りツアーやセルフドライブで訪れることができる場所がたくさんあります。キンバリーの景勝地として知られるバングルバングル(パーヌルル国立公園)へも、小型飛行機やヘリコプターを使った日帰りツアーが出ています。

レンタカーで運転する予定がある方は、四輪駆動の車を借りることをお勧めします。カナナラ周辺には2WDの車で行ける場所も数多くありますが、四輪駆動の車があれば、よりワイルドに秘境を体験することがをできますよ!

カナナラの町については、別記事に纏めていますので、そちらのほうも是非参考にしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

エル クエストロ ウィルダネス パーク ホテルの旅行プランを検索

El Questro Homesteadの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ