台湾の離島・金門のお土産は「一来順」で解決!名物は銘菓「貢糖」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾の離島・金門のお土産は「一来順」で解決!名物は銘菓「貢糖」

台湾の離島・金門のお土産は「一来順」で解決!名物は銘菓「貢糖」

更新日:2016/09/08 17:15

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾の離島・金門のお土産といえば、銘菓「貢糖」やそうめんのような「麺線」「包丁」「高梁酒」などなど色々ありますが、それら特産、名産が集まっているお店が「一来順」。人気のお土産屋さん「一来順」は、台湾内のデパートの物産展にもよく出店しているため、わざわざ金門に行かなくても珍しい離島のお土産が手に入ります。今回は「一来順」で人気の金門のお土産をご紹介します。台湾のお土産に是非!

「一来順」について

「一来順」について

写真:湯山 千里

地図を見る

「一来順」は1976年創業のお店で金門、廈門(アモイ)に合計四店舗あります。「一来順」と言えば銘菓「貢糖」と言われるほど「貢糖」ブランドとして名前が定着していますが、お店には麺線、麺線用のたれ、牛肉乾、 牛軋糖(ヌガー)、高梁水果醋(フルーツビネガー)などのほか、包丁や風獅爺の置物などまで特産、名産品が集まっています。

銘菓「貢糖」とは

銘菓「貢糖」とは

写真:湯山 千里

地図を見る

砂糖、麦芽糖、ピーナッツが原料のお菓子です。「貢糖」のような砂糖菓子の起源は明朝からで、福建地域で皇帝へ捧げるお菓子として作られていたそうです。名前の由来については諸説ありますが、その中に貢物の「貢」の字から「貢糖」と名付けられたという説があります。高温で乾燥している金門の気候はピーナッツの生産に適していて、小粒ながら香ばしいピーナッツが収穫できます。

台湾茶と共にどうぞ〜

台湾茶と共にどうぞ〜

写真:湯山 千里

地図を見る

「貢糖」は原料が砂糖なので、一度にたくさん食べると口の中が甘〜くなってしまいます。金門の「一来順」では試食時にお茶を出していただけるのでお茶と共に味わってくださいね。台湾茶のお茶請けに「貢糖」はピッタリです。

「一来順」の「貢糖」は味も豊富で、ゴマ味、海苔味、キンモクセイ味など10種類もあります!サクサクピーナッツを味わいたい方には「花生貢糖」、しっとり、ほろっと溶ける感じを味わいたい方には「千層貢糖」がおススメです!

このほか食品では「麺線」もおススメ。そうめんのように細い金門特産の白い「麺線」は、塩を加えず、島の日光や風にさらして自然乾燥させたものです。金門の牡蠣を使った牡蠣入りの麺線は、地元のグルメの一つですが、この「麺線」があれば、自宅でも金門の味を再現できます。新鮮な牡蠣などでスープを作り、この「麺線」を入れて煮れば出来上がります。「麺線」は、細くてすぐに煮えるので、料理もラクラク、煮る時間も僅か三分ほどです。小麦の自然の風味がしっかり感じられて簡単に調理&アレンジでき、量があって安い、金門おススメのお土産です。

高梁酒

高梁酒

写真:湯山 千里

地図を見る

高温で乾燥している金門の気候は、ピーナッツと同じく高粱の栽培にも適しています。この特産品高粱を使い、花崗岩の間を流れる地下水で蒸留した高梁酒は、無色透明で、香り、味が芳醇なお酒です。アルコール度数が38度以上と強いので、強いお酒が苦手な方は、料理に使うのをおススメします。魚料理に使ったり、カラスミを焼く前に高粱酒につけると臭みがとれて香り高くなりますよ。

「風獅爺」の置物

「風獅爺」の置物

写真:湯山 千里

地図を見る

金門を散策していると村の入り口の所や屋根の上などによく見かける、沖縄のシーサーのような「風獅爺」。「風獅爺」は、季節風を鎮め、福をもたらしてほしいという住民の願いから置かれるようになったそうです。「風獅爺」はその姿がかわいいので、金門で「風獅爺」探しをする人も多いんです。「一来順」では、この金門の守り神である「風獅爺」の置物なども扱っています。食べ物以外にも置物や包丁などもあるので、チェックしてみてくださいね。

金門の人気のお土産がそろう「一来順」

台湾の離島・金門のお土産を買うなら一度「一来順」へ足を運んでみてください。金門の人気のお土産の中が一度にチェックできますよ。

また「一来順」のフェイスブックでは、台湾内のデパートで行われる物産展への出店情報も掲載されているので、わざわざ金門に行かなくても「一来順」のお土産が手に入ります。価格もお手頃で数も多いバラマキにも使える「貢糖」など、台湾のお土産にいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ