北アルプスのV字谷を走るトロッコ列車!富山・黒部峡谷鉄道の魅力

| 富山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北アルプスのV字谷を走るトロッコ列車!富山・黒部峡谷鉄道の魅力

北アルプスのV字谷を走るトロッコ列車!富山・黒部峡谷鉄道の魅力

更新日:2016/09/13 13:57

池口 英司のプロフィール写真 池口 英司 フリーライター、フォトグラファー 日本写真家協会(JPS)会員

黒部峡谷鉄道は、富山県の宇奈月と欅平を結ぶ20.1kmの私鉄です。元々は電源開発の資材運搬用として大正末期に建設されたこの鉄道は、登山者などの要望を採り入れる形で、1953(昭和28)年に旅客輸送を開始しました。そのような経緯から、路線は北アルプスの深いV字谷の底を走り、車窓からは手つかずの大自然を楽しむことができます。

小型機関車がトロッコ客車を引いて走る鉄道です

小型機関車がトロッコ客車を引いて走る鉄道です

写真:池口 英司

地図を見る

黒部峡谷鉄道のいちばんの特徴は、2本のレールの幅が762mmしかないこと。新幹線のレールの幅は1435mmですから、そのおよそ半分ということになります。そのため、車両はどれも小さなものばかり。機関車は大人の背丈とさほど変わらない小型のもので、これに引かれる客車も「トロッコ」と呼ばれる小さなものです。そのため多くの観光客が訪れる行楽シーズンには、これを何両も連結した長大な編成が登場します。

また、冬の間は深い雪に閉ざされる地域にあることから、例年12月から4月中旬まで冬季運休となることも、この鉄道のほかにはない大きな特徴となっています。この間には、一部の鉄橋などが取り外され、線路を雪崩などの被害から守っています。

そのような黒部峡谷だけに、紅葉の美しさは格別。防寒具でしっかりと身を固めれば、山の秋を存分に楽しむことができるでしょう。

線路は黒部川の澄んだ流れに沿って続いています

線路は黒部川の澄んだ流れに沿って続いています

写真:池口 英司

地図を見る

黒部峡谷鉄道の線路は、ほぼ全線で黒部川の澄んだ流れに沿って、谷を遡ってゆきます。時には手の届きそうな所に流れが現れることも。国内で常に1位~2位を争っているという黒部川の水質の高さを、車窓から確かめることができます。

遊園地の乗り物のようなトロッコ客車たち

遊園地の乗り物のようなトロッコ客車たち

写真:池口 英司

地図を見る

黒部峡谷鉄道で旅客輸送に使われているのが「トロッコ客車」(あるいは「トロッコ電車」とも)と呼ばれている小型の客車です。そのほとんどは側面に壁のない「開放式」のスタイルで、爽やかな風に思う存分吹かれることができるのが大きな魅力。もし、悪天候で寒い時は?その時は、密閉式の「リラックス車両」「特別車両」をチョイスしましょう。これらの車両であれば、寒い時には暖房も入ります。

列車はカーブを繰り返して、深い山に分け入って行きます

列車はカーブを繰り返して、深い山に分け入って行きます

写真:池口 英司

地図を見る

黒部峡谷鉄道の線路は流れに沿って蛇行を繰り返し、カーブを一つクリアーするごとに、車窓の風景が鮮やかに変わってゆきます。

途中に現れる駅は、どれも山腹に寄り添うようにして設けられた小さなものばかりで、一般の利用客は駅に降りることはできず、この鉄道が旅客輸送ではなく、あくまでも資材運搬のために建設されたことを理解できます。

それでも、途中の黒薙駅、鐘釣駅では一般利用客の乗降が可能で、それぞれの駅とも、近隣に温泉施設が建っています。帰りの列車の時間を確かめた上で、これらの温泉に立ち寄ってみるのも良いでしょう。

山の懐に抱かれた終着駅、欅平

山の懐に抱かれた終着駅、欅平

写真:池口 英司

地図を見る

起点の宇奈月駅からはおよそ1時間20分の道のりで、終着駅・欅平に到着します。駅は川に沿ったわずかな平地に作られ、駅舎は切り立った崖に囲まれるようにして建っています。駅の周囲には散策コースが整備され、欅平温泉、名剣温泉、祖母谷(ばばだに)温泉といった温泉にも道が通じています。

静けさに包まれた駅周辺は、まさに深山幽谷の感。この地に足を運んだ人だけが味わうことができる、至福のひとときを過ごすことができます。

北アルプスの自然を手軽に味わうことができる路線です

黒部峡谷鉄道は、起点の宇奈月駅で富山地方鉄道の宇奈月温泉駅と接続しているので、アクセスの心配は無用。ただし、運転本数が多くはない路線ですから、事前に旅行の行程はしっかりと確認しておきましょう。

また、欅平駅から北アルプスの頂を目指す道は、いずれも熟達者向きの峻険なものとなっています。それでも、宇奈月と欅平の間を1往復すれば、この鉄道と、沿線風景の素晴らしさを十分に理解できるはずです。「トロッコ列車」で、北アルプスの大自然を心ゆくまで楽しんで下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/08/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ