地元食材を堪能!広島県尾道市「天然温泉うら湯・旅館浦島」

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

地元食材を堪能!広島県尾道市「天然温泉うら湯・旅館浦島」

地元食材を堪能!広島県尾道市「天然温泉うら湯・旅館浦島」

更新日:2016/09/28 09:50

KISHI Satoruのプロフィール写真 KISHI Satoru 岬の狩人、伝記研究者、旅するパンクス

広島県尾道市の閑静な奥座敷にあり、温泉と地元の食事を活かした料理で身も心も舌も満足させてくれるのが「天然温泉うら湯・旅館浦島」です。
車やバスでのアクセス環境も整い、ビジネスや観光にもピッタリの落ち着いた雰囲気の宿泊施設。広島県尾道市にある「天然温泉うら湯・旅館浦島」を御紹介致します。

「天然温泉うら湯・旅館浦島」の概要とアクセス

「天然温泉うら湯・旅館浦島」の概要とアクセス

写真:KISHI Satoru

地図を見る

山陽本線・尾道駅から車で約20分、山陽新幹線・新尾道駅から同じく車で約10分の立地にあるのが広島県尾道市にある「天然温泉うら湯・旅館浦島」。無料の駐車場が完備されているので、車の利用者にも安心です。

山陽自動車道・尾道インターチェンジから車で約5分でもあり、その他にも各種のバスが運行しているので、アクセス環境もバッチリです。バスの利用者は“温泉口”のバス停で下車すると徒歩約5分で到着できます。

国道184号線にはコンビニもあるので、必要な物がある場合、そちらで購入しておくと便利です。

「本館」と「新館」と「天然温泉うら湯」

「本館」と「新館」と「天然温泉うら湯」

写真:KISHI Satoru

地図を見る

「天然温泉うら湯・旅館浦島」には3つの建物があります。「本館」、「別館」、「天然温泉うら湯」です。先程の写真が「本館」になります。そして、こちらが「別館」。

「本館」と「別館」の間を通って、裏手側には宿泊者も日帰り入浴の方も利用できる「天然温泉うら湯」となっています。閑静な場所で、のんびりと温泉や食事にと楽しめるのが「天然温泉うら湯・旅館浦島」のオススメのポイントです。

「天然温泉うら湯」のラドン含有の放射能泉。効能は温熱効果、神経痛、冷え性となっています。

地元の食材を活かした夕食

地元の食材を活かした夕食

提供元:天然温泉うら湯・旅館浦島

http://www.urasimakinsai.com/地図を見る

瀬戸内の新鮮な魚介類や尾道の地場野菜など、その季節の旬の食材を活かした料理が楽しめるのも大きな魅力の一つです。御主人が自ら市場に足を運んで仕入れているので、鮮度も抜群です。

前菜、お造り、焼き物、天ぷら、小鍋など、尾道の味を堪能してみてはいかがでしょうか。夕食の会場は「本館」の広間となっています。夕食の前に、「天然温泉・うら湯」で、日頃の疲れと汗を流しておくのがオススメです。

落ち着いた雰囲気の客室内

落ち着いた雰囲気の客室内

写真:KISHI Satoru

地図を見る

「天然温泉うら湯・旅館浦島」では様々な広さの和室が揃っています。6畳、8畳、10畳の和室が「本館」と「別館」共に充実しているので、個人から家族まで幅広く利用できます。

バス・トイレ無しの客室もありますが、ウォシュレット付きのトイレなど各フロアに完備されているので安心です。館内は全室禁煙となっていますが、喫煙コーナーが設けられているので、喫煙者も煙草の匂いが苦手な方も過ごしやすい環境となっています。

こちらは、「本館」の6畳の和室。シンプルなお部屋ながら心の和む落ち着いた雰囲気となっています。

こだわりのお米と朝食の和定食

こだわりのお米と朝食の和定食

写真:KISHI Satoru

地図を見る

館内は全室Wi-Fi環境も整っているので、メールや観光情報のチェックにも便利。その他に、本館の入口には全自動ミル付きコーヒーメーカーが設置され、無料のコーヒーサービスも嬉しいポイントです。

朝食の和定食は客室内で頂くことが出来ます。「天然温泉うら湯・旅館浦島」では、お米にこだわりを持っています。広島県内の農家さんから直接仕入れ、玄米で保存。炊飯する直前に自家精米して、より美味しい状態で提供されています。

広島県尾道市「天然温泉うら湯・旅館浦島」のまとめ

「天然温泉うら湯」では、大浴場や露天壺湯、サウナ、水風呂など各種の湯を楽しめます。また家族風呂といった貸切風呂のプランもありますので、詳しい情報は下部関連MEMOにあります公式サイトへのリンクより御確認下さい。

以上、天然温泉もあり、地元の食材を活かした料理も堪能できる広島県尾道市「天然温泉うら湯・旅館浦島」の御紹介でした。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/24−2016/08/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ