気分はハリーポッター!ロンドン観光で乗りたい交通手段4選で名所巡りをしよう

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

気分はハリーポッター!ロンドン観光で乗りたい交通手段4選で名所巡りをしよう

気分はハリーポッター!ロンドン観光で乗りたい交通手段4選で名所巡りをしよう

更新日:2016/09/18 14:48

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

英国ロンドンで訪れたい観光スポット、バッキンガム宮殿や大英博物館、ロンドン塔、タワーブリッジ…。ロンドン市内は公共の交通機関が網羅されているので、どこへでも簡単にアクセスできます。しかもロンドンを走る交通機関は、そのフォルムも特徴的。2階建バスのダブルデッカーなど英国をイメージさせる乗り物は、乗ること自体がワクワクするお楽しみ。

簡単便利なロンドンの乗り物にのって、市内観光にでてみませんか?

レトロタイプの「ダブルデッカー」は有名観光地を周るルートに

レトロタイプの「ダブルデッカー」は有名観光地を周るルートに

写真:ろぼたん

地図を見る

ロンドン観光で一度は乗ってみたい真っ赤な2階建てバス、「ダブルデッカー」。異国でバスに乗るのは不安という方もいるのでは?ロンドンを走るバスは、番号が車体に表記されており、番号によって走るルートが決まっています。写真のレトロタイプの「ダブルデッカー」はルートマスターと呼ばれ、走っているのは「遺産ルート(Heritage Route)」の9番と15番。どちらも名所をたくさん通るので市内観光に利用するにはピッタリ。やはり2階部分から眺める景色は格別です。古い建物が残るロンドンの街並みは、ハリーポッターの世界に紛れ込んだかのようなワクワク感がありますよ。

日本のバスと違うのは現金が使えないこと。日本でいうPASMOやSUICAのようなチャージ式のオイスターカードが使い勝手抜群。降りるときの後払い清算はできませんので、常に多めにチャージしておくように心がけましょう。

ダブルじゃないバスもある!?徒歩移動は地面に注目!

ダブルじゃないバスもある!?徒歩移動は地面に注目!

写真:ろぼたん

地図を見る

先ほどご紹介した15番バスは、トラファルガー・スクエアを出発し、ロンドン塔まで走っていきます。途中、セントポール大聖堂(写真)の目の前に停まるので立寄ってみて。この教会は故ダイアナ元妃が結婚式を挙げた場所。教会の外観や内部は荘厳で見応えがあります。大聖堂のドーム上からの景色は市内を一望できる展望スポットです。(434段の階段あり)

ロンドン市内を走るバスは全てが「ダブルデッカー」ではなく、1階建てのバス(写真)も走っています。「ダブルデッカー」は色々な車体のバスがあるので乗り比べてみて。

また横断歩道で目立つのは、「LOOK RIGHT→」「←LOOK LEFT」と地面に書かれた文字です。合理的な英国人は信号機よりむしろこの指示を忠実に守っていることも。自己責任の上での行為ですが、確認方向はそっちだけ?とお国柄をも感じる表記です。

階段には気をつけて!空港へも市内の移動にも便利な「チューブ」!

階段には気をつけて!空港へも市内の移動にも便利な「チューブ」!

提供元:photo-ac

http://www.photo-ac.com/地図を見る

ロンドン市内の移動で最もわかりやすく便利に利用できるのが「チューブ」と呼ばれる地下鉄。ヒースロー空港まで直接乗り入れもしており、市内の有名スポットへは楽々アクセスできる乗り物です。

難点は突然の運休。特に休日はあちこちの路線が運休になることも。ロンドンの地下鉄は、荷物が少ないからといって「階段で移動しよう」なんて考えるのは危険です。「チューブ」は驚くほど地下深くを走っており、古さも相まってダンジョンに入っていく冒険者のような気分になる深さの駅があるほど。ハリーポッターならまだしもスライムがでてくるかも。(何が出てくるかは保証できません^^。)

また、複数の路線が交わった駅は入り組んでいるため、移動時間がかかります。1駅くらいなら地上を歩いたほうが早い場合もありますよ。

映画やTVでよく見る英国タクシー「ブラックキャブ」

映画やTVでよく見る英国タクシー「ブラックキャブ」

写真:ろぼたん

地図を見る

英国女王がお住まいのバッキンガム宮殿(写真)は、隣接するセントジェームズパークとともに、是非訪れたいスポットのひとつ。地下鉄を利用しようとしたら運休で11時半の衛兵の交替式に間に合わない…なんてときには、「ブラックキャブ(タクシー)」で訪れるのもオススメ。

世界一難しいタクシー試験ともいわれる「ブラックキャブ」の試験にパスしたドライバーは、運転技術の高さだけでなく、ロンドンを把握しているプロ。「ブラックキャブ」の車内は広く、クラシカルな車体はロンドンの街並みによく似合います。

手を挙げて走っている車を停め、行き先を伝えOKであれば乗り込むという方法か、タクシー乗り場で乗車ができますよ。

いつもと違った景色が楽しめる「水上バス」

いつもと違った景色が楽しめる「水上バス」

写真:ろぼたん

地図を見る

「水上バス」もロンドン市民の足として利用の多い交通機関です。テムズ川に架かる跳開橋、タワーブリッジ(写真)を正面から眺めたり、ビッグベンやロンドン・アイ、ロンドン塔といったロンドンの名所を川沿いから味わうこともできるお得な移動手段です。市内中心部からグリニッジ天文台(約1時間)への移動は、観光ツアーなどでもよく利用される便利なルート。ランチ付きやディナー付きのクルーズもいいですが、大型タンカーなどを間近で見る迫力などは市民の足「水上バス」でも変わりません。夜のライトアップの時間帯もオススメ。

ただし水の上の移動は、ゆらゆらといい感じで夢の世界へと誘う心地よさが。旅の疲れがたまっているときは、あっという間に眠りの国に出発しかねませんので気をつけましょう。

ロンドンの名所観光はロンドンらしい乗り物でGO!旅が楽しくなるロンドンの交通機関

イギリスは本や映画で見た『シャーロックホームズ』や『ハリーポッター』が活躍する舞台。そんなロンドンの街を乗ること自体が観光の楽しみともいえる、見た目にも特徴的なロンドンの乗り物にのって観光してみませんか?

イギリスは移民が多い国なので、ロンドン市内の公共の交通機関に乗って移動するだけで、自分が外国人であることを忘れてしまうほど、あっという間に溶け込むことができますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -