テルマエロマエ?カケロマ島!不思議な名前の奄美の離島で古き良き時代へタイムスリップ

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

テルマエロマエ?カケロマ島!不思議な名前の奄美の離島で古き良き時代へタイムスリップ

テルマエロマエ?カケロマ島!不思議な名前の奄美の離島で古き良き時代へタイムスリップ

更新日:2016/12/12 17:21

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

鹿児島・奄美大島の南に浮かぶ離島「カケロマ島」。まるで映画「テルマエロマエ」のような名前の島ですが、漢字で書くと「加計呂麻島」。とても不思議な名前です。古き良き離島の雰囲気を色濃く残していて、タイムスリップしたかのような懐かしい雰囲気を味わえます。都会の喧噪を忘れて休暇をするなら、南西諸島で今一番おすすめの離島です。

幻想的な海峡の先にある島!それがカケロマ島

幻想的な海峡の先にある島!それがカケロマ島

写真:離島 こむ

地図を見る

LCCも就航して、今注目の離島「奄美大島」。その南にある島が、不思議な名前の「カケロマ島」です。まるで映画「テルマエロマエ」のような名前ですが、映画同様にタイムスリップしたかのような古き良き雰囲気にあふれています。ちなみに漢字で書くと「加計呂麻島」と、これまた不思議なもの。名前だけでも興味をそそられる離島です。

カケロマ島は奄美大島南の古仁屋港から、船で気軽に往来できます。便数が多いので日帰りでの往来も可能。ただし、カケロマ島への船が出る古仁屋港は、奄美大島の中心街「名瀬」や奄美空港から最も遠い場所にあり、船に乗る以上に港まで行くのに一苦労。その分、島はものすごくのどかで、都会の喧噪の欠片もありません。

また奄美大島とカケロマ島に挟まれた大島海峡はとても幻想的で、まるで鏡のような水面の中を船が進みます。島と島を繋ぐ船は、まるでタイムマシン。古き良きカケロマ島へタイムスリップ!

大きなタカセガイがお出迎え!島には港が2つあるので船の行き先に注意!!

大きなタカセガイがお出迎え!島には港が2つあるので船の行き先に注意!!

写真:離島 こむ

地図を見る

カケロマ島へは奄美大島の古仁屋港から片道20〜25分で往来できますが、カケロマ島側には港が2つあり、船によって行き先が違いますので気をつけましょう。島北部だと「瀬相港」、島南部だと「生間港」を利用すると良いでしょう。瀬相港では港に大きな「タカセガイ」のオブジェが有り、来島の記念撮影におすすめです。

島への船はカーフェリーなので、車やバイクを積んで渡ることも可能です。島にはレンタカーショップはありますが、レンタバイクやレンタサイクルはありませんので、車以外での移動をされる方は奄美大島で借りて持って行きましょう。でもカケロマ島はアップダウンが猛烈に激しいので、自転車移動はおすすめできません。島の道は平らな部分が無いといっても過言じゃありませんのであしからず!

1つの海に1つの集落!どこに泊まってもプライベートビーチ有り!!

1つの海に1つの集落!どこに泊まってもプライベートビーチ有り!!

写真:離島 こむ

地図を見る

カケロマ島の集落は、必ず海のそばにあります。小さな湾状の海が沢山あるカケロマ島では、1つの海に1つの集落。海とともに暮らす島です。しかもその集落の海にはビーチがあり、どの集落の宿に泊まってもプライベートビーチ感覚を楽しめます。ハズレはありません。ただしその集落と集落との間には猛烈なアップダウンがあり、集落間の移動は簡単ではありません。その分、1つ1つの集落はとても静かで、ゆっくりとした時間が流れています。

古き良き離島の集落。その雰囲気はどことなく懐かしさを感じることができることでしょう。過去にタイムスリップです。

民宿でもオーシャンフロント!時間が止まったかのようなのどかさ

民宿でもオーシャンフロント!時間が止まったかのようなのどかさ

写真:離島 こむ

地図を見る

集落ごとにプライベートビーチがあるカケロマ島ですが、宿によってはすぐ目の前がビーチという絶好のロケーションのもの!?見た目は普通の民宿でも、客室や食堂から見える景色はまさにオーシャンフロント。海とともに過ごすことができます。聞こえるのは波の音だけ。都会の喧噪を忘れるなら、カケロマ島の宿は超おすすめです。

しかも島の集落はどこも小さく、余計な灯りがないので、満天の星空を望むことができます。見えるのは星だけ、聞こえるのは波の音だけ。島に宿泊すればまるで時間が止まったかのような、のどかさを感じることができることでしょう。

ちなみに写真はカケロマ島南部の渡連集落にある「来々夏ハウス」という民宿からのものです。

いい雰囲気の桟橋あります!時間を忘れてのんびりしよう!!

いい雰囲気の桟橋あります!時間を忘れてのんびりしよう!!

写真:離島 こむ

地図を見る

集落には必ずプライベートビーチ的な海がありますが、海とともに暮らしている島だけに、集落には小さな桟橋や港もあります。特に桟橋はどこもいい雰囲気で、この桟橋に座ると時間を忘れてのんびりしてしまいます。中には桟橋近くにビーチもあって、桟橋から飛び込んで泳ぐことができるものも!?

カケロマ島ではあくせく移動せず、プライベートビーチや桟橋で時間を忘れてのんびり過ごすことがおすすめです。

タイムスリップしにカケロマ島へ行こう!マラソン大会もあるよ!!

どことなく映画「テルマエロマエ」の名前に通じるものがある「カケロマ島」ですが、島にはそれをもじって「民宿カケロマロマエ」という宿もあるんです。もちろん映画のあとにできた宿ですが、それだけこの2つの名前には通じることがあると言うことでしょう。

映画とは直接のゆかりはないカケロマ島ですが、古き良き離島の雰囲気とゆっくりとした時間の流れは、都会から行くとタイムスリップしたような感覚になります。そういう意味では映画と島には通じるものがあります。カケロマ島へ行って、古き良き時代へタイムスリップしませんか?

ちなみに毎年11月、そんなのどかな雰囲気の中をゆっくり巡ることができる「加計呂麻島ハーフマラソン大会」が開催!超ローカルな大会なので、走ることより島を楽しむことがメインです。カケロマ島行きのいいきっかけになると思います。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -